2015年12月26日

沖縄の破廉恥度


 また、沖縄の話になる。
 沖縄がまだ日本に返還される前、1961年から約3年半、高等弁務官だったのがポール・キャラウェイ(陸軍中将)だった。
 彼は有名な「沖縄の自治は神話にすぎない」と公言したことで名を残した。

 辺野古移設問題で、今年4月、翁長知事と政府の菅官房長官が会談した際、翁長は「菅氏とキャラウェイ氏が重なる」と発言し、やや物議をかもした。
 以下がそのときの朝日新聞記事(2015年4月6日付)である。
     *    *    *

翁長氏「菅氏とキャラウェイ氏が重なる」 沖縄で共感

 「キャラウェイ高等弁務官が重なる」。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐる菅義偉官房長官(66)との5日の会談で翁長雄志知事(64)が発した一言が、沖縄の人々の共感を誘っている。キャラウェイ氏は米国支配下の沖縄で強権的な政策を進めた人物。発言が支持される背景には、批判を国に受け止めてほしいという沖縄の願いがありそうだ。

菅長官「『粛々と』使いません」 上から目線と言われ
 翁長氏は会談で、名護市辺野古での移設作業を「粛々と進める」とする菅氏について「問答無用という姿勢が感じられて、キャラウェイ高等弁務官の姿が重なるような感じがする」と述べた。高等弁務官は復帰前の沖縄の最高責任者で、3代目のポール・キャラウェイ氏は1961〜64年に在任した。沖縄の自治権を「神話だ」と評した発言が残り、今も沖縄では批判的なトーンで語られる。

     *    *    *

 さすが朝日新聞だけあって、真っ赤かの記事。官房長官に無礼な発言をした翁長知事を咎める気配すらないうえ、「沖縄県民が共感した」とまで嘘を書く。
 キャラウェイは沖縄左翼の間では嫌われ者であった。当時、「キャラウェイ旋風」と言われたことを思い出す。

 「旋風」が最も吹き荒れたのは金融業界であった、とwikipediaは書く。
 「キャラウェイは金融業界の刷新を図るために強権を発動した。
まず普通銀行や相互銀行の検査を行い不正を摘発し、各銀行首脳を退陣に追い込んだ。続いて琉球銀行の株主総会に、キャラウェイ本人が筆頭株主(米国民政府が51%の株を所有)として出席し、その席上で経営陣の責任を追及し、経営陣の総辞職を行わせた。
 また、農林漁業中央金庫や琉球農業協同組合連合会などの協同組織金融機関や保険会社にも検査が行われ、容赦ない摘発が行われた」

 wikipediaもサヨク色が濃厚で、はなからキャラウェイを悪者にしたてている。キャラウェイがいたころは、左翼が元気なころであったし、沖縄を占領し続けるアメリカに対し日本に返せと誰もが言っていたので、キャラウェイは「強権的だ」と罵られる素地はあった。

 さて、ところが日下公人と高山正之の対談『世界は邪悪に満ちている。だが、日本は…。』(WAC刊)のなかで高山正之氏が意外なことを語っている。

     *    *    *

高山 沖縄が復帰する前の1960年代に、ポール・キャワウェイという高等弁務官が沖縄にいた。彼が日本を去る前に「沖縄の自治なんて神話だ」と言い残して帰っていった。実際には短い文ではなくて、長いスピーチの全文があるんですけど、そこには沖縄人がいかにダメかということが、書き連ねてある。

 彼は、グアムやハワイなど米軍基地の中で、沖縄を一番豊かでいいところにしようと思った。それで医療から金融まで援助した。
 たとえば、沖縄の銀行に資金を流入すると、銀行の理事たちは自分の身内にだけ無担保融資をしてしまう。要するに資金の横流しをして、島民の福利厚生なんかまったく考えなかった。こんな人たちではどうしようもない。沖縄人には政治能力がないと書き残しています。

 組合問題しかり、役所の問題しかり、すべての分野において沖縄人っていうのはまったく当事者能力がないと言っている。「当事者能力がない人間が、何で自治権が欲しいんだ」と言う。

 普天間基地問題で2015年4月に、翁長雄志知事が菅義偉官房長官と面談しましたよね。そのとき、翁長知事は「粛々」という言葉を何度も使う菅長官が「キャラウェイと重なる」って言ったんです。
 沖縄が自分たちの当事者能力を少し反省したのかと思ったのですが、全然違った(笑)

 キャラウェイが沖縄に対して言った言葉は、アメリカが朝鮮に対して言った言葉と同じです。
 先ほども言いましたけど、1905年に日露戦争が終わった後、ルーズベルトは朝鮮にある公館を全部引き払った。その言い分が「あなたたちには、国としての能力はまったくないんだ」ということだった。それで日本に「朝鮮を引き受けろ」と言ったわけです。

 (中略)
 ルーズベルトが言ったこととまったく同じことを、キャラウェイは沖縄に対して言った。
 米国がサジを投げた沖縄のために日本政府はサトウキビを作らせた。沖縄振興のためです。アジアから買えばもっと安く買えるのに、補助金まで付けてやった。それでも収穫が上がらない。

日下 いや、彼らはもらった補助金で韓国人を雇ったんですよ。自分たちは遊んでいた(笑)。
高山 その通りです。フィリピン人や韓国人を入れて働かせて、沖縄の人たちは働かないわけです。
 だから、朝鮮と沖縄も相似形と言ってもいいんです。朝鮮と中国も相似形。

日下 アメリカと中国も相似形ですよ。アメリカと中国は、中世がなくて古代からいきなり現代になったことも同じだから。
高山 アメリカも似ているんですよね。
日下 そう。だから、日本はヨーロッパのほうが近いのですよ。

     *    *    *

 沖縄県のあきれた実態が見えて来る。翁長の発言はひどい。正しいのはキャラウェイのほうだった。サヨク朝日新聞もアホだ。

 沖縄の県民性を都道府県別のランキングにしたものがある。
 沖縄が1位のものを列挙してみると。
 ゲームセンター店舗数  年間完全失業率  学校給食費滞納率  軽自動車保有台数  非正規雇用率  飲み屋店舗数  男性肥満率  デキ婚率  50代男性未婚率  離婚件数  父子・母子家庭数  センター試験浪人率(男女とも)  貧困率  教会数

 まだまだあるが、ざっとこんなところ。学力テストで最も低かったのも沖縄県である。
 こうして並べると悪意か、と言われかねないが、ある種の傾向は見えて来るだろう。ちゃんと働いているのか? 家庭の教育はどうなっているんだ? と言ったところだろう。

 ここからも、キャラウェイがぼやいたように、自治能力が怪しいと言わざるをえなくなっている。沖縄のサヨクは、米軍基地があるから沖縄が発展しないとわめくが、実態はこうしたランキングからも伺えるように、自治能力の乏しいさまが見える。
 毎年、基地負担を慮って政府が、湯水のように振興費を注ぎ込んでも、いっかな独自の産業が育たない。

 すべて基地のせいにして、怠けている様子が先の全国ランキング1位の項目からも見て取れる。
 ポール・キャラウェイがよしんば嫌な奴だったとしても、それは愛情ゆえの忠告と聞いて、沖縄県人は真摯に反省すればいいのに。





posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(3) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事とは直接関係なく申し訳ないのですが、このブログを引用した、原爆のブログがあり、私も弱小ブログで引用させていただいたのですが、許可がなくて、公知だとかってに解釈しており、これからも引用したい記事があるときは、よろしいでしょうか? お伺いいたします。
スプートニクへのコメントで、別な記事からの、原爆は日米合作と書き込みしたところ、強烈な威嚇があり、天皇教だとは分かるのですが、左翼、キリスト一神教などと、話し合う余地などなく、いやぁ、天皇教とはすごいです。
まずは、ブログ記事引用がよろしいのかどうか、お尋ねいたします。 違う名で、小さなブログですが。
Posted by マリア at 2015年12月27日 14:15
マリア様

どうぞ。引用、かまいませんよ。
Posted by マリア様へ(ブログ筆者です) at 2015年12月27日 15:34
ご返事ありがとうございます。

ほっとしました。 

Posted by マリア at 2015年12月27日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。