2016年09月09日

女優と母親の両立


 8月23日に俳優・高畑裕太(22)が前橋市のホテルの40代女性従業員に性的暴行を加えたとして強姦致傷容疑で逮捕された。犯行当時飲酒していた。本人も容疑を認めている。
 本人はさして売れている俳優ではなく、むしろ女優・高畑淳子(61)の長男ということで注目を集めた。
 こんな嫌な話は取り上げるのも気が重いが、簡単に述べておきたい。
 
 報道を総合的に言うと、高畑淳子は38歳で高畑裕太を出産してから離婚。裕太は生まれつき左耳が聞こえづらく、アトピーとぜんそくのため病弱だった。月の半分は熱を出していたとも。
 小学校に上がるころには少年は健康になっていたが、やんちゃでけがが多かった。中学では反抗期になり、不登校になり、親子で怒鳴り合ったことも。テレビ番組で淳子は「自分の更年期も重なって大変だった」と振り返っていた。

 ここから伺えることは、あまりにも高齢出産である。愛する人の子は欲しかろうが、女性のカラダも出産適齢期があって、高齢になれば胎児にも影響が出る。ときには蒲柳の質の子が生まれる可能性は高くなる。そのシビアな認識を彼女がもっていたのかが問われる。無責任とまでは言いたくはないが、リスクは高かったはずなのに…。

 敦子は女手一つで育てたとは言うものの、女優業で多忙で家に居られないことが多かったそうだ。限られた時間に育児に全力投球したと報道では語られるが、なにが全力投球だ。
 高校卒業後、高畑裕太が俳優デビューすると、バラエティー番組でたびたび共演し、息子をバックアップした。仲の良さを披露していたという。都内の自宅に同居していた。

 演劇関係者から「甘やかしすぎ」という声も上がっていた。さもありなん。

 絵に描いたような母親の育児、教育の失敗である。高畑淳子にしてみれば、一人で稼がねばならず、仕事を選んではいられないだろうけれど、沢村貞子さんの例を以前出したが、地方ロケなど外泊する仕事は断って、せめて子供が中学卒業するまでは、子供を家に置きざりにしてはならない。

 高畑淳子のように当人は息子を心配しつつ、子供から見れば放って置かれているのに一方で溺愛されたと思うしかない、そんな育て方をすれば、子供がこうなるのは分かり切っている。
 例えば三田佳子がそうだった。
 不謹慎な言い方だが、多くの女優が育児に失敗して、問題児にする。今も人気のある女優でテレビドラマや映画に出ずっぱりの人が何人もいるけれど、名前は挙げないが、子供が高校生や大人になってから大変なことになるのは、ほぼ確実だと思う。

 子供にしてみれば、母親は女優でチヤホヤされて、いい気になって仕事、仕事に溺れている。子供は捨てられたも同然なのである。自分だけチヤホヤされてボクは放っておきやがって、と思うのは当然である。母親が仕事のためよとか、暮らしていくためよと言ったって、子供はそんなことは望んでいない。ただ側にいてほしいだけなのだ。

 女優で母親になったら、まずは子供が中学になるまでは離婚はしてはいけない。そして仕事も控え、地方ロケや海外ロケなどはもってのほかだ。子供が三歳になるまでは女優は休業して育児に専念すべきである。
 朝は母親が家にいて子供を学校に送り出し、子供が帰るときには家に戻っていることである。

 裕太が小学校に上がる前は病気ばかりしていたというのは、母親の愛情に飢えていたからだ。子供が不登校になったのも、母親の愛情に飢えていたからだ。
 裕太のぜんそくも、この場合は典型的な「自分でなった病気」である。子供は息をゼロゼロやれば母親がかまってくれると“学習”するのだ。だから、ママに甘えてわざとぜんそくになってみせる。ところがそれをくり返すうちに、習慣的になって、やめたいと思ってももう体のほうが勝手に喘息になって止まらなくなる。子供にして見れば必死なのだ。

 アトピーにしても、これは母親の管理が悪い。
 だから裕太の今度の犯行は罰せられねばならないが、私は彼がかわいそうでならない。
 これは100%、母親が悪い。また、高畑淳子の家庭事情を知りながら、仕事のオファーを出したプロダクションも、テレビ局も悪い。そういう芸能界の連中は、高畑少年の苦悩に少しでも思いやったことがあったのか。

 なのに、芸能界は犯罪をおかすとおもしろがって母子を追いかけ回してプライバシーを暴きたてる。
 母親の淳子に謝罪会見を開かせるとは、イジメである。もっとも高畑のほうも、これからも舞台に立つことが「私の贖罪だ」とはバカも休み休み言えである。言うべきは、私は仕事を優先してしまって育児と教育がまともではなかった、と反省する以外になかろう。

 三浦友和と山口百恵夫妻にも2男1女の子供がいて、いずれも俳優や歌手になっていたはずだが、まともに大人になっている。これは山口百恵が立派だった。芸能界を引退して妻と母親に専念したから失敗しなかったのである。それに三浦友和も二枚目俳優なのに、浮気をしなかった。だから家庭に問題が生じずに、ちゃんと子供が幸せに育った。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする