2016年03月30日

技の創出過程についての雑感(2/2)


《2》
 世間では(世界中で)、「才能」というものがある、と思われている。それを疑う人はほとんどいなかった。
 しかし南ク継正先生は、「才能」を観念論であるとして否定された。ほとんどすべては「創られる」のだと。だれもが創ることができると。これがわかるかどうかが分かれ目で、分かろうとしない人がまだ圧倒的に多いので、才能の有無でしか捉えられない。

 技の創出過程における「創る」と「使う」の二重構造は、とくに意識せずとも、やっているうちにうまくなるという経験を誰しも持つので、これを二重構造で捉える必要を認めない。つまり使っているうちに創ることができるのは事実だからだ。
 例えば、野球は試合を多くやればやるほど上達することができる。試合とは使い方だが使い方をやりながらでも技が創られて行く易しさがあるスポーツなのである。

 楽器の演奏では、先生の指導を受けて、「こうやりなさい」と指示されてできるようになるのは、使いながら技を創っている。それが「いろいろな流儀がある」として現象する。

 とりわけ楽器は、半ばは楽器そのものが技の実体化したものとなっていて、楽器製作者の技の上に、演奏家の技が加えられる。その分、いわば楽に技化ができる。だからヴァイオリンでいえば、ストラディバリウスとかの名器を持ちたがる。高級な楽器ほどいい音が出せるのは事実だ。
 でもそれは自分の演奏の技の未熟さを名器で補ってもらうということである。

 そういうことをやっても演奏家として認められるからこそ、演奏家からは技の創出の理論が出せないできたのではないか。
 剣道の場合は、技は竹刀や真剣が半分は創ってくれる。しかし空手の場合は、道具を用いないで、素手素足で闘うので、すべて自分の身体を素材として技をゼロから創らねばならないために、技の創出(身体の武器化)の理論が必要になった。それだけ空手は剣道に比べて、技の創出は困難であると言える。
 このことを南ク継正は『武道の理論』シリーズの本で説かれている。

 空手は素手素足で闘う。これを試合をしながら技を創るのは至難のわざだ。想像がつくでしょう。ろくに技の使い方を知らない人間が闘えば大けがをする。だから昔は、はじめからケンカが強くて、体格もいい人間しか空手はできなかった。

 でもそれでは、本当に空手が必要な弱者、女性などは永久に勝てないではないか。弱者でも空手の技を身につければ暴漢から身を守れるのでなければ意味がない。人類は、ずっと女が弱いのはしょうがない事だとしてきたけれど…。
 才能なんてない人間でも、空手が上達できる道はないのか、と研究することで、南ク継正先生は技はまず使うことをせずに、「創る」ことに専念し、徐々に「使う」レベルへ練習を移行させる方法を考え出された。

 だから理論どおりにやれば、どんなに素材の悪い人でも女性であっても、必ず初段にはしてみせることが理論の完成によって可能になった。初段ばかりではない、指導に素直に従えば、理論にのっとって誰でも達人の域に達することができる。

 技は相手がいることだから、使えば基本が歪む。自分が使いやすいように変えたり、相手の特徴にあわせた技に変化させたりする。
 そうならないように、技の創出は、使っても崩れないレベルに仕上げなければならない。空手で言うと、空手の技を駆使して試合で闘っても、技が崩れないで、空手の技として使えるレベルを初段(黒帯)とする。

 楽器で言うと、どんなボロの楽器でも一定水準の音が出せ、また、どんな作曲家の個性的な曲を演奏しても崩れない、あるいは作曲家によって得意不得意がない、というレベルの技の創出が要求されるはずだ。そうなるには、技は「創る」段階と、「使う」段階に理論的に分けて練習しなければならないとなるはずなのである。

 子供向けのピアノの先生とかのレベルなら、適当に(?)好きな曲から練習しながらやっても通用しても、世界に通用する達人レベルのピアニストのシビアなレベルに達するには、例えばバイエルの教則本に従って、脇目も振らずに練習しなければならないのだ。

 「技」はどう創らねばならないか、「使う」ことで崩れた技はどう修復するかを理論化しなければならない。一流の演奏家は、それを一流の指導者の経験則でやってきた。それを間違いだと言っているのではなく、誰もが一流になれる指導法であるなら、「創る」と「使う」の区別と連関の論理的把握が必須なのである。

 サキソフォンの独奏している様子をYouTubeで見たことがあるが、よく体を揺すりながら吹いている。身体を揺すると音が出やすい、ということは、使い方なのである。いわば個性的に崩して吹奏しているなと、私には見てとれた。
 すでにプロの域に達しているならば個性的で構わないのだが、初心者が真似していいことはあるまい。

 土台、骨、神経、感覚器官、血液などに言及したのは、それらこそ技の創出のために欠かせない「創る」の重要要素だから。土台を「創る」、骨を「創る」…であって、これは使い方では鍛えられない。
 ショパンの弾き方がいわば一流一派なのだそうだが、ショパンは自然成長的に修得した技なのであって、もう21世紀はそれではなるまい。
 理論によって誰もがショパン以上にならなければいけない。

 音楽の世界では、これまでの名人達人は百万人に一人しかなれなかった、しかも30年かかってものにした技化だった。でも、理論で修得すれば誰でもが3年で名人の域になれる。人類の進歩はそうでなければならない。それはこれまでの修得法であった、「使いながら創る」では困難である。

 本当は音楽大学というからには、こうした技の創出過程の構造を解く研究を学問として為さなければいけないのに、ただ演奏家をつくるだけなのではないか。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(11) | エッセイ | 更新情報をチェックする