2016年02月20日

相対性理論は妄想


 「重力波観測成功のいかさま」として2月15日にアップしたところ、Yuuri様からお尋ねがあった。お答えするが、ウソだと言う理由は、ブログでだいたいは書いたつもりだ。
 まずYuuri様の質問を掲載しておく。

     *    *    *

重力波について、相対性理論は出鱈目だとおっしゃっておりますが、どういうことでしょうか。
現時点での観測事実として、相対性理論に反する現象は見つかっていない、というのが定説です。
特殊相対性理論だけでなく、より高度な一般相対性理論も、それがなければ、たとえばGPSの誤差を訂正できません。

しかし、私自身、学生時代に相対性理論を学びましたが、特に一般の方は、(ご存じでしょうが)リーマン幾何など、用いる数学が非常に高度で、私自身は挫折してしまいました。
青雲様は、もちろん、数学的な理解をしたうえで、「出鱈目だ」とおっしゃっていることと存じますが、相対性理論のどの辺が間違っているのでしょうか。

もし間違っているとしたら、物理学は大幅に書き直す必要があります。
あと、タイムマシンやワープはむしろ相対論に反する現象として一笑に値すると思いますが…

     *    *    *

 重力とは何かといえば、そのもの自体の重さと引力の二重構造である。現実にはそのもの自体の重さは測ることはできない。引力を排除することが出来ないからだ。引力を抜きにした重さを仮に測りたくても、不可能である。そのもの自体の重さは、空想であり、「そう考えられればこのくらいの重さじゃなかろうか」として“計算”するしかない。

 無重力状態があるではないかと反論されるかもしれないが、「無」はあり得ない。地上に比べれば微小だとしても、引力不在はないのだ。

 地球から遥かかなたの宇宙空間で測れば、引力を計算しなくてもそのもの自体の重さが測れるのではないかと考えたい人はいるだろうが、宇宙空間にも引力は生じている。
 重力波があるとする科学者は、この宇宙にあまねく存在する引力をどう考えるのか。引力はないと仮定して…の話に過ぎないのだ。

 重力波の発生の図を新聞で見させてもらったが、これでみなさんは像が描けるのかと、私は問う。
「3分で重力波がわかる動画」というアニメがあって、マスゴミが流した図もこれとほぼ同じである。
http://gigazine.net/news/20160215-gravitational-waves-explained/

 説明は、一枚の布のような平面に玉が落ちると、波が生じるんだという。何これ? 宇宙は平面か? 「平面ガエル」じゃないんだよ。二次元の図で説明して「ほらこのとおり」と言われて、納得できますか? 宇宙は三次元なんですよ。(4次元じゃないのかなどと言わないでね)
 三次元の図で説明してくださいな。

 ある平面に、物体が落ちると…とは、まさに地球上の出来事のいわばコピーであって、360度の空間でそんな「落ちる」ことが起きるか?
落ちているんじゃない、移動したんだと言いたいだろうが、ならばそういう図を描いてみせてほしいものだ。

 波が広がるというけれど、何か湖に石を投げ込んだときのような波紋の図になっているが、宇宙のどこに水面と大気が接しているような場所があるの? あるならそういう図を描いてほしい。
 水面に波が生じるのは、空気と水の接している面があるからだ。
 像で描くとすれば、水中で魚が動いた状態に近いのではないか。その魚の動きによって、水は動かされるが波紋になるのか? なるわけがないじゃないか。なぜなの?

 そこには引力が働いているからであるし、水中は均一で静止しているのではなく、地球の自転や海流や、大気の風や、生物の動きなどがからまって運動している。宇宙空間に生物はいないだろうが、真空でもないし、均一の物質で満たされているわけでもない。運動している(運動させられている)。

 実際に星は公転や自転をしているではないか。当然、宇宙空間の物質は、いうなればかき混ぜられたり、星に引っ張られたり、物質どうしがぶつかったり、電磁波の影響をうけたりしている。だから仮に波が生じても、すぐに消えるに決まっている。むろん、消えたわけではなく、また違う動きとなっていわば波及していく。それが運動である。

 ある天体から出た光があったとして、それが地球に到達するまで、気の遠くなるような距離を移動するわけで、途中の均一ならざる空間で、さまざまな物質にぶつかり、星の引力で曲げられたりして運動してくる。アインシュタインが妄想したように、一直線にはならない。
 アインシュタインは相対性理論のなかで、光速不変の原理と言ったが、光速は不変どころか、変化している。

 地球上の実験施設(日本ならKAGURA)で計測できるとおっしゃる。地球が丸いので地表では直線がとれないから、地中に穴を掘って直線をこしらえるらしい。で、その長さは何万キロなの?地球をはみ出すくらいのトンネルなんでしょうね? は? たった7キロですって? 宇宙の広さを東京ドームくらいだと勘違いしているらしい。

 Wikipediaによると、「重力波による空間の伸び縮みを測定するレーザー干渉計では、ノイズを除く事が重要になる」とあるが、いくら精密な機械を作っても、ノイズを除去することは不可能だ。「ないことにして」観測するだけのことだ。真空が出来ないのと同じことだ。

 地球上では、「真空だとして計算する」「どこまでも直線だとして計算する」「電子が原子核の周りを楕円軌道で動くとして計算する」といったようになっている。それで人間が作る工業品なんかは問題がない。ということなのだ。
 譬えてみれば、円周率は絶対に正解が出せないようなものだ。しかし、3.14 の数値程度で、十分精密機械はできる。

 あるいはこういう例でも説ける。
 数字の「1」はあるのか。「2」でも「3」でもいいが、「1」を出すことはできない。アインシュタインはおそらく、だせると思い込んで計算しているのだろう。数学をやっている人たちは、もしかして「1」があると思っているのだろうか。
 数字とはいわばアバウトなのである。

 例えば1グラムの物体が「1」だと言いたいかもしれないが、その物体を測る機械も厳密には微妙に違うし、その物体も微妙に質も違えば量も違う。気圧も刻々と変化しているし、水蒸気や微細なゴミだってついている。

 ここまで書けばもう理解していただけようが、アインシュタインの言ったのは、特殊相対性原理(互いに等速度で運動しているところでは物理法則は同じ)というのと、
光速度不変原理(真空中では光源の速度に関係なく光の速度は常に一定)の2つの原理に基づいて組み立てられた理論となっている。互いに等速度で運動している物体は、ない! のである。「真空中では…」と言うが、そもそも真空はない! のだ。だから前提自体が妄想である。

 一般相対性理論で言うと、これは全く異なる考え方から定義された物理量である重力質量(万有引力の原因としての質量)と慣性質量(物体を加速する時の加速しにくさとしての質量)がある、とされるが、現実世界で、そんな2種類の質量はない!のである。まさに言葉で考えたもの。
 純粋に(?)そんな運動があるとするのはムチャクチャである。しかもこの2種類の質量が「等価」だという原理があるだと?

 「等価」って何? 等しい価値があるってことか、いわば等しい数値になるってことか? 「二つの命題において、一方が真であれば他方も真、一方が偽であれば他方も偽という関係が成り立つとき」も等価というのだろうが、これで慣性質量と重力質量とが説明できるの?

 相対性理論は弁証法の否定なのだ。弁証法を学んでいれば、こんな屁理屈はとうてい受け入れられるはずがない。
 弁証法は、端的にいえば運動である。運動とは、これまで述べてきたようになっている。「1」がない、というのも運動のゆえなのだ。

 どうしても私たちは「1+1は2になる」のアタマに創られている。「1+1は2になるとは限らない」というのが、弁証法なのだ。
 「1+1=2」は私たちの生活においては有効である。数学がGPSに活用できるのも当たり前だ。だが、現実世界では限定的な真実、とでもいうしかない。
 1+1=2にしかならないと考えてしまう人には、「重力波」のウソは見破れない。

 宇宙は天体であれ、天体以外の空間であれ、物質でいわば満たされている。そこで不断に相互浸透も量質転化も起こっている。

 もし光が遠くのある天体から出て地球の向かったとしても、途中でなにかの物質と相互浸透しないわけにはいかない。その量の積み重ねが質の転化をもたらす。光だけが例外ではない。
 
 ユークリッド幾何学とか非ユークリッド幾何学にしても、「点」とか「直線」というものは、現実にはない!のに、あることにして「成り立たせている」。机上の空論だ。だからYuuri様が「リーマン幾何学」がわからなくなった、のは極めて正常なのである。

 余談ながら、アインシュタインの生い立ちを見ると、幼いころから数学に夢中で、小学生では成績優秀だったという。人はみなアインシュタインを天才に仕立てるが、本当は数学に耽溺し、友人も少なく、外界との正常な反映を疎かにしてしまった子の悲劇と見なければなるまいに。

 Yuuri様のおっしゃるように「物理学は大幅に書き直す必要がある」のである。それを先導するには、弁証法抜きにはあり得ない。






posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(6) | エッセイ | 更新情報をチェックする