2016年06月05日

北海道、少年行方不明事件 補足


 このseesaaブログではコメントが弾かれることが多々あります。皆様にご迷惑をかけて申し訳なく存じます。
 以前申し上げましたが、もう一つ「バックアップ心に青雲」を開設してありますので、こちらがダメならバックアップのほうからコメントを投稿していただけませんでしょうか。
 お手数で恐縮です。
http://blog.livedoor.jp/hienkouhou/


 昨日書いたことに若干の補足。
 父親の言うことが事実だとすれば、との但し書きが必要だが、世間では「この親にしてこの子あり」と言う。子供が他人やクルマに石を投げる行為をし、それを親が叱ってもなお止めない。ついには子の反抗的態度に頭に来て、山中にクルマから降ろして置き去りにした。

 この親子の行為について、みんな、とにかく行方不明になったから…と咎めだてはしていないが、誰もが納得はしなかったろう。
 いかにも、つい行き過ぎた折檻や躾は親ならたいてい経験はあるだろう。だからまあそんなところだろうと思っている。
 しかし、親子の振る舞いは、やや常軌を逸している。

 あの親子は、どちらもやや異常である。子供は親の鏡である。親が異常だから子にもそれが現れる。それは遺伝するのではない。親の認識がおかしければ育て方が歪む、それで教育される子供も強く影響を受けないわけにいかない。

 人間は性格を親から生まれつきで受け継ぐのではない。人間は親や教師に教育された内容で自分自身となる。人間は親と子の共同作業で創られる。
 普通の子なら、おそらく親に叱られてクルマから降ろされても、その場で泣きわめき続けるだろうに、あの少年はさっさと見知らぬ方向へ歩き出した。置き去りにされたら直ちに行動している。これは異常ではないのか?

 そういう子供の勝手な行動は、親の教育によるのである。親が少年にもっと山奥へ行けと命じたのではないが、異常な行動をとるにはとるだけの親の変な認識があっただろうと思う。

 すなわち、向後の少年の生育をまともたらしめるためには、親の再教育が必要である。おそらく二度とどこかに子供を置き去りにすることはやるまいが、素直ならざる少年を創った、その親の考え方を直さないと、あの少年は気の毒な人生を送ることになりかねない。

 たぶんカウンセラーらは少年のトラウマを心配するだろうが、少年と親にいかなる働きかけをするかが最重要なのである。




posted by 心に青雲 at 07:11| 東京 ☀| Comment(3) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
筆者様

人(自分)の子と動物(ペット)の子との区別がついてないと思われる、おかしな親子をいたるところで見かけます。
筆者様の二日にわたるご警鐘、的のど真ん中を射抜く鋭い視点と理解いたしております。

今回のこの件に関する報道(ワイドショーも含めて)が白痴芸人、白痴アナに言わせてる事は一貫してます。
「なんて生命力の強い子だ!」
確かに無事でいたことは何よりです。安堵する気持ちは私も同じです。
しかし、真相は常にわかりません。

以下、私見をお許しください。

今回の心撃つこの出来事は彼奴等には格好の材料ではないでしょうか。

今、動いている反反日の流れは、彼奴等は当然察知していると思われます。次は当然潰しにかかってくるでしょう。

そうした潰しに動じない強い意志を持たなければいけないと思います。そうした意識を持てるように、やっとこなりました私にとって、必須はいわゆる明治維新以降現在に至る、官許ではない歴史認識です。
常に物事には複数の視点がある事を忘れずに、手元にある本にヒントを得ています。
馬渕睦夫氏が著された「「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった!」
その中の一節です。
「・・・・、既存の体制を外から暴力で破壊するのではなく、体制内に入り込んで内部から秩序の転覆を図るという方式です。
 この方式が恐ろしいのは、誰が秩序破壊者なのか明確に見えない点です。・・・・」

過去ログに出てくる本はできるだけ手元に置きたいので、未確認ですが「心に青雲」で紹介されていたのではないかと思います。もし、不正確な記憶であったら申し訳ございません。

今回の件を第三者として単に「生命力」みたいな曖昧な言葉で認識するのではなく、筆者様の視点をぜひとも持てる様になりたいです。

          中野瑞穂
Posted by 中野瑞穂 at 2016年06月06日 01:55
中野瑞穂様
コメント感謝いたします。
馬渕睦夫氏が著された『「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった!』は読んでおりませんが、私も以前、ブログでしたためたことがあります。
保守派の論客では割合に言われていることでしょうね。
Posted by 中野瑞穂様へ(ブログ筆者です) at 2016年06月06日 16:00
筆者様


やはりそうですよね。
私の今の考え方の基礎は「心に青雲」から得させて頂いたものですので、記憶と過去の記事を整合させてからコメントを投稿するべきでした。
大変失礼いたしました。

加えまして、昨日、一昨日の「輝ける古墳生成時代」を読ませて頂いて、私の上記コメントの「必須はいわゆる明治維新以降現在に至る、官許ではない歴史認識です。」を「必須はすべての時代の官許ではない歴史認識です。」と改めてさせてください。
     中野瑞穂
Posted by 中野瑞穂 at 2016年06月08日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。