2017年07月03日

稲田朋美よ、先ずは脳細胞を変えろ


 稲田朋美防衛相が東京都議選の応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言したことが、野党と左翼メディアによって大騒ぎになっている。稲田が撤回して謝罪したにもかかわらず、「謝罪したからといって許されるものではない、辞任しろ」とゴテている。彼らは安倍晋三首相に稲田大臣を罷免すべきとも言って気勢をあげる。
 バカ騒ぎである。

 たしかに稲田発言は軽はずみの誹りは逃れまいが、辞職しろだの罷免しろだのと野党・メディアがいきり立つほどのことではあるまい。野党と左翼メディアは、安倍をひきずり降ろしたいがために、ちょっとした閣僚や自民党議員の失言などを言い立てるのは、かえって醜い所業であるとは思わないのか。
 端的には、お前等に言う資格があるのか、である。

 野党も左翼メディアも、与党議員や閣僚のクビをとることとなると狂ったように騒ぎたてる。まじめに国会審議をやることを放り出して、人の言葉尻を捉えて正義ぶる。
 私は稲田朋美は防衛大臣には適任ではないと思う。以前にもブログで書いたが、国家の防衛を担う重要ポストにふさわしい顔つきになっていない。目がいつも死んでいる。しかし、今回の発言程度で「辞めろ」というのは腑に落ちない。揚げ足とりもいいところだ。

 安倍晋三首相は、自分の顔つきや立ち居振る舞いを首相として創ってきている。問題は以前指摘したが話し方であるが、それ以外はまずは合格だろう。G7サミットに出ても他と比べて貧相なところはなく、堂々として恥ずかしくない。
 だから全ての政策に私は賛成なわけではないが。

 稲田にはそれがない。大臣とは、大臣になった瞬間から大臣の顔、大臣の話し方、大臣の立ち居振る舞いになっていなければならない。しかし、彼女はいつまでたっても、大臣らしくなっていない。これは大臣の認識になっていないからである。
 例のミニスカートに網タイツはその好例である。
 大臣といい、閣僚といい、国家を背負って立つ人間というものは、5年後、10年後にそうなるべく努めるのではない。

 むろん知識や身の上手な処し方なんかは、徐々に学ぶことがあるにせよ、任命された瞬間から国家を背負って立っていると見えていなければ話にならない。
 これは何より人間の認識が問われるのであり、別の言い方をすれば器量、尊厳、貫禄、オーラ、圧倒的な押し出しとかとも言えるだろう。

 それがないから、稲田は国会で辻元清美なんかにいじめられて涙を流したり、今回のような軽はずみの発言をしたりしてしまうのである。あるいは役人を付き従えて外遊に行くときに、娘の趣味でまるで二十代のキャピキャピギャルみたいなぶっ飛んだ服を着ていくようなふざけたマネをする。
 若い娘ごときに、国家を背負って立つべき人間の品格にふさわしい服装がわかるはずがないのに。

 人間、見た目じゃないと言われるかもしれないが、その人の認識レベルは見た目に現れるのだ。それを指導できない安倍首相に任命責任がある、というべきであって、野党やメディアがわめくような閣僚の自覚がないだの、失言がアウトだのという瑣末なことが問われるのではない。

 民進党には、それがわかっている人間が一人もいないから、誰一人として国家の責任者、指導者に足る顔つきや風格を創った者がいない。政権側の言葉尻を捉えてわめくしか能がなくなる。だから国民の心からの支持が得られない。

 安倍が首相に返り咲いたときの、自民党の総裁選では、顔ぶれを見て最小の顔は安倍しかいなかった。石原伸晃、石破茂、谷垣禎一、町村信孝、あるいは立候補を目指そうとした野田聖子、小渕優子、みんな宰相の顔つきになっている者はいなかったではないか。クズばっかり。だから総裁に当選するのは安倍だろうと私には予測できた。むろんそれだけで首相が決まるわけではないが…。

 安倍は稲田を将来の首相にしたいらしいが、あり得ない話だ。まず顔つきを変えないかぎりは歯牙にもかけられまい。防衛相でこれだけミソを付けたらもうダメだ。
 稲田は、例えばイギリスのメイ首相やドイツのメルケル首相のような貫禄を醸し出すべく自分を創れば良く、そうすれば今回のような軽率な発言もやることはなかったのだ。

 メイやメルケルは、宰相になるやいなや、その認識のみならず、自分の脳細胞まで変えたのである。だからごく自然にあの堂々たる立ち居振る舞いができるようになった。
 ただちにお茶の飲み方から、歩き方、メガネのかけかた、髪型、笑顔の作り方、話し方、すべてに国家を担っている人間であると全親全霊を込めて、たとえ人様が見ていないところでも実践しなければならなかったのだ。

したがって、稲田に対して、菅官房長官が「誤解を与えかねない発言は注意するように」と言ったそうだが、それでは直らない。注意しろ、だけではまたやるだろう。本当はそんな防衛大臣にふさわしからざる発言は、したくてもできない脳細胞にすることなのである。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(1) | エッセイ | 更新情報をチェックする