2017年04月15日

コーヒーと私


 久しぶりに投稿しますが、まだ本格的な復帰とはいきません。
 たくさんの方から、コメントで激励をいただき、大変嬉しく励みになっております。
 しばらくしたら、本ブログで昔書いた拙い小説を分載しようかと思っております。

    *     *

 私は現在はコーヒー党である。毎日、必ず1杯のコーヒーを自分で淹れて飲むのが愉しみになっている。
 普通の人はまあ、コーヒーが好き、紅茶がおいしい、ということで好むのだろうが、私にとっては特別の思い入れがある飲みものなのだ。
 30歳代までは紅茶党だったが、あるときを境にコーヒー好きに変わった。

 それは私が空手を始めて4年が経って、黒帯を締めることが適い、さらに無謀にも指導局に入局することを希望して、思いがけず南ク師範から許可していただいたときからだった。
 指導局の会議や学究の方たちとの合同のゼミに参加すると、早朝の目覚めの1杯や休憩時に、コーヒーを飲むのであった。

 全員のコーヒーを淹れて配るのが下っ端の仕事だった。それまで紅茶に親しみ、コーヒーは淹れたことがなかったので、始めは戸惑った。おおぜいの分をコーヒーメーカーで創るぶんにはすぐに慣れたが、少人数や南ク師範のためにドリップ式で私が淹れるのは常に緊張した。

 わが空手組織では、南ク師範が創案した独自のコーヒーの淹れ方があるので、それに習熟しなければならない。その淹れ方も、形ばかりならすぐに真似ることはできても、肝心なのは心を込めて淹れる、これがむずかしい。
 そのため、自宅でコーヒーを淹れる練習をする羽目になった。いかにしたらおいしく淹れることができるかを毎日心を砕いて練習するうちに、自分でもコーヒーが好きになった。

 こうしてコーヒーを淹れることで、心をこめることや、人の気持ちをわかろうとすることができるようになる訓練につながるのであった。
 昔は花嫁修業として、娘たちは茶道、華道をならわされたものだった。子供のころは私もそんな習い事をしてなんで花嫁修業になるのとバカにしていたけれど、自分が人のためにコーヒーを淹れる経験をしたおかげで、なるほど茶道、華道もやりかた次第で、人の気持ちがわかるようになる大事な花嫁修業だったのかと理解できるようになった。

 他人の気持ちがわかるようになるには、自分の思いだけでは難しい。そこを、花の活け方やお茶のたて方を媒介にして実践することでいわば壁を乗り越えるのである。
 こうした実践そのものが、まさに弁証法の修得過程につながるのである。

 これらを意識して意図的にやってみなければ、ただ本を読んだだけでは弁証法はものになっていかない。
 たかがコーヒーを淹れて飲むことでも疎かにせず、目的意識的に直接には他人の心がわかるように、間接的には弁証法が身に付く修行なのであった。
 

posted by 心に青雲 at 20:09| 東京 ☀| Comment(3) | エッセイ | 更新情報をチェックする