2011年08月10日

日本政府は原爆投下を事前に知っていた


 NHK・TVの「NHKスペシャル」「原爆投下 活かされなかった極秘情報」(8月6日放送)。


 これまで、日本はアメリカが原爆攻撃の準備をしていることを知らぬまま、米軍の奇襲を受けたとされてきた。しかし実際は、原爆投下に向けた米軍の動きを事前に察知していたことが、新たに証言と資料から明らかになってきたというのである。

 広島も長崎も、諜報レベルではB29来襲の情報を掴んでいたにもかかわらず、軍は空襲警報を発令しなかった。これはおそらくはじめてNHKが報道したのだろう。しかしわれわれは鬼塚英昭氏の著作(『天皇のロザリオ』『原爆の秘密』など)によって、日本政府も、天皇も、軍上層部も事前に原爆攻撃を知っていたことを勉強した。
 本当は、今さらNHKが何を抜かすか、だが…。

 「NHKスペシャル」の説明ではこうだ。
 日本軍諜報部隊は、テニアン島を拠点に活動する米軍のある部隊を追跡していた。不審なコールサインで交信するこの米軍部隊を、「ある任務を負った特殊部隊」とみて警戒していた。8月6日、コールサインを傍受した軍は、特殊部隊が広島に迫っていることを察知した。だが、空襲警報は出されないまま、原爆は無辜の人々の頭上に投下された。

 そして9日未明、軍は再び同じコールサインを傍受した。情報は軍上層部にも伝えられたが、長崎の悲劇も防ぐことはできなかった。
 つまりは原爆を搭載したB29を、日本側はあえて迎撃しなかったのである。

 原爆投下の2ヶ月前から、日本軍諜報機関はテニアン島における特殊任務機の動きをキャッチしていた。しかし軍は、危険が迫っていることを知りながら何の手も打たなかったのだ。
 生存する当時の諜報部員や、大村の戦闘機部隊で出撃命令を待っていた元飛行士は「分かっていたのに、情報を全然使わなかったことが悔しい」と語っていた。
 さらに、元特殊諜報部員によると、8月11日には諜報記録をはじめ全ての証拠を隠滅するよう命令が下され、終戦の15日まで徹底した焼却処分が行われたという。

 番組では「原爆についての情報がありながら、なぜ知らされなかったのか―――原爆投下後66年、はじめて明かされる真実。」とあった。NHKはそれ以上は決して追跡しない。深く追及すれば昭和天皇にまで達してしまう。天皇教信者たちには見たくない史実が現れることになるからだ。

 そして先に言ったように、われわれはすでに「なぜ知らされなかったか」の答えを鬼塚氏によって教えられている。知らないというのは怠慢であろう。

 「ソヴィエトが参戦しようが、しまいが、原爆は確実に広島と長崎に落とされることになっていた。すべては、原爆で金を儲けようとする悪しき集団がなせる行為であった、……そのためにスティムソン陸軍長官が指揮をとり、大統領、国務長官、科学者、軍人たちを動かした。それだけでは原爆は製造しても投下できない。それゆえに、どうしても落とされる側の協力が必要であった。」(鬼塚英昭著『原爆の秘密 国外編』)

 この「落とされる側(日本側)の協力」に関して説いたのは、鬼塚氏が史上初めてだったと思われる。それは何か。

 8月6日が近づくにつれ、広島には数万の将兵が集められた。アメリカ兵の捕虜だけが広島市内から安全なところへ移送された。すべては天皇の命令によって…。
 広島市内に将兵が集められたため、市民への食糧供給が底をつくほどの状況になったという。その兵隊達は何の意味もない穴掘り作業に従事させられ、原爆投下の時間には営庭に集合させられ、原爆によって命を奪われていった。例外的に生き残ったのは、事前に原爆攻撃を知らされていた第2総軍の司令官・畑俊六だけであった。

 このNHKスペシャルを見た大衆はどんな感想を抱くだろうか。
 政府や軍部は無責任だと思うのであろう。原爆投下を知っていたのに、もし問題にすれば攻撃を防げなかったときに責任を問われるから…というような理由で、一種の保身のために国民を見殺したと捉えるのかもしれない。

 しかしこれはそんな問題ではないのだ。そもそも第二次世界大戦そのものがユダヤ国際金融資本が長年計画して実行した陰謀であったことを知らねば、原爆投下の謎も、なぜ戦争が起きたのかの謎も、なぜ昭和天皇が免責されたのかの謎も、解けはしない。







posted by 心に青雲 at 06:54| Comment(6) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鬼塚英昭の原爆の秘密は、このブログで知り読みました。
それ以来、原爆投下の火が近づくと「天皇のロザリオ」とともに読み返しては、怒りが込み上げてきます。

日本人を民草といったハダカの王様。
そして天皇家は今後どうなっていくのか・・・。

Posted by ひでひこ at 2011年08月10日 22:53
はじめまして、下記の記事を見つけましたのでブログ主様に
弁証法で読み説いて頂きたく思いメールしました。


1985年のジャンボ機事故と放射性物質
http://www.geocities.jp/at_mocha/ja123/ja123.htm

失礼します。
Posted by 飛田 卓哉 at 2011年08月12日 00:18
ジャンボ機事故と放射性物質のことは初めて知りました。
劣化ウランまでとは、驚きです。

情報ありがとうございました。

ただ、この問題を弁証法で読み解く(説く、ではなく)とは、無理な話でしょう。
これは123便にいかなる「事実があったか」ですから。
Posted by 飛田卓哉様へ(ブログ筆者です) at 2011年08月13日 10:23
イルミナティ関連の本でおすすめは
ベンジャミン・フルフォード氏の
図解世界「闇の支配者」がおすすめです。
活字に疲れたら、写真と絵でわかりやすいです。
Posted by 佐藤 at 2011年08月15日 04:20
ベンジャミン・フルフォード氏のものは、あまり気が進みません。
Posted by 佐藤様へ(ブログ筆者です) at 2011年08月16日 10:15
開戦自体が、米国を戦争に引き込むための日本への配役だったのではないでしょうか。日本人の人減らしと、勝利確実なドイツを米国を巻き込んで撲滅させるための英国(支配者)による英国(支配者)のための。
 鬼畜英米といいながら、上層部は明治維新以来持続的に英米(支配者)とつながている、ということではないかと思います。
 尖閣問題も同様に何もしらない中国国民にアルバイト料を払ってデモをさせ、そのバイト料とひきかえに彼ら中国人は、同様に何も知らない日本人と殺し合わされるのではないでしょうか。命、平和と引き換えに安いバイト料でデモをする中国人は貧しいとはいえおろかで悲しい人々でしょう。それはかつての一般日本庶民の姿でしょう。
Posted by Cosmo at 2012年09月26日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。