2016年04月30日

熊本の卑しいマスゴミ取材陣(2/2)


《2》
 毎日新聞は4月20日の夕刊で、避難所に外国語の表示がないと文句をつけていた。旅行者や留学生に対して「課題が浮き彫りになった」だと。この忙しいときに、英語ばかりか、朝鮮語や支那語で表示を出せっていうのか。馬鹿じゃなかろうか。分からなければ聞けばいいだけのことだ。日本人は親切なんだから教えてくれる。助けてくれる。外国人だからとて、至れり尽くせりのサービスが受けられると思うな。

 冗談じゃないよ。日本人の被災者は家から離れられないだろうが、外人は別の安全な県や市に移ればいい。なにも混乱している被災地に留まる理由はない。余計な手間をとらせるのだから、福岡でも鹿児島でも避難すればいい。もしかしてただで飯を食わせてもらえるから動かないとか?

 サヨクマスゴミは、行政の混乱を批判するのは被災者を助けたいからだと言うのだろうが、ウソはつくな。反日政党と組み、支那や韓国と組んで、安倍政権を悪く言いたいだけだろうに。少しでも安倍政権と自民党の失態を書き立て、映像化して、次の選挙で元民主党や共産党を勝たせたいのが見え見え。

 サヨクメディアは、こういうときに問題の本質をかわして、誰かを悪者に仕立てる。一番の標的にされるのは、政府や行政になる。外国人向けの外国語表示がないじゃないか、などというのは、これも言外に政府や行政が悪いからだと言っている。
 そんなことより、地震予知ができるとウソをつき、東南海地震が起きるとウソをついて、巨額の税金をふんだくってきた東大の地震研究者どもの実態を報道しろ。

 ところがマスメディアには、東大出が多いせいもあって、東大地震研の闇を突こうとする姿勢は皆無だ。東大の偉い先生を怒らせるとまずい、協力してもらえなくなる、と権威にしぼみ、後難を怖れているせいもあって、自主規制してしまう。
 たしかに大地震は天災ではあろうが、「熊本だって安心してはダメですよ」と地震予知の連中が注意を喚起していたら、助かった命もあったはずである。

 人工地震だ!と騒ぎ立てている人がいる。可能性は否定しきれていないが、そんなことばかり夢中になって、マスゴミと地震研究者どもの不正を見逃していいのか。世の中の病根、ヤミは、イルミナティばかりではない。この機会を利用して、日本を弱体化させようと狙って来る支那、韓国、在日などがある。
 共産党だって、破壊活動防止法の対象になっている組織なんだから監視の目を光らせなければなるまい。

 さらに、米軍がオスプレイを貸してくれて物資の輸送に協力してくれている。これを朝日や毎日は、防衛省のなかからも「政治利用だ」との声が挙っていると書き立てた。災害で活躍すれば、オスプレイの評価が高まり、導入しやすくなるからだと、政府が考えたからだというのだろう。
 防衛省の幹部が言ったというなら、誰がそういう不届きな発言をしたかを明らかにしろよ。なのに、ずるく「関係者が言っている」と逃げる。

 オスプレイが沖縄普天間基地から飛んできたので、沖縄サヨクは普天間で「オスプレイ反対」の活動をやらかす。この災害で苦しんでいる同胞がいるというのに、なんたる不実。これぞ政治利用じゃないか。こういうことをマスゴミは記事にしろよ。くだらない外国人被災者に外国語の表示を、などと言ってないで。

 「オスプレイを飛ばすのは政治利用だ」とは誰の発言かが言えない以上は、でっち上げ報道と断定せざるをえない。こんなことは小学生でもわかっている。
 政治利用しているのは、サヨクや反日マスゴミのほうである。こいつらは、ずっとそうだが、自衛隊は要らないの、憲法違反だの、軍隊は廃して災害救助隊にしろのと言い募ってきたゲスどもである。どれほど現地で自衛隊が頼りにされ感謝されているかを、いっさい報道しないのも卑劣を極める。

 4月20日の「真相深入り、虎ノ門ニュース」で、評論家・井上和彦が、子供たちの自衛隊への感謝の手紙を2つ披露していた。ここでも紹介してみよう。いずれも熊本の小学校低学年の子供だろうと思われる。

     *    *

 自衛隊のみなさんへ
 いつもご飯、おみそしるを作ってくださってありがとうございます。おふろの湯もあたたかく、とてもきもちいいです。とてもやさしくてかっこいいと、わたしはおもいます。夜おそくまではたらいているみなさんをわたしたちは、そんけいしています。これからもがんばってください!

 がんばり賞
 みなさんは、わたしたちみんなのために、おふろやご飯をがんばって作ってくれたので、ここに、「がんばり賞」をしょうします。
  平成二十八年四月十九日
   西原村の子どもたち これをかいただいひょう

     *    *
https://www.youtube.com/watch?v=wWMPAyMW-u4
 57:15〜59:51の間をご覧ください。司会の居島一平が感極まって泣いていた。感動の手紙である。私も涙腺の緩むのを禁じ得なかった。
 ネットでは大評判になっているようだが、サヨクメディアは無視である。

 以前、福島でも幼い子供たちが国道脇に立って、救助活動を行う自衛隊や警察車両に「お疲れさまでした」と声を出している姿を紹介したことがあった。
 https://www.youtube.com/watch?v=KhDN-IVfgjQ
 これが日本人じゃないか。政権の粗探しをし、自衛隊を罵倒する野党、左翼マスゴミ、日教組は、人間ではない。

 韓国や支那では、熊本の震災に心傷めている人間もいるが、「心からお祝いします」などとさわぐ下劣な連中も多いようだ。韓国の俳優がブログで「震災にめげずにがんばって」と書いたら、批判の嵐になったとか。つくづく民度の低い国民で、なんでこんな連中に日本のサヨクは「配慮」するんだかわけがわからない。そんな国へ「謝罪に行きたい」と天皇皇后は熱望しているやに…。





posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(6) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マスゴミの偏向ぶりはどうしようもないくらいひどいですね。やはり記者クラブという閉鎖社会構造にも一因があるかと。我が国の向かうべき方向をこういう連中がミスリードしますます中韓の思うツボであります。
Posted by 冒険野郎 真実の階段Z at 2016年04月30日 06:57
冒険野郎真実の階段Z様
むしろ、支那・韓国が記者を使嗾して、ミスリードをさせるようにしているのでは。
Posted by 冒険野郎 真実の階段Z様へ(ブログ筆者です) at 2016年04月30日 07:32
マスゴミよりも少年たちの方が正常な感覚を持っていますね。このまままっすぐに育って!
Posted by ロリエF at 2016年04月30日 13:53
虎ノ門ニュースでは、朝から涙腺が緩むこと度々あります。涙を流すことで、自らを省みて少しでも他人に貢献したい気持ちになります。ふるさと納税みたいに自衛隊納税制度があったら、是非納めたいと思います。がんばれ自衛隊、負けるな熊本!
Posted by tetsu at 2016年05月01日 00:04
tetsu様
コメントありがとうございます。
いいアイデアですね、自衛隊納税!
財務省が抵抗するでしょうが。
Posted by tetsu様へ(ブログ筆者です) at 2016年05月01日 07:19
自衛隊納税があればいいのですが、それができないので、私はささやかではありますが、自衛隊グッズを購入しております。自衛隊グッスでひとつ部屋が満杯ですが、実際に隊員として貢献できるわけでなく、私にはこれくらいしか能がありませぬので。せめてもの後方支援です。がんばれ自衛隊!
Posted by リヒテンシュタイン海軍本庁 at 2016年05月02日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。