2017年06月10日

安倍首相が愛想をつかされる日


 日本の首相が政府専用機に乗って外国を公式訪問するさい、機からタラップを降りて来るときに、夫婦で手をつないでみせるのは、安倍晋三が第一次内閣のときからであったと思う。それまでの歴代首相ではなかったことだったから、仰天させられたものだった。「美しい日本」とか「日本を取り戻す」とか言いながら、どうしたってなじまない行為である。

 他事ながら、私の両親は外出する時に生涯一度も手をつなぐことはなかった。母は新婚のときから父に、「道を歩くときは少し離れて後からついてきなさい。一緒にならんではいけない」と言い渡されたそうだ。
 そんなことを私も聴いて育ったし、周囲もそんなものだったから、安倍晋三の「仲睦まじさ」は異様に思えた。

 昭和天皇の場合も、歩くときは皇后は決して並ばず、やや後ろに下がっていたし、大衆に手を振るときも天皇より手を高く掲げることはなかった。これが正しく美しい。
 ところが現今の美智子皇后は、天皇にべったり付き添い、介護するかのように支えあって歩き、ときに天皇より前に出るし、手を振るときは天皇より高くしてお構いなし。

 「女帝」という意識がそうさせるのか…。
 あの皿をアタマに乗せたような妙な帽子はなんとかならないものか。

 今は男女平等だと言いたいのであろうが、この人前で夫婦べたつく風習は日本ではない。これは男尊女卑ではない。古来のありようは男女、夫婦の互いの尊敬の表現であり、実践である。何も西洋のマネをするだけが男女同権ではない。
 西洋の習慣のように、しいて人前でベタベタいなくても夫婦が仲がいいとか、他人に顰蹙されることはないと日本人なら自然に修得している。

 だから安倍首相が、あの夫人の手をとって歩いてくるさまを人様に見せつけるのを見たとき、私は、安倍は取り戻すべき日本文化が実のところわかっていないと思えた。一事が万事であった。

 つまり、夫婦で手をつないで(幼稚園児じゃあるまいし)、人前に出る無神経さが、彼の取る政策の端々に露呈するのだ。
 第一次政権の失敗をどうも深刻には反省していない(できない)らしい。
 一昨年暮れの日韓合意にしろ、天皇譲位の法案にしろ、安保法制にしろ、外国人労働者受け入れ増大策にしろ、農業の根幹たる種苗を外国産に切り替える方針にしろ、TPP参加にしろ、九条に第3項を加える案にしろ、靖国神社参拝の放棄にしろ、安倍は彼の支持基盤のコアをなす層をことごとく裏切ってきた。

 その淵源は些細なことでありながら、されど安倍の甘い認識、主体性のない認識が、あの「夫婦のお手手つないで…」の重大な認識の発露となっているからだ。

 6月7日付の西尾幹二氏のブログ「インターネット日録」より引用させていただく。
    *       *

 憲法9条1項、2項を残して3項を新設するという5月3日の安倍発言にはまたしても、ブレーンと称する人々の入れ智恵があったのである。安倍さんは自分で考えたのではない。他人にアイデアを与えられている。「今まったく同じことが始まっている」と私が産經論文の結びに書いた一文は証拠をもって裏付けられた形である。

 森友学園も加計学園もそれ自体はたいした事件ではないと私は思う。けれども思い出していたゞきたい。第一次安倍内閣でも閣僚の事務所経理問題が次々とあばかれ、さいごに「バンソウ膏大臣」が登場してひんしゅくを買い、幕切れとなったことを覚えておられるだろう。野党とメディアは今度も同じ戦略を用い、前回より大規模に仕掛けている。

 同じ罠につづけて二度嵌められるというのは総理ともあろうものが余りに愚かではないだろうか。しかも同じ例のブレーンの戦略に乗せられてのことである。
 憲法改正3項新設もこの同じ罠の中にある。

 安倍さんは人を見る目がない。近づいてくる人の忠誠心にウラがあることが読めない。「脇が甘い」ことは今度の件で広く知れ渡り、今は黙っている自民党の面々も多分ウンザリしているに相違ない。
 保守の核心層もそろそろ愛想をつかし始めているのではないだろうか。櫻井よしこ氏や日本会議は保守の核心層ではない。

     *     *

 まったく私も同感である。とりわけ安倍首相に「人を見る目がない」には完全に同意する。
 現在国会で大騒動を巻き起こした、お友だちと称する籠池某や加計某の人間としての質の悪さは目を覆うべきものがある。
 顔つきが悪い。それが見抜けないとは…。

 稲田朋美を自分後継者に育てようというのも、ムチャクチャである。まったく人を見る目が欠如している。
 第一、人さまの女房のことだが、昭恵夫人はスジが悪すぎだ。
 どうしてあんな女と結婚したのか、というのが、多くの日本国民の思いではなかろうか。

 夫の仕事の足を引っ張ってばかり。韓国大好き。週刊誌やテレビにしゃしゃり出る。都内でスナックを経営している。夫の批判をマスゴミでしゃべる。
 青山繁晴氏が紹介していた話では、青山が安倍の家に行ったときに、夫人は客人に挨拶もなければ、水一杯出さなかったという。応接室に勝手に入って来て、大音量でステレオをかけ、青山と安倍が大声で話をしなければならなくなったとか。それでも安倍は夫人に注意もしないし、「おい、お茶」とも言えない。

 この話はショックだった。そんなことがあるのか、と。実にこの夫婦のダメさ加減を象徴している。「それはいけません」と忠告してさしあげる取り巻きが誰もいないようだ。
 こういうダメさ加減が、最後には安倍が行き詰まって政権から追い立てられる羽目になるのではないか。
 西尾氏が書くように「保守の核心層もそろそろ愛想をつかし始めているのではないだろうか」とあるが、そのとおりだろう。

 ただ、他に日本の左傾化をいささかでも防ぎ得るであろう人物が自民党にいないから、しかたなく支持しているにすぎまい。




posted by 心に青雲 at 13:40| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする