2016年05月22日

サヨク「怒りの声」のいかさま


 沖縄県うるま市の女性会社員(20)が4月から行方不明になっていた事件で、県警は米軍軍属の男を逮捕した。
 逮捕の一報を出した毎日新聞も、朝日新聞も、この犯人を「元米兵」という書き方をした。「軍属」とわかっていながら、あえて読者に刺激を与えるべく「元米兵」という言葉を選んだのだ。ウソではないが、さりげない手口で世論を反基地へと誘導しようと言うさもしい魂胆。

     *    *
「基地をなくして」怒りの声 元米兵逮捕で抗議行動(朝日新聞5月20日付 web版)

 沖縄の米軍基地で働く米軍属の男が逮捕された事件をきっかけに、「基地をなくして」の声が強まっている。
 逮捕されたシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者が働いていた米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)。そのゲート前では20日、相次いで抗議集会が開かれた。正午には約250人が集まり、黙禱した。手を合わせ、涙を流す高齢の女性もいた。

 「女性の死を絶対に無駄にしない。この悔しさを絶対に忘れない」。3人の小学生の子供がいる保育士の城間真弓さんはマイクを握り声を詰まらせながらそう訴えた。

     *    *
 
 まあ なんつーか かんつーか、阿呆くさの記事である。毎日新聞もご同様の筆調。
 女子強姦殺人事件が起きたのは、米軍基地のせいだというのは、いつものワンパターン。
 これはサヨク活動家もそうだが、「風が吹けば桶屋が儲かる」式のこじつけである。

 これは一人のバカな男が犯した凶悪犯罪であって、それ以外ではない。司直の手で裁けばいい。その男がたまたま米軍基地に勤める妻子持ちの軍属だっただけのことだ。基地のせいではない。基地がなければ起きなかった事件だとのたまうのなら、風が吹かなければ桶屋は絶対に商売にならない、と強弁するのと同断ではないか。

 サヨクの言い分は「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、みんな基地が悪いのね」である。
 こういうサヨクの言い分がまかり通るのであれば、ザイニチの凶悪犯罪の多発には何故おぬしらは抗議の声をあげないのか。
 米軍軍属は合法的に沖縄に居住しているが、ザイニチはほとんどが密入国者であり、あまつさえウソをついて強制連行されたと被害者面している。

 米軍基地があるから米軍関係者による犯罪が起きる、と、ザイニチが不法移住しているから犯罪が多発する、と、どっちが本物の理屈なの? 米軍基地をなくしてと主張する声を、どうして「ザイニチは本国に帰れ」と言えない?

 たしかに昔は、米兵はタチが悪く、日本人を平気で手篭めにして、にもかかわらず、逮捕権、裁判権が日本になくて、悔しい思いをしたが、ずいぶん日米双方の努力で改善したではないか。地道に沖縄県の人も米軍関係者も、交流を通じて犯罪が起きないように努めてきて、成果は確実にあがっている。
 だから、もはや「米兵の犯罪=基地があるから」の理屈は通らなくなった。

 サヨクどもは、ヒステリックに米軍基地をなくせとわめくが、そのあと、どうやって日本を守るつもりだ?
 米軍基地をなくせとわめきちらすが、安全保障と外交にはアホな民意なんか不要である。
 米軍がもし撤収していったら、ただちに支那が占領するだろう。自由はいっさいなくなる。ものは奪われ、女子は強姦される。それでも構わないから、米軍だけは嫌、というのか。

 今回の凶悪犯罪は、個人の凶悪犯罪として処理しなければならない。国家間の問題はまったく関係がない。
 国家論で言うなら、共同体が存続することが肝心なのであって、個々の人間が無事に生き抜くことができるとか、だれもが食っていけるとかなんてことは二の次なのである。
 沖縄県に米軍基地が集中しているのは、支那の脅威に対応するためである。ほかにもあるだろうが、メインはそれだ。

 だから日本を守るためには沖縄に軍備を充実させるしかなく、それを決めるのは政府であって、県知事風情ではない。そこをサヨクもマスゴミもわかっていない。
 他事ながら、衆参同日選挙が取り沙汰されていたようだが、首相が必要と判断したら、熊本の災害があろうとなかろうと、断じてやるべきである。それが国家だ。

 青山繁晴は、熊本県民が迷惑するから衆参同日選挙はやってはいけない、などと言っていたが、それは間違いである。消費税をどうするか、安全保障をどうするかの民意を問うなら、国家存続のためなんだからそれが優先する。
 また彼は「主人公はぼくたち国民です」などとキレイ事いうが、それも間違いだ。国家が主人公なのである。むろん「国家権力」が主人公と言っているのではないから誤解なきよう。共同体が主人公だと言っている。

 だから社会保障なんてものは、ほどほどにしなければいけない。世の中はどこへ行っても弱肉強食である。日本人だけが能天気。
 世界を見渡せばすぐわかることだが、どこの国だって金儲けを一心不乱にやる。他国を蹴落としてでも、だ。だから貧乏人を大事にして、妙な平等を図っていたら国は潰れる。

 われわれから見て、アメリカもロシアもイギリスも格差が大きいし、嫌な国であるが、しかし国家を第一に考えているのは日本よりはるかにまっとうである。
 実際、木偶の坊と化した老人を大事にして、若い者が介護に就くのは馬鹿げている。だから日本経済が停滞する。老人を大事にすることではなくて、国家の発展を総力で図ること以外にない。

 社会保障を充実させたいから、消費税を“目的税”として徴収するとして始めてしまったから、そのため国の経済が落ち込んだではないか。
 話を戻せば、沖縄の事件は基地反対に結びつくものではない。結びつけたがるサヨクや新聞が狂っている。





posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(4) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
今回の殺人事件と基地反対は本来結びつかない。その通りです。
左巻きはバカです。

もしかしたら、韓国や中国が、あの軍属を脅して殺しをやらせた可能性だってありますね。例えば借金でクビが回らないように追いこんで、言う通り若い日本人女性を殺せばチャラにしてやると。刑務所に入っても10年もたてば出てこられるし、そのときは借金はなくなっている。どうだ、やらないかと持ちかければ、やっちゃうかも。

その結果は、サヨクが大騒ぎして米軍基地反対をやりやすくなる。つまり韓国、中国の利益に。
Posted by なれ寿司 at 2016年05月22日 08:33
なれ寿司様
はじめまして。ありがとうございます。
なるほど、中韓の陰謀説、面白いですね。

いかにもタイミングが良過ぎます。
Posted by なれ寿司様へ(ブログ筆者です) at 2016年05月22日 10:40
翁長知事が、なんと安倍総理に「オバマが来たら抗議するから会わせろ」と要求したとか。底なしの痴呆症です。
外交は政府の専権事項だという基本が、あのカツラ頭にはわかっていない。恐ろしいことで。
その発言をまたサヨクメディアは、持ち上げていて、翁長がどれほど非常識で非礼かを取り上げませんねえ。
Posted by ゲンちゃん at 2016年05月24日 09:53
ゲンちゃん
いつもコメントいただきありがとう存じます。

私も翁長のこと、新聞で知って驚き呆れました。
安倍首相も、それは非常識だとはっきりたしなめなければいけません。
Posted by ゲンちゃん様へ(ブログ筆者です) at 2016年05月24日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。