2016年09月17日

愛子を早く普通の女の子に


 皇太子の娘である愛子については、本ブログでは何度か語ってきたが、私は絶対に女性天皇にしてはならないという立場である。
 私は天皇一般への尊崇の念はあるが、現況の天皇皇后、皇太子夫婦には大きな疑念を抱いており、次は秋篠宮へ譲位し、その後は悠仁を天皇にと願っている。

 明仁の「ボクは疲れちゃったから、生前に退位したいんだもん」との身勝手な発言によって、またぞろにわかに復活してきたのが、愛子天皇擁立論である。自民党の親中クズ・二階俊博が調子に乗りやがって、偉そうに愛子でいいじゃないかと言い放った。 
 いくら党内調和のためかとはいえ、安倍晋三による二階幹事長起用には憤りを覚える。

 女性天皇でいいじゃないか論は、つまるところ日本の破壊である。天皇の血統がやがて途絶えることになる。こんなことは本来は国民の常識であるのに。反日マスゴミは報じない。
 「いわゆる生前退位」と愛子天皇擁立はセットになってマスゴミに登場した。今度の明仁が「読まされた」ご発言は、日本をつぶそうとする勢力の仕掛けたものであることがわかるではないか。

 明仁の「読まされた原稿」には、譲位ではなく、後継をどうするかの示唆はない。そんなバカな発言があろうか。摂政を置かない理由も明らかではない。

 バックには、きっと支那がいて、韓国も北もいる。ロシアやアメリカもいるだろう。鬼畜どもが仕掛けてきている。日本でのエージェントは、緒方貞子や小和田亘、美智子皇后らにつながるだろう。みんなキリスト教徒だ。
 日本を弱体化させるためなら、いくらカネを使おうがやってくる連中である。

 それにつけても、天皇教信徒=天皇皇后盲目的賛美者はどういう認識なのか、わけがわからない。
 女系天皇が天皇の破壊である以前に、保守派の論客も国民の多くも、愛子の異常に目をつむっているのは不可解である。
 心身のハンディキャップはあきらかではないか。皇室の方だからまさか悪いことがあるわけがない、と思っているのだろうか。不信を抱いたら不敬だと思うからだろうか。
 見て見ぬ振りをするほうが不敬であるし、「金糸輝く日本」を貶め、侮辱することだと思わないのか。

 愛子の目は死んでいる。人間のココロの温かさ、他人への親しみ感……何もない、ヘビのような目である。また、彼女の動き、表情、発言、なにもかもが健常者であるとは見えない。
 生まれつきなのか、それとも母親の雅子の育児失敗なのかは判然としないが、おそらく両方なのであろう。

 ブログ「BBの覚醒日記」で告発されるように、愛子は始終「替え玉」を使われているのは事実だろう。替え玉はもう少し、まともな目、まともな表情、まともな女性らしい容姿をしている。

 あの子を天皇にしたら、本人にこれほど残酷な仕打ちはあるまい。
 徳仁・雅子を天皇皇后にしたら、醜態をさらすのは目に見えているけれど、それ以上に愛子天皇はムチャクチャになる。
 愛子と連れ添おうという男もまずは現れまい。
 就いてはならない地位に強引に就かせるのは、反日勢力の悪業そのものである。

 皇太子の娘に生まれてしまった悲劇はもう取り返しはつかないが、天皇の位は秋篠宮家に譲るのが、日本にとってベストである。そうなったら愛子は皇室から離れて、自由で静かな余生を送ってほしい。
 全国の精神科医はなぜ黙っている? 雅子は仮病で、愛子は発達傷害だとか…。きちんと真実を国民に伝えるのが責務だろうに。不作為犯だ。

 あるいはこういう治療をすれば、愛子は正常になりますとでも言う奴はいないのか。真実を言って職を失うのは嫌だ、だからか。
 ならば定年退職した元医者が発言したらどうだ?
 すべて「皇室だから」と、自主規制し、宮内庁などから圧力がかかった、それでもの言わないのだろう。なんたる無責任なのか。メディアの記者どもも、知っていながら、嘘の報道をしている。宮内庁の、つまりは天皇を壊したい勢力の奸計に従うのみ。

 皇室を大事と思えばこそ、私は憂えている。盲目的にただ皇室を賛美し、アンタッチャブルにしては国が滅ぶ。
 誰もが長いものに巻かれろとなり果て、平和ボケである。GHQの洗脳はここまで有効だったとは。
 そして、日本は言論の自由が制限されている暗い国である。
 



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする