2016年02月18日

風邪は一発で治る


 昨日の五十肩の治し方に関連して、今日も神経の話である。

 関西にお住まいのある年配の方が、東京にいる娘一家が全員インフルエンザにかかって高熱で動けなくなったので、上京して助けなければならなくなりましたと新幹線のなかからメールをくれた。
 言外にどうしたらいいだろうというニュアンスがあったので、メールで治し方を伝授した。

 治し方の伝授といっても、これは後述するが、天寿堂の稲村さんの受け売りである。
 やり方はいとも簡単で、手指と足指の、付け根にある水かきをつまむだけである。軽く、であって、なにも強くつまむ必要はない。
 それをすべての指の間で行い、何回か繰り返しなさいと伝えた。

 その方は娘たち家族にこの簡単な施術を施したそうだ。一晩寝て、翌朝には全員が熱が下がり、治ったとメールをいただいた。自慢じゃないが、そうなると私は確信していた。
 私自身はもう三十数年、風邪をひいたことがない。わが流派で教わったことをほぼ忠実に実践してきているから、風邪もインフルエンザも寄せ付けなくなった。

 それはさておき、指の水かき療法は、天寿堂で教わって以来、毎日風呂に入りながらとか寝しなにつまんでいる。私の場合はみずかきを自分でつまむとお腹がゴロゴロ鳴る。経絡でつながっているからだ。身体が喜んでいる実感がある。風邪を引かないから、風邪に有効かどうかは確かめていないが、効くはずだと思っていた。

 天寿堂稲村さんによると、この指の水かきのツボは交感神経を活性化させるのだそうだ。どうもツボ自体が交感神経を活性化させるもののようである。
 それで、稲村さんによれば、風邪は交感神経の弱まりが原因なので、水かきを押す(つまむ)ことで、交感神経の弱まりが一発で改善され、風邪も治ってしまう。

 稲村さんは「水かき療法」として確立させたいと仰っている。
 感染症には東洋医学は無力だと言われて、明治以降西洋医療にとって代わられたが、江戸時代には漢方や鍼灸治療で治していたのである。感染症も、ツボで治ることが明らかになっている。

 つまり、感染症も、いかにもウイルスや黴菌が感染していないわけではなかろうが、それは交感神経の弱まりや歪みが原因となって、ウイルスや細菌の侵入と増殖を招く結果になるのであろう。
 いかに体内でウイルスや最近が猛威をふるっていても、交感神経を正常に戻してやれば、神経が治癒に働いてくれて、風邪の症状は治る。

 私はこの三十数年、風邪を引かないと述べたが、マスクもしないし、うがいもしなければ、手洗いも適当である。予防接種もやったことがない。予防と言ったらまあ身体を冷やさないようにするだけ。冗談で言うのだが、インフルエンザで高熱を出している人とキスしたってへっちゃらだよ、と。

 知り合いの医者は毎日、インフルエンザやウイルス性胃腸炎を何十人も診てウイルスを浴びていても、感染しないで体調は良好です、と言っていた。インフルエンザなどがうつるものなら、医者は全員アウトだろうに。こういうと医者は予防接種して免疫があるから、などと言う人がいるが、ウソっぱちである。

 この件は本ブログで何度も書いたから繰り返さないが、ウイルスは私たちの暮らしのなかで、ウヨウヨいる。体内にもいつも入ってくる。マスクや消毒で防げはしない。
 感染しちゃうのは、神経が弱まっているとか栄養が十分でないなどして、そもそも体調が万全でないからなのである。
 昨日も書いたが、身体全体の問題だ。某風邪薬が、「あなたの風邪は喉から?」「お腹から?」などと広告CMで言っているが、それは現象論である。身体の一番弱いところに症状が現象するだけで、全体を治してやることが最も大事なことだ。

 だから神経を活性化することが全身に効くのである。
 学校や会社でも、風邪をうつされたといって、先に風邪を引いた人を恨んだり、いじめたりする傾向があるやに聞くが、完全に間違いである。西洋医者は風邪はうつるというウソを広めて、イジメを生み出しているのだ。

 風邪をひいたなと思ったら、指のみずかきを何度もくりかえしつまめばよろしい。
 それと、ビタミンCの粉末を1グラムずつ服用しなさい。予防には1日1グラム。風邪にかかったら1グラムを2〜3時間ごとに飲むことだ。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(4) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ筆者様

水かき療法 実践

いつもブログを拝見させていただきありがとうございます。先日、朝起床したら喉の痛みがあり風邪をひいてしまったかと、やれやれと思っていましたが水かき療法の事を思いだし実践したところ、わずか1日あまりで喉も痛くなくなり治ってしまいました。いつもは、もう少し治るまで時間がかかり場合によっては病院へ行くのですが、仕事にも影響がありますし本当に助かりました。時間が空いた時や入浴中、就寝前等に行っただけですが、効果がありました。
これからも、こう言った内容のものをご掲載いただけると大変助かります。
それから、私事ですが何らかのストレスがあると身体に痛みがでます。肩、背中、胸など一度病院でレントゲン、MRI、心電図、血液検査等調べましたが異常はありませんでした。
これも脳の仕業なのでしょうか。病院では年齢やストレスが原因ですか?と聞いても医者はデーターにでない事は言わないので、何時もはぐらかされます。
ブログ筆者様の見解を聞かせて頂ければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。 錦見有恒
Posted by 錦見有恒 at 2016年03月02日 19:42
錦見有恒様
コメントありがとうございました。
水かき療法、効いたという報告をいくつも受けています。すごいですね。
天寿堂・稲村さんの偉大な発見です。
風邪は病原菌やウイルスが原因ではない(少なくとも主因ではない)ということですね。

あなたの身体の痛みについてですが、西洋医療ではまず治せないでしょう。病院に行くだけ時間の無駄です。
ぜひに天寿堂整復院に治療に行かれることをお勧めします。
http://mnworks.jp/tenjudo/
私はこれまでずいぶん、身体の不調を訴える人に天寿堂を勧めてきて、受診したひとはみんな効果があったと言います。間違いないです。

私があなたのような痛みがあったらどうするかは、土曜日のブログで書きます。

Posted by 錦見有恒様へ(ブログ筆者です) at 2016年03月03日 08:28
ブログ筆者 様

実践の成果!

帰宅後、娘が風邪気味だという事で水かき療法を実践したところ、朝悪くならずにすみました。それから朝もう一度行ったところ、お腹が動き出した感じがすると言ってきたので、ブログ筆者様と一緒だと思ったところです。
私も人工芝のマット裏の足裏鍛錬を行い1週間が経ちました。1日500回〜1000回ほど行いましたが、腸の調子が快調なのを実感しています。実は3週間前、珍しく便秘になり、その時は病院のお世話になりましたが今はとても調子が良いと思います。
まだまだ始めたばかりですが、継続して自身の身体の変化を確認していきたいと思います。
会社の同僚にも水かき療法はすすめています!
錦見有恒


Posted by 錦見有恒 at 2016年03月13日 08:39
錦見有恒様
成果があったようで、大変喜んでおります。
便秘の原因はいろいろありますから、これが解消の決め手だというわけにはいきませんが、一つ方法をお教えします。
便秘が大腸の不調ならば、ということで。
大腸系の経絡は、手指なら人差し指にあります。人差し指の付け根の両側を軽くつまんで少し押してみてください。

もう一つは鼻で、両手の指で鼻の両側を押してみてください。鼻は、目の間から鼻先までを少しずつやってみて。あrついは片手で鼻をつまんでくしゃくしゃっと揉むのです。

ほかにもネットで「便秘のツボ」と検索すれば、出て来るはずです。
薬を使わなくても治せるはずです。
Posted by 錦見有恒様へ(ブログ筆者です) at 2016年03月13日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。