2016年03月06日

民主・維新の新党名の愚策


 民主党・維新の党が合流にあたって、新党名をネットで公募すると決定…。
 唖然とした人が多数だろうし、あとはどうでもいいと思う人もまた多数だろう。真摯に期待しているおバカは、サヨク新聞と真性サヨクしかいない。

 理念も綱領も決められない、マニフェストも決められない。それで新党名は公募って……名は体を表すのだと知っていれば、理念とか政策をまず決めてから、党名を考えるものである。なのに、民主党ファンに丸投げ。
 これでは発展もなければ選挙に勝てるわけがあるまいに。人間、恥を失ったらもう終わりだ。

 ネット上では早速 大喜利状態になっているそうだ。
 面白いネームングを拾ってみた。
 ハッシュタグ「#民主党の新しい党名を考える」をつけて投稿された党名いろいろ。

「イオンモール」
「新党オークション」
「無人党」
「怒り新党」
「解党」
「野党」
「ゲスの極み党」
「名前募集党」
「黄巾党」
「新党日本の恥」
「サヨクと愉快な仲間たち」
「アルバイ党」
「居直り強党(ごうとう)」
「憲法クイズ愛好会」
「朝鮮半党」
「税金泥棒」
「自分の生活が第一」
 「寸鉄人を刺す」の笑いがあって、感心する。どれもが笑えた。「イオンモール」がいいかも、知名度があるし。

 池田信夫氏がブログで「泥舟党」がいい、と書いていた。
 私もちょっと提案したい。
「準共産党」
「ルーピー党」
「最低でも県外党」
「福島に放射能をバラまいた党」
「政権3年しか持たない党」
「労組におんぶ党」
「抱きつき詐欺の会」
「菅直人なんかがいる党」
「しろあり党」

 …と遊んでいるときりがないから、やめた。あほらし。





posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☁| Comment(3) | エッセイ | 更新情報をチェックする