2016年07月13日

国家の本質は、他共同体との対峙(2/2)


《2》
 9条信者の間違いのもとは、世界中の人が平和を望んでいて、良く晴れた日にみんなでお花畑にピクニックにいくような社会を実現できると思っていることだろう。
 人間社会はトラブルは付きもので、紛争の連続である。ゲバルトで互いに傷つけあおうが、カネを巡って騙し脅しがあろうが、地位を巡って陰謀をめぐらそうが、イジメがあろうが、局面もやり方も様々であるにしろ、それが当たり前、常態である。

 だから以前、社会をポーカーに譬えて説いたが、勝ったり負けたり、騙されるかと思えば騙していたり、駆け引きがある世界である。
 ポーカーゲームこそが人間社会の根本原則であるが、ゲームと違って現実社会は誰も抜けられないのである。自分だけ抜けて「9条が書いてありますから抜けます」、とはいかない。

 戦後日本は民主主義教育とやらで、文科省も日教組も、人間は平和に暮らせることが正常でかつ理想で、戦争が起きるのは異常なんだとする教育をしてしまった。人間はそもそも共同体の存続しだいで生かされ殺されるという認識や社会規範を間違って教えてきた。
 だからその愚かな洗脳を受けたまま、大人になっても変われない、気づかない。
 
 そういうお花畑状態の人があまりに多く、憲法改正ができないまでになっている。これが国家を滅ぼす道だとも思わずに…。人間が争うものであるのは、キリスト教的に言うなら「原罪」なのである。
 それが嵩じて日本では、社会保障が絶対的な善となっている。
 社会保障を充実させればさせるほど、共同体は立ち行かなくなる。

 今は例えば一人の高齢者を5人の若者が支えているとしても、20年後には一人の若者が一人の高齢者を支えなければならなくなる。それは目に見えているのに、とぼけてなんとかなると騙している。自民党から反日政党までみんなウソをついている。
 社会保障が必ず破綻するように、みせかけの平和は必ず破綻する。なのに、与党も野党も官僚も社会保障のさらなる充実ばかり主張する。

 これを本来のありように戻すには、弱者は「適者生存」の原則に従わせる、自活できない高齢者は安楽死させる、勉強しなかった者が落ちこぼれる。そういう社会にしていくしか生き残るすべはない。
 難民は国家に保護されない。人情的には気の毒で胸が傷むが、それが人間の宿命である。
 
 実際、韓国人がどれほど日本社会に浸透し、隠然たる支配をしているか、ある日気が付いたら日本は韓国人に全部乗っ取られる。なぜなら、それが人間の本然たる争いそのものだからだ。とりたてて韓国人が悪いわけではない。油断しているほうが悪い。
 日本が韓国を併合したのは、される韓国が悪いのと同様、現今の日本が韓国ザイニチに蹂躙されているのは、されるほうが悪い。

 今度の参院選。私はアリタヨシフ、パクジンイル、フクシマミズホ、コニシヒロユキ、レンホーなどの反日議員を当選させてしまった事が情けないと思っている。あんなブタどもに投票するほうが悪いのだ。

 人間は死んでゆくものである。なぜ死ぬかといえば、生命体には寿命があるからであり、寿命があるのは、生命体が世代交代するためである。もし世代交代しないで、現在生きている人間だけが何百年も生きたらどうなるか。子供は生まないで、自分たちだけが医学の進歩とやらの恩恵を被ったとしてず〜〜〜っと生きたら、私たちは社会性ある人間としても、また自然界に生きる生命体としても、滅びるのだ。

 早い話が、もし江戸時代の人が現在も生きていたとしたら、この21世紀の社会、文化文明に適応できるのか? できはしない。今風に言えばトレンドに追いつかない。社会は変わる、自然も常に天変地異が起きる。それに適応して人間が生存していくには、自分が死んで子孫に後世を託すしかない。後世の新しい頭脳とカラダで新時代に適応していくのだ。
 
 今ある私たちの生命は、自分のものでありつつ、先祖からいただいたものである、また子供のためである。これは矛盾である。つまりあるものがあるものであるとともに、あるものでないとは、自分であるものが自分であるとともに、先祖のもの、子供のものであることと両立する。これが弁証法である。

 これは言うなれば横の関係(命をつなぐ関係)であり、縦の関係としては、自分は個であるとともに集団(共同体)の一員でもあるという二重の(矛盾の)構造になっている。その矛盾があってこそ生命は生きながらえ、もしくは言い方を換えれば、矛盾を創出したから〈生命の歴史〉が成りたった。
 
 動物はたいてい下等なものは子孫を生んだら死ぬ。高等な動物は子供を育て終わったら死ぬ。この循環によって生命はつながる。
 人間は未完成で生まれてくると言った科学者がいたが、それは見方が間違っている。生命体の維持、発展、地球の変化に対応できるように、未熟というより、可能性を多く持った状態で誕生してくるしかないのである。

 進化の過程で、卵生の動物を胎生の動物を比べればわかるが、むろん卵生のほうが先である。卵生だと卵の間に天変地異が起きれば、生まれる前に死んでしまう。胎生にして、メスの胎内に卵を生んである程度育てると、その間の地球の激変には、親が対応できて、それをDNAとして子供に伝えられるのだ。

 恐竜の卵の化石がよく出て来るが、あれは卵のうちに地球の地殻変動が起きて死んだのである。それを避けるために胎生生物が誕生したわけだ。
 この話をしているとテーマから外れるので、このへんにしておくが、そうした〈生命の歴史〉を私たちは背負っている。

 何がテーマかといえば、現在の老人がひたすらに長生きしたい、老後もぜいたくしたい、手厚く介護してほしいと希うのは間違っているのである。
 年金も介護保険も、現在の制度は間違っている。私たちの生命は自分のものであるだけでなく、子供のものなのである。将来の子供が、老人を甘やかすために、もしくは植物人間になって息しているだけになっても、年金や保険料で自分の人生を奪われても支えるとは言語道断ではないか。

 今生きている人間は、未来の子供のために生きて、そして死んで行くべきなのだ。自分が不老不死でいたいから、子供の未来をうばっていいとは、なんたる傲慢か。そして生命体の構造に反しているのである。
 例えば昭和を生きた人間は、平成を生きる子供のために役割を終えて死んでいくものなのである。

 さて。
 だから。
 憲法9条を守れとわめくサヨクは、口先では「我が子を戦場に行かせない。殺すのも殺されるのも反対だ」とキレイ事を言う。しかし、それを決めるのはお前じゃない。子供が決めるのである。
 どうも、60歳以上の高齢者ほど、9条死守をわめく者がいるようだが、ジジババになった奴にはそんなことに口を出す資格はない。

 これからの、生き馬の目を抜くような厳しい社会を乗り切っていかなければならないのは、若い人たちだ。老人は彼らの邪魔をしてはいけない。若い人たちが正しい道を歩めるよう、決められるよう見守るだけである。
 国民を、そして未来の若者をどうやって守るかが一字も書いてない憲法なんかを維持するのは、無責任である。

 他国に占領されたらどうすると聞くと、それでもいいというのは、テメエは良くても子供たちが莫大な被害を受けることを忘れている。今さえ平和なら子供がどうなってもいいというのだ。…と言っても、いや子供を守るためにこそ9条が必要だと言い張るのだろうね、救いようがない。
 動物は、どんな鳥でも虫でもすべて、どうやったら身を守るかのすべがある。まったく防御ができない生き物は、しょうがないから大量に生んで、外敵に食われてもその一部でも生き残ればいいとするシステムを取る。

 だが、すべての生き物の中で、日本人だけが「陸海空軍その他の戦力」はいっさい持たないというのだから、狂っているのである。イカやタコだって、敵に墨を吐きかけて防御する。墨は「その他の戦力」じゃないか? イカ、タコは9条違反か?
 サヨクどもは、国を護る必要はない、そもそも国はなくていいと言う。まったく歴史哲学を知らない。

 先に矛盾の話をした。人間は争いがなく平和がいいに決まっているが、度外れに平和な世界を実現しようとすることは弁証法の否定である。平和のために軍備を整え、戦争の準備をするとは大いなる矛盾である。だが、その矛盾の創出ゆえに、国家は持続できてきている。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(10) | エッセイ | 更新情報をチェックする