2015年09月19日

強行採決でなく「野党、またも採決妨害」


 はやりの言葉でいうと、デジャブというのか…、昔から国会で繰り返される騒動を見るにつけ、社会党の流れをくむ民主党は、数で負けると暴力で審議や法案の成立を阻止しようとする。

 野党は、日ごろの政治活動で怠けているので有権者の支持を集められていないから、選挙で勝てないでいる。それに政策でもイデオロギーでも負けている。
 国政への国民の意志の反映は、選挙だけじゃないのはわかる。世論があり、デモが認められ、言論も自由である。

 しかし国会議員の場合、ちゃんと国会審議の場が設けられ、自由に政府を言論で追いつめる機会はある。
 そこで戦えばいいのに、委員会を開かせないだの、不信任案を出して嫌がらせをするなどは、幼稚過ぎる。

     *    *    *

 16日の参院平和安全法制特別委員会は、安全保障関連法案の採決に向けた大詰めの総括質疑が野党側の激しい抵抗に遭い、開始が延期されるなど、大荒れの展開となった。野党議員らは“人間バリケード”で委員長らの行く手を阻み、「廃案」を訴えたが、実力行使に与党のほか野党の一部からも疑問の声が漏れた。

 同日午後6時からの特別委開催前の理事会が行われる第1理事会室には午後5時50分ごろから野党議員が続々と押し寄せた。
 (中略)

 同日午後6時25分ごろ、鴻池祥肇委員長が委員会室前に姿を現すと、「女性の声を聞け」などと野党議員は激しく反発。委員長を囲み実力で委員会開催を阻止する構えを見せた。
 (産経新聞web版9月17日付)

     *    *    *

 国会では暴力をふるって妨害することが「実力行使」か…。「実力」という言葉をはき違えている。マスゴミの記者も同様に。
 言葉の意味だけでいえば、自民党が国会で多数の議席を獲得していることが「実力」がある、と称するのである。

 鴻池委員長が委員長室から出るのを野党が阻止しようとし、それを国会の衛視が守り、野党議員が妨害し怒号を浴びせる。
 …いや、それだけではないのだ。それを取材しているマスゴミの記者、カメラマン、音声係などがドッと押し寄せて、この混乱の輪に加わっている。

 野党の妨害行動を映像におさめたってしょうがなかろうに、そういう下らないことに労力を費やして、さも重大事であるかのごとくに報道する。そんなものが「国民の知る権利」の行使かよ。
 混乱でケガ人だって出る可能性があるのだから、どうしても取材したければ、代表一社が出てくればいいのに、よってたかってバカみたいにどの社も数人を派遣して、そのもみくちゃの中に突入させる。

 あの怒号渦巻く集団の半分の責任はマスゴミの連中が野党と一緒になって妨害しているからだ。記者やカメラマンは妨害に参加しているつもりはないと言いはるかもしれないが、明らかにあれは衛視たちの行動を妨害している。
 朝日や毎日のサヨク記者ならもっと明白に、安保法案阻止を打ち出しているので、野党とタッグを組んで「実力行使」に及んでいる者もいるのだろう。

 あの「実力行使」の光景は、昔から変わらない。社会党・共産党が何かに付けてやらかしてきた。
 混乱が予想されるのなら、委員会での採決はテレビ会議ででもやるとか、パソコンで賛否を集計するとか、なにもわざわざ旧態依然の会議形式でなくても良さそうなものなのに。
 そうすれば、とりたたて衛視の仕事も要らないだろう。

 もっともそうなると、野党は国会の電源を遮断しようとするかな? あほらしくてやってられんわ。
 委員長席の周りには金網を巡らせて、鳥かごのようにして山本太郎のような暴徒の妨害を防ぐ必要がある。

 それにしても、野党のやりくちは子供の教育に良くない。多数決で決めるのは嫌だといって、採決させないなんてことを、子供が学校で真似したらどうなるんだ。

 マスゴミと野党は17日の参院特別委員会での採決を、「強行採決」と叫ぶが、私なら「野党、また採決を妨害」と見出しにする。
 別に自民党を支持しているわけではない。公平に見れば、醜態をさらしたのは民主党と共産党であった。
 
 民主と共産は、反対のための反対で、法案が通れば戦争になるなどと、まったく根拠のないことを言い立てただけ。審議では言葉尻を捉え、イチャモンをつけるための誘導質問ばかり。日本の安全保障をどうするかの議論はしなかった。自衛隊のリスクが高まる、徴兵制が敷かれる、アメリカの戦争に巻き込まれるなどと、ナンセンスなイチャモンばかりつけてきた。

 何も言うことがないものだから、審議の仕方がけしからんと罵るしかできないで、あとは妨害して引き延ばすことで廃案に持ち込もうとする。
 そんなことやっても、衆院で通過した以上、法案成立は決まっている。本会議場で不信任案や問責決議案を連発しても、否決されるのはわかっているのだから、ただの嫌がらせと税金の無駄である。

 副島隆彦はHP「学問道場」の「重たい掲示板」に投稿して、国会前の抗議集会にいる学生どもを絶賛している。

 「私は、遠くから、彼ら学生たちの様子をネット(ユーチューブとか)で見てきたが、真面目でしっかりした若者たちだ。 ゆがんだ考えをしていない。私は、彼らの行動を支持することに決めた。」
 「私は、シールズの運動を自主的、自然発生的に始めた学生たちを支持する。これに全国の大学の敏感な学生たちが、参加して、集まってきている。彼らは優秀な若者たちだ。今の日本が生んだ、緊要に必要な若い人間たちだ。」

 「彼らを育てて見守っているのは、高橋源一郎という作家だ。彼は、明治学院大学の教授をしている。それから、内田樹(神戸女学院の教授をしていた)と、上野千鶴子(東大の女性学の指導者)たちだ。 おそらく山口二郎(長いこと北海道大学にいた。今は、法政大学のようだ)もこれに加わっている。」


 あのアンポンタンの学生たちは、自然発生的に始められた運動じゃない。民青がしらばっくれて一般学生を装って出てきている。
 その背後には支那や南北朝鮮の工作員がいて、指示をだしている。
 そんなこともわからないで、副島は「優秀な若者」と呼ぶ。

 おいおい、評論家のくせに人を見る目もないのか…。かれらのリーダー奥田愛基は、父親が韓国系キリスト教会の牧師。すなわち韓国工作員の関連が濃厚である。
 明治学院大の学生ということになっている。実に人相が悪い。真面目な学生とはとうてい言えない顔つきである。

 普段は茶髪なのに、国会に呼ばれたときには黒く髪を染めていった。まじめな学生に見せようと…あざといねえ。しかし、顔つきは髪を染めたって一夜では良くならない。

 副島も支那工作員から指示を受けて、あの連中をもちあげているのだ。
 高橋源一郎はまごうかたなきサヨクである。学生運動をやって逮捕歴がある。二流の不真面目な小説を書いているうえに、競馬評論まで手広くやっている。
 5度の結婚歴。はすっぱなキャラで売っている室井佑月と不倫し、結婚したがすぐ離婚。

 明治学院大はなんでこんな男を教授にしたのかね。学生に不倫の仕方や競馬を教えるためか? 作家がデタラメな生活をするのは勝手だが、教育者としては失格である。なにが「見守って育てている」になるんだ?

 端的に言って、やつらは国防を懸命に妨害しようとしている。これが支那や南北朝鮮の工作ではないとどうして言えよう。民主党も共産党も平気でウソをつく。副島もだ。
 最大のウソは、「戦争放棄の憲法さえあれば、日本は戦争にならない」である。こんなバカを本気で信じる日本人は精神病である。






posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☁| Comment(13) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国会での乱闘は大人げないですな。議会で乱闘する国は他にもありますが、そういう事態に及ばない国も多くあり、我が国の議会がああいう体たらくであることを我々は真摯に恥じるべきです。社民党なんて存在意義自自体ありません。
Posted by ビゲン香りのヘアカラー at 2015年09月19日 08:09
安保法案について韓国紙は「日本が戦争できる国になる」と報じていますが、これは現状、日本は戦争ができない国である、ということを示していることになります。
翻って、戦争できない状態の日本を、軍事大国、とか軍国主義などと喧伝する彼らは、自身の論理が破綻していることを証明していることになります。
Posted by 触ってごらん、ウームだよ。 at 2015年09月19日 09:04
ビゲン香りのヘアカラー様

「大人げない」のはたしかですが、あんなことはみんな八百長。
裏では、与党と野党がちゃんと国会対策委員長会談ですりあわせてやっていること。
野党ははじめから、法案阻止なんかどうでもいい、来年の参院選挙でいかに支持者の票を集められるかだけ。

だから今、自民党はひどいことをした、民主党や共産党が躍進しないと日本は困るでしょ、というためのパフォーマンスをやっているわけです。

自民党も、はじめから法案は通ることはわかっている。変な揚げ足取りだけされないように、答弁するしか気をくばっていない。来年の参院選に影響は出るでしょうが、どうせ野党はたいして勝てないのはわかっている。

国会議員は、新幹線グリーン車がただ、飛行機もただで乗り放題、お手当もたんまり。そういう特権さえ失わなければ、法案なんかどうでもいいんです。




Posted by ビゲン香りのヘアカラー様へ(ブログ筆者です) at 2015年09月19日 09:05
触ってごらん、ウームだよ様

おっしゃるとおり、韓国が「日本が今日にも『戦争ができる国』になる」などと「憂慮」するとは、嗤えます。
彼らは日本が軍事力で自分たちに立ち向かって来られないとたかをくくっていたのでしょうが、おかげで法案の抑止効果がもう生れてきているのでしょうね。
民主党共産党などの反対勢力が「戦争法案」と騒ぎたたてくれたおかげだと思います。
Posted by 触ってごらん、ウームだよ様へ(ブログ筆者です) at 2015年09月19日 09:11
高橋源一郎は、極左毎日新聞で人生相談をやってますね。
サヨクのお気に入りだから?
それで彼も気に入っていただけるよう、サヨクをやっている。
Posted by コリアよ出て行け at 2015年09月19日 11:44
反対の理由が、単に知り合いや身内が戦争で死ぬから、というのはどうでしょうね。
Posted by ずぶ濡れソバージュ女 at 2015年09月19日 12:37
コリアよ出て行け様

いいハンドルネームですね(^^)
高橋が毎日新聞で人生相談を憶面も無くやっているのは、知っています。読みません。
Posted by コリアよ出て行け様へ(ブログ筆者です) at 2015年09月19日 12:42
ずぶ濡れソバージュ女様

自分のことしか考えてないからですね。国家が完全に欠落。

ソバージュがずぶ濡れになるとどうなるんでしょうか。
Posted by ずぶ濡れソバージュ女様へ(ブログ筆者です) at 2015年09月19日 12:45
はじめまして。本件ニュースを見ていて、中韓の反応は気にしていない自分に気付きました。
Posted by アンパイア三郎 at 2015年09月19日 12:45
ソバージュでずぶ濡れになるとカールが強くなります。
Posted by ずぶ濡れソバージュ女 at 2015年09月19日 12:48
ずぶ濡れソバージュ女様

お答えありがとうございます。なるほど。
Posted by ずぶ濡れソバージュ女様へ(ブログ筆者です) at 2015年09月19日 12:50
副島は毎度のことながら、なぜシールズの学生が優秀と言えるのか、ゆがんだ考えではないと言えるのか、根拠、論拠をなにも示しません。
示さないのではなく、示せないのですね。なぜなら、中国共産党に命令されているからです。
最低の評論家。
Posted by ゲンちゃん at 2015年09月20日 18:28
ゲンちゃん様

コメントありがとうございます。
同感です。理由を言わずに断定するなんて、ただのユタもの。
Posted by ゲンちゃん様へ(ブログ筆者です) at 2015年09月21日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。