2015年08月25日

寝屋川の少年少女殺害事件の闇(2/3)


《2》
 先週土曜日のブログにしたためておいたが、本事件は親と子供の育ち方に根本原因はある。

 「寝屋川で殺害された中学生の少女は、親の管理もずさんだが、あれはきっと、親も子供も粉ミルクで育っているから、深夜に寝ることもなく繁華街を徘徊できる脳になっているのである。人間の母乳で育ち、人間としての躾を受けてきていれば、夜は素直に眠るようになっている。」

 こうした事件の遠因に粉ミルクがあることを知るべきである。
 粉ミルクでは哺乳類レベルのDNAしか赤ん坊に伝わらない。
 赤ん坊は母乳で育つべき時期に、母乳つまりは母親の血液が転化したものから、人間のDNAを受け取らなければいけないのである。
 それが粉ミルクでは、いうなれば牛のDNAが注入されることになる。

 先週の段階では少年がまだ行方不明だったから「少女」とだけ書いておいたが、少女も少年も、である。
 きちんと人間として育てられれば、夜は眠くなって起きていられなくなるのが実体も認識も健全に育った子なのである。
 街中で野宿できるのは、まさに牛である。

 私の友人で、今どき珍しく5人も子供をつくったものがいる。彼の家に行って泊めてもらい夜遅くまで飲んだことが何度かあったが、1歳や3歳の子供たちが深夜まで起きてはしゃいでいるのだ。11時、12時ころに私と友人が寝ても、まだ階下では子供たちが騒いでいる。
 これはおかしくなるぞ、と思っていたら、やっぱり5人のうちの3人が不登校児になった。
 精神障害になった子もいた。

 睡眠や生活習慣をいい加減にすれば、こういう報いを受ける。親も「だって、子供が寝ないんですもの。朝は遅くまで寝てますから、全体では寝たりているからいいでしょう」こんな言い訳を奥方から聞いた。
 子供が毎年生まれていたのでは、家事が多忙になって、ちゃんと子供を躾けられなかったのは分かるが、あまりに世間知がなさ過ぎた。

 高槻で殺された少女と少年の家庭は、おそらくこんなだらしない生活をしていたのであろう。だから親の責任だと言っている。
 ついでながら、少年は当時クロックス(サンダルのような履物)を履いていたらしい。こんな履物では全力で走って逃げられない。
 まったく不用心だ。

 マスゴミは、子供たちが明るくて、学校では人気者で、未来の夢はこんなだったなどと歯の浮くようなおべんちゃらを書いているが、そんなお涙頂戴の記事を書いて大衆に新聞を買ってもらおうとする、さもしい、いじましい心根には心の底から軽蔑する。
 よしんば物議をかもしたとしても、きちんと取材して、社会に警鐘を鳴らすべきが新聞の本来の役目だろうに。

 平田奈津美も星野凌斗も、あの時点で殺されなくて、生きて成長したとしても、成人するころにはまともな人生は送れないようになっていたであろう。こう言えば、あまりに侮辱した発言だ、思いやりはないのかと誹る人もいようが、そういう人こそ「人間とは何か、どうあらねばならないか」を無視する、非情な輩と言うしかない。

 学校の教師どもにも重い責任がある。もしかしたら犯人よりも責任は重い。犯人が悪いのは当たり前だが、ああいう人間は社会には必ずいる。悪魔はどこにでもいる。まして大阪なんだから、危ない朝鮮人はいくらでもいる。

 自動車が高速で行き交う国道へ、信号機もないのに飛び出せば轢き殺される。
 今回の事件はそういう類いなのだ。クルマの激しく行き交う道路に飛び出せば轢かれて死ぬように、子供が深夜にうろつけば、魔の手にかかるということを教えなかった親と教師が悪いのである。

 親も教師も、明るくて優しい子で、学業成績もまあまあならいいとしているから、日本人になければならない品格とか誇りとかを教えられていない。
 本来の教師(親も)はどうあるべきかをイメージしていただくために、天寿堂稲村氏の論文の一節を引用したい。わが流派の本部道場で少年たちを指導していた女性のことである。

     *    *    *

 私が直接指導を受けた女性指導者は、年下でありながら人間的に尊敬できしかも学問文化の素養がにじみ出ていてその品格たるや本当に見事でした。そのような女性指導者が二人おりましたが、それぞれ個性的で違うにもかかわらず、二人ともそれはそれは美しくしかも頭の良さでは足元にも及ばない見事さでした。そのうちの一人が少年部の指導をしていた時には、子供たちまでその女性指導者の品格が見事に反映されてそれはそれは素晴らしい子供たちでした。その姿は今でも忘れられません。こういう事実を神戸だいすきさんは知らないで、勝手に決めつけているのです。

     *    *    *

 私もこの優れた女性指導者にゼミで教わったから、よくわかる。
 自ずと襟をたださずには置かないいわばオーラが出ていた。こういう指導者になる気もない人は教師になってはいけない。こういう指導者に指導されれば、子供が深夜の繁華街をうろつくはずがない。

 なにより大事なのは、指導者の人間性であり、品格であり、高い論理性である。尊敬されない指導者では、たとえ「夜遅くまで外で遊んでいてはいけませんよ」と、教師が生徒に言ったとしても効果はない。どうせ今頃、担任教師は「私はちゃんと注意していました」と言い訳を述べているだろうが、教師の責任はそんな表面的なところにはない。

 以前にも本ブログで取り上げたが、ドラマ『女王の教室』で天海祐希が演じた教師こそ理想である。

 例えば親が子供に、「もう9時ですから、おやすみなさい」と言ったとして、その言葉を子供がどう受け止めるかが問われるものである。子供が「またかよ、うぜえよ」との認識になるのはどうしてかを親も教師も考えていない。

 「もう寝なさい」と親が子供に言う場合に、その言葉と親の人間性、品格とか誇りとか思想性とかが手をつないでいるかどうかである。それがないから親も教師も子供に軽蔑され、背かれる。

 先週後半にブログにしるしたことにつなげて書けば、親も教師も「良い顔」をしていないから尊敬されないし、言うことをきいてもらえない。

 諺に「人を呪わば穴二つ」とある。他人を悪くいえば、自分にも返ってくるということだ。彼らの親はどうやらシングルマザーらしいが、おそらく夫を憎んだのであろうから別居に至ったのだ。夫を憎めばそれは自分にも返ってくる。それが生活の乱れや、子供に叛かれる形で現れる。

 また結びつけるかと言われるだろうが、現在の安倍政権の安保法案を、根も葉もなく悪しざまに罵る護憲派サヨクたちも、この「穴」に落ちている。首相を批判する根拠があるならともかく、無茶苦茶な屁理屈で悪く言いつづけているのだから、それはみごとに自分にはね返ってくるのだ。
 
 私にはサヨク護憲派と、この少年少女の親がダブってみえる。
 アメリカ、支那、韓国らの危険性を絶対に認めないとは、中学生が深夜に家出して徘徊しても危険はないと言う認識に通じる。
 支那などの外国勢力のリスクに備えるには、単に安全保障の法律を整備するだけではなく、日本人が主体性を取り戻して、外国に隙を見せない国民にならねばならない。

 子供が深夜に勝手に外出して、魔の手にかからぬためには、根本から親も子も人間性を磨き、主体性を身につける努力をするしか防ぎようはない。毎日新聞は、対応に困ったあげくに「地域で見守りましょう」とか提言している。と言ったところで、深夜の2時3時まで見張っているわけにはいかない。

 憲法9条で、戦争をしないことを宣言しているから、支那や韓国が戦争をしかけてくるはずがないと妄想するのは、この町には「犯罪防止」の看板が駅前に立っているし、大阪には悪い人はきっといないから、攫われるなんてことは起きないと思い込んでいたあの親や子供と同じである。

 大阪はいまやザイニチの天国で、大変危険な町になっていることを、マスゴミがちゃんと言わないことも悪いのである。
 犯人の山田浩二が、ザイニチ帰化人ではないかと疑うサイトも出現していた。昨日紹介したように、産経新聞もほのめかしていた。金品目的の誘拐でもなく、感情のまま残忍な殺し方をするのは、おそらくは半島出身者なのであろう。

 ガムテープを顔にぐるぐる巻きにして窒息死させるやりかたは、日本人には思いつかない。身の毛のよだつ殺害方法である。





posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☁| Comment(10) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マスゴミの体たらくといったらありません。無責任。言論機関のように見えますが、実態は営業言論。議論や認識を深めることはなく、言論機関を装って営利を追求しているだけ。ああいう連中が大きな影響を持っていることが全ての元凶かと思います。
Posted by 左前屈立ち上段正拳突き at 2015年08月25日 07:16
左前屈立ち上段正拳突き様

コメントありがとうございます。
こういうハンドルネームをつけられるとは…(笑)

関係ないですが、基本は中段付きですね。
どうして中段が基本になるのか、おわかりですよね?
Posted by 左前屈立ち上段正拳突き 様へ(ブログ筆者です) at 2015年08月25日 08:25
中段突きはボデーへの攻撃となります。ボデーへの突きは拳に対し、より大きな体積物への攻撃となり、またボデー部には筋肉や脂肪などが多く、衝撃を吸収しやすい為に突きの精度が求められます。単純に早く、強い突きを繰り出しても、ボデー部には十分なダメージを加えることができないので、相手に打撃が浸透するよう、中段正拳突きでは精度の高い突きを繰り出す必要があり、この為には基本的な動作を正しく理解していることが必要なので、中段突きは基本であると認識しておりますが、いかがでしょうか?
Posted by 左前屈立ち中段正拳突き at 2015年08月25日 10:48
 初コメントです。凄惨な事件の真相は各人の想像の域の外にあって確かに闇の中にあるようですが、
中にはこういう事件、事故の大半が権力サイドによるスピン報道、捏造であると見方、観察もあります。
弁証法的考察方法が如何なるものなのか出来てないのですが、真実にたどり着くにはやはり、情報収集能力に加えて
さらに観察と考察と勘の良さが必須だと思います。以下ご参考まで

 http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/08/22/7743839
Posted by saikogan at 2015年08月25日 11:51
大阪はかつては1人当たりの所得が東京都民の平均を超えていましたが、今では見る影もありませんね。治安も悪化しており、人心の荒廃も進んでいますが、それでもプライドの高い大阪人はこれを直視しようとしません。彼らが没落するのも時間の問題でしょう。
Posted by ガラスマヂックリンハンディスプレイ黄桜アロマー at 2015年08月25日 12:30
左前屈立ち中段正拳突き様

そうですか。
わたしたちの流派では、そうではありません。
どういうことかは、ここでは書きません。
Posted by 左前屈立ち中段正拳突き様へ(ブログ筆者です) at 2015年08月25日 13:10
saikogan様

ご紹介のサイト見ました。ありがとうございます。
私も、八百長ではあるまいかと一応疑いました。また防犯カメラを街中に設置するための謀略でもあるか、と。
しかしもう防犯カメラは抵抗なく行き渡りました。

秋葉原の連続殺傷事件は陰謀くさいと思いますが…。

一応発表されている情報から考えると、芝居ではなさそう、と思います。
むろんまだ本当のところはわかりません。
ああいう事件が起きてもおかしくない社会になっていると思いますので、ブログを書きました。
Posted by saikogan様へ(ビログ筆者です) at 2015年08月25日 13:21
ガラスマヂックリンハンディスプレイ黄桜アロマー様

HN長過ぎますよ。
以前、「大阪くれてやるから、竹島返せ」というジョークがありましたね。そのくらいひどいかな。
Posted by ガラスマヂックリンハンディスプレイ黄桜アロマー様へ(筆者です) at 2015年08月25日 13:24
ブログ武士さまの見解をぜひ伺いたです〜って、きっと「道場まで来られよ」と仰るのでしょうが。他流派がお邪魔できるのでしょうか。
Posted by 左前屈立ち下段正拳突き at 2015年08月25日 15:18
左前屈立ち下段正拳突き様

それはお断りしています。
あしからず。
企業秘密ですからね。ヒントは「対立物の統一」でしょうかね。
Posted by 左前屈立ち下段正拳突き様へ(ブログ筆者です) at 2015年08月25日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。