2016年05月30日

韓国サッカー選手の認識の歪み


 『韓国・浦項とレッズ西川らあわや乱闘 ピッチに浦項のキム・グアンソクがゴミぶちまけ 韓国メディアは「観客がゴミ投げた」』という記事が産経新聞web版(5月4日付)に掲載された。
 例によって、反日親韓の毎日新聞はしらんぷり。NHKも朝日も東京新聞もたぶん無視だろう。スポーツ紙のweb版にもなかった。

 これは非常に問題になる事件である。
 ご存知ない方はぜひ以下のYouTubeでご覧いただきたい。
https://www.youtube.com/watch?v=zU9EkxjO-bI
 以下が産經新聞の記事。やや長いが引用する。

     *    *
 5月3日に埼玉スタジアムで開催されたサッカーのアジア・チャンピオンリーグ(ACL)1次リーグ、浦和−浦項(韓国)戦で、韓国選手がスポーツマン精神を疑わせる行為を行い、浦和の西川が激高するシーンがあった。韓国メディアには、浦和サポーターが浦項選手を狙って異物を投棄したと報じるメディアもあり、相変わらず自らの行為を正当化しようとする傾向がうかがえた。
 問題のシーンは試合終了し、両チームの選手があいさつを交わす場面で起きた。

 選手がピッチの中央に集まる際に、浦項の選手がテーピングをピッチに投げ捨てた。浦和の選手が指摘していったんは拾ったものの、あろうことかキャプテンマークを腕に巻いた背番号「3」のキム・グアンソクが拾った選手からゴミを奪って再びぶちまけたのだ。
 これを見た浦和選手が憤慨。西川は鬼のような形相で落ちているテーピングを回収し、相手選手に詰め寄った。ズラタンや柏木らも猛抗議。ベンチから大勢のスタッフも飛び出し、乱闘寸前になった。

 3万人以上が詰めかけた埼スタジアムには浦和サポーターの浦項への大ブーイングが響き渡った。「拾えよ」「ふざけんなよ」「サッカーやめちまえ」などの声がこだました。
 (中略)

 普段温厚な西川がこんなに激怒する姿を見たことがない。それほど浦項の選手がとった行動は、スポーツマン精神からかけ離れたものだった。
ところが、韓国メディアのオーセンは、浦和選手の証言とはまるで違う状況を報じている。浦和サポーターが過激な行為で知られると紹介したうえで、試合後に「浦和の観客が浦項の選手を狙って異物を投棄した」とし、「何人かの浦項の選手がゴミを拾ってしまうなどの反応をした」と報じた。さらに「最終的には興奮した日本選手たちと浦項の選手たちが悪口を言い合い、体当たりを行うなど、互いに衝突した」と伝えた。

     *    *

 韓国メディアの言い分は、まったくのデタラメである。厚顔無恥。ちゃんと動画に映っている。明々白々。レッズの選手が正しい。観客のブーイングもまっとうだ。見て見ぬ振りをしたら、日本人の風上にもおけない。乱闘を制御しているのも立派だ。
 ま、このゲス選手が韓国人だとおおっぴらになって、一人でも多くの日本人が嫌韓へと覚醒すればいいし、彼らのあまりにパセティックな行為を報道しない反日サヨクメディアもいっそう愛想を尽かされていくだろう。

 この韓国チームキャプテンの行為は、威力業務妨害罪にあたるはずだから、日本サッカー協会はさっさと警察を呼んで逮捕させれば良かった。犯罪を見てみぬふりをしてはいけない。

 韓国人はものを考える力がないと言わざるを得ない。教育を人間のアタマとココロの問題と捉えずに、大人になってずるがしこい人間にして、人を踏みつけても構わないからずるくカネ儲けするように仕向けるために学校教育を施している。
 その結果の一が、反日であって、それがあのサッカー選手の直下(じきげ)に日本人に反抗する振る舞いに及ぶ。

 一つには気の毒だが、韓国には国民の範となる歴史上の人物がいないのだろう。日本にはいくらでもいる。多少のフィクションが混じっていようとも、例えば仁徳天皇、聖徳太子から始まって、義経、信長、秀吉もそうだし、文学藝術の分野でもいくらでも挙げることができる。それらを日本人は儀表として生きざまを決めてきた。韓国にはいないかごく少ない。

 「月刊アカシックレコード」の佐々木敏が、こう書いていた。
 今の韓国人は併合時代に日本にされた(支配された)ことに傷心しているのではなく、「自分たちが日本人でない」現実に傷付いているのだ、と。韓国人は日本人に対してどんなに反日愛国的なことを言おうと、ホンネでは、日本人のほうが韓国人より優れていると思っているからだ、とも。

 私は、日本に併合された屈辱と、日本人より劣っている劣等感の両方だと思う。佐々木のいかにも利いた風な推断には賛成しない。
 ホームレスも年期がはいってくると、何十年と体を洗っていないために、垢は皮膚にも服にもこびりついて変質し、得体の知れない固形物になって全身を覆う。おそらくその垢の固まりから毒茸も生えるだろう。
 髪の毛も黒い異物となって固まり、異臭すさまじくとても50メートル以内に近づけるものではない。

 韓国人の反日感情はこれと同じく、もはやただの垢レベルではなくなって、体に浸透して、脳の実体の要素と化しているから、佐々木敏のいう「認識レベル」では済まない。垢なら洗って落とせるが、もう無理。
 今回のサッカー試合の韓国人の狼藉は、まさにもう脳細胞が反日化しきっていることの現れである。異臭を放つレベルになった。

 韓国がどう崩壊しようと知ったことではないが、反日教育をすれば、それは反日だけでは済まなくなるのである。社会や人を恨む妬む嫉む僻むという感情と一体化した国民の認識を創ることになる。あたかも稟質(ひんしつ)のようになり果てている。
 「人を呪わば穴二つ」とは、人に害を与えようとすれば、やがて自分も害を受けるようになるというたとえなのだが、穴は2つではおさまらない。この諺には認識論が欠けている。

 人を呪うココロは過剰に培っていけば、それは機能レベルから実体レベルに量質転化して、何事に対しても呪うしか脳が働かないようになっていくのである。どんなに自分にミスがあったり勘違いしたりしていても、「呪う」がすぐ機能するから、反省はいっさいなくて、都合が悪ければウソをついてでも我を通そうとするようになる。

 中東地域の、キリスト教、ユダヤ教、イスラムシーア派、イスラムスンニ派の憎しみあい、呪いあいは、何千年と続いてきて、互いにもう赤ん坊のときから身内以外の人を憎悪する脳になっている。我々としては放っておくしかないが、そのいがみ合いに目をつけて欧米人や支那人が介入して戦争を煽って武器弾薬を買わせようとする。

 そうした邪悪なユダヤ資本勢力は、こういう韓国サッカーチームのバカを見てほくそ笑んでいることだろう。ここにも商売のネタが転がっている、と。日韓に憎悪を焚き付けていけば、中東とか東欧(旧ユーゴ)のような戦乱を引き起こせる、と。

 これは高山正之氏が語っていたことだが、スポーツの世界では、日本だけが世界中の国と違うことをやっている、と。例えば、試合の前と後とで、日本人選手は試合場、コート、プールなどで一礼をする。外国人はそうではない。
 大相撲に見るように、外国人力士はハワイもそうだったしモンゴルでも、仕切りのときから相手を睨みつけている。それを最近は観客が愚劣にもやんやの拍手を送るようになったが、実に見苦しいと本来の日本人なら眉をひそめる。「礼」の精神がないと高山氏は説いていた。
 韓国人にも支那人にもない。彼らは白人に近い。

 日本人ときたら、あれは外国でのサッカーW杯のときだったが、ゲームが終わったあと、日本人サポーターたちはいっせいに掃除をしゴミを持ち帰ったことがあった。一部の外国のメディアや民衆はそのありようを称讃したが、おそらく半分以上の外国人は「こざかしいことしやがって」と憎しみを抱いたのではないか。
 韓国人もおそらく、悔しさと妬みと憎悪を抱いただろうと推察できる。なんで日本人ばかり良い格好しやがって、おれたちは…、と。

 その恨みが、本稿で取り上げた醜悪な韓国選手のピッチ上でのゴミ棄てや、韓国メディアの反応につながっているだろう。韓国選手はきっと「そんなに日本人がゴミを拾うのが好きなら拾わせてやる」と思ったに違いない。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☁| Comment(4) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国は民主国家とは思えない民度ですね。オバマ広島訪問にも難癖付けていいるし。あの日に羽田で大韓航空機がトラブルになったのも偶然とは思えません。
Posted by 本格的小学生 at 2016年05月30日 08:50
本格的小学生様
コメントありがとうございます。
あの連中は、民主主義がどたら言う以前。国家の体をなしていません。
羽田での大韓航空機の事件は、オバマの来日とは関係ありません。
セウル号の沈没と一緒で、人災。整備不良であり、部品の取り替えをケチったからでしょう。
韓国の飛行機や船に乗るほうがバカです。
Posted by 本格的小学生様へ(ブログ筆者です) at 2016年05月30日 16:24
そういえばちょっと前にJリーグの試合で在日韓国・朝鮮人だったか、来日中の韓国人選手だったかがピッチに倒れた日本人選手を故意に踏んづけた事件もありましたね。
あっさりそれを許して握手を交わした日本人選手をほめたたえても良かったのだろうか…?と思いましたね。

今回のブログの主旨からやや話題がずれてしまいますが、韓国で行われたアジア大会で日本人のバドミントン選手が試合中の不自然な風によって妨害を受けたり、ソウルオリンピックやサッカー日韓ワールドカップでの韓国主宰試合でのホームタウンデシジョンなど、同じようなことが繰り返されています。世界のスポーツ関係者がこれらのことを知らないはずがないのに今度の冬季オリンピック開催地はなんと韓国…いったいどんな基準で開催地が選ばれているのだろう?と思います。

それを承知で現役続行を表明したとはいえ、浅田真央さんはツイてないなぁ…。

また、ご指摘のとおり、韓国人の一部(それともほとんど?)が日本と日本人に対して複雑な感情を抱いているのは間違いないと思いますね。決して日本人の自惚れではなく。
Posted by 金剛 at 2016年06月02日 23:58
オレこの時、埼玉STで一部始終見てましたけど、このブログに書いてあるとおりでしたよ。韓国サポーターーが興奮してなんか騒いでいると思ってたらいつの間にか浦和のサポーターがゴミを投げつけたことにされていました。韓国サポーターはすごくマナーが悪いです。
オレはサッカーの検索でこのページに来ましたが、このブログに書いてあることはオレにはよくわかりません。哲学の勉強されているんですかね?がんばってください。おれには縁が無いような感じです。
Posted by バティストゥータ at 2016年06月27日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。