2016年06月18日

副島隆彦の一番弟子、中田安彦の無知


 媚中・副島隆彦の一番弟子に中田安彦がいる。「アルルの男・ヒロシ」というホストクラブの源氏名みたいなハンドルネームを使う。最近は本名とこれを併記しているようだが、以前、媚中副島は「ハンドルネーム」や匿名で掲示板に投稿するなと怒鳴っていたのに、身内には甘いのかと呆れていた。

 どんなハンドルネームを使おうと勝手ではあるが、いささかも志が見られない、ぬるい名前をよく付けるものだ。師匠副島も弟子に対して、名称にも品格を意識しろとは指導できない程度なのだ。

 中田安彦が連中のいわゆる「学問道場」の「今日のぼやき」なるみっともない名称のコーナーで、媚中副島の新刊本(『日本が中国の属国にさせられる日 迫り来る恐怖のシナリオ』)を紹介していた。これを取り上げることから始めたい。
http://www.snsi.jp/tops/kouhou/1892

 媚中副島はあれだけ、これからは支那が世界覇権国になる、支那はすばらしい、支那は大国でちっぽけな日本なんか相手にしていない、とわめいていたのに、今度は支那が日本を攻めてくると言いだした。支那は外資が引き揚げて、経済が立ち行かなくなっている。日本に秋波を送って、なんとか戻ってきてちょうだい、とひそかに懇願している。これを副島はなんと解説するの?

 世間の動向を見るに敏なのだろう。節操がない。尖閣諸島に支那が不当に侵攻してきていることについて、副島は、支那の善良な漁船を、日本の海上保安庁の巡視艇が挟み撃ちにしていじめていると喚いていた。安倍首相が米国のネオコンの指示で、支那と戦争をはじめたいから、尖閣諸島で罪もない支那漁民をいじめていると、わめいていた。

 しかし、菅直人政権のときに、支那の工作船が海保の船に体当たりをしているのがYouTubeの動画で公表されると、卑怯にも副島はだんまりを決め込んだのだ。媚中・副島が言うとおりなら、ヴェトナムでもフィリピンでもインドネシアでも韓国でも、支那漁船が不法操業しているのはウソで、みんなそうした国が戦争に持って行こうとして、ことさら支那を挑発していることになる。

 海保だけが悪いことをやって、ヴェトナムや韓国や…は正当だとでも? 支那はどこでも悪辣なことをやらかしているだけなのに。
 以前は人民元で貯金しろ、絶対得だと唆していたが、その言うことを信じて人民元を買った人は、人民元暴落で今や泣いているだろうに。

 ウソをついていたことと、中共から(カネをもらって?)日本を叩いていたことを謝罪したうえで、やはり支那は脅威だと思いますと言うなら、まだしも、しらばっくれて今度は支那が日本を攻めてくるかも、で本を出して儲けようとは、見下げた根性である。

 さて、中田安彦は政府が共産党は今も破防法の対象であるとの見解を示したことを取り上げている。

「共産党の「暴力革命」不変 「破防法の対象」と政府答弁書 」(産経新聞3月22日付)
 政府は22日の閣議で、共産党に関し「警察庁としては現在も『暴力革命の方針』に変更はないと認識している」とした答弁書を決定した。
 同時に、暴力主義的破壊活動をした団体の活動制限などを定めた破防法との関係では「現在も同法に基づく調査対象団体だ」と指摘した。鈴木貴子衆院議員(無所属)の質問主意書に答えた。


 これに対して、中田安彦は、
「安倍政権がこのように閣議決定までして、日本共産党は今も『暴力革命の方針を変更していない』と政府答弁書を出したというニュースです。私は日本共産党は支持していませんが、このニュースが選挙前の今になって出てきたことに不快感を覚えました。

 保守政党である自民党は『反共の防波堤としてアメリカに育てられて操られてきた』という自分たちの恥部を解決できていないことを良くあらわしているニュースだと思いました。同時に日本共産党も、とっくにただの社会民主主義政党(貧困層への福祉の上乗せと労働者の待遇改善を求める政党)になってしまっている、のに今もこの名前を捨てられない。これは共産主義に対する反省(総括)がまだできていない、ということだと思います。」


 ずいぶん底の浅い考察で、これで「学問道場」だって?と言いたくなる。
 まず、自民党がアメリカに育てられ操られてきた政党であることに間違いはないが、それだけではない。日本国民が騙されている面はあるにちがいないが、それでも共産主義を嫌悪するからこそ、自民党を支持してきたのも事実である。

 そうした多角的視点を持たずに、一方的な陰謀で片付けてはいけない。
 なにより解せないのは、日本共産党が、「ただの社会民主主義政党(貧困層への福祉の上乗せと労働者の待遇改善を求める政党)になってしまっている」との認識である。

 それは共産党のカモフラージュであって、暴力革命を撤回したわけではない。奴らが表向き、そういう穏やかな行動をしているからといって、本質が変わったわけではないことくらいは見抜けないと、評論家とは言えない。
 以下の動画を見ていただければ、以下に共産党が暴力集団かが見てとれる。
https://www.youtube.com/watch?v=Go5NPYygt78

 6月5日に行なわれた渋谷の「反共産党デモ」に対する、共産党の妨害行為が映されている。正当な国民の権利であるデモ行進を、自分たちをじゃまする者として、共産党は妨害し続けたのだ。は? これが「ただの社会民主主義政党」か? デモを妨害した連中は、表向き「共産党」とはわからない一般市民ふうにしながら、警官への公務執行妨害にひっかからないギリギリで行動している。
 組織的であることは明白である。

 中田のこうした甘い認識は、師匠である媚中副島の対支那認識とそっくりである。
 媚中副島は、チベット、ウイグル、モンゴルなどへの中共の侵略、弾圧にはまったく触れずに、支那はもう世界一の経済大国だ、日本は支那に従えと書き散らしていた。

 中田は共産党の出自が在日朝鮮人団体であることも知らないのか。 
 共産党の活動費の出所も知ろうともしないのか。
 共産党の資金源は、善意の党員のカンパだと奴らはいうが、嘘っぱちである。

 選挙のたびに、当選がまったく見込めないのにすべての選挙区に候補者を立て、莫大な供託金が没収されても平然とカネを使う。
 前回の衆議院選では供託金約10億円を納め、約7億円が没収されているのだ。おかしいと中田は思わないの?
 各選挙区でどれだけ共産党支持者がいるか得票できるかを把握し、その分析から地方議会に最適な人数を送り込んで、立候補させる。これにより、共産党が地方の首長を確保したり、地方議会で半数以上を占める事態に発展する。

 政党規模から言えば国から20億円台はもらえるのに拒否。なぜなら、財政報告を秘密にしたいからだ。彼らは妙な理屈で政党助成金を拒否しているが、そうまで出来るのは、支那や北朝鮮、ロシアあたりからの資金援助があるからなのは明々白々である。
 日本共産党は主に中共の意図に沿って反日、反政権をやらかしている。

 それをまた支那から支援されている反日マスゴミがいて、共産党の実態を報道しない。「貧困層への福祉の上乗せと労働者の待遇改善を求める政党」のイメージをマスゴミが振りまく。それを中田安彦は鵜呑みにする。なにが「不快感を覚えました」だ。アホか。

 参院選を前にして、「連合」の分裂が取り沙汰されている。元民主党の支持母体だった連合のうち、金属労連など大所帯の労組が、共産党とタッグを組もうとしている元民主党に愛想をつかして離脱するのだ。そうなれば元民主党は選挙で惨敗だろう。労組にしてこれだけ共産党への憎悪が深いことを、中田は知らない。





posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☁| Comment(8) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では共産党は非合法にすべきです。
独裁、秘密警察支配、指導者の世襲など、いいことは何一つとしてない悪魔の政党。日本国憲法を否定しているくせに、9条を守れは矛盾。
Posted by 青シャツ at 2016年06月18日 19:20
青シャツ様
共産党の非合法にするのに賛成です。公明党も、宗教団体ですから、非合法に。
Posted by 青シャツ 様へ(ブログ筆者です) at 2016年06月19日 12:26
共産党・藤野なにがしの「防衛費は人殺し予算」発言には笑いつつあきれましたね。

共産党は日ごろから軍隊は人殺しと公言してきているから、今度も人殺しという言葉が出たのでしょう。

共産党は厳しく統制されていますから、これは藤野個人の勝手な発言ではありません。志位が指示したのです。でも国民の反発を見て、あわててトカゲのしっぽ切り。

共産党の危険な本性は変わっていません。
共産党は犯罪歴がわかっているのに、頑強におぞましい党名を変えませんよね。日本国民を馬鹿にしているし、中共や北朝鮮の走狗だからです。そんなこともアルルの男は知らないとは?
Posted by おっとと at 2016年06月30日 08:03
おっとと様
コメントありがとうございます。
彼ら「学問道場」は政治評論にすぎないものを、「学問」と言いふらす、不埒な連中ですよ。
Posted by おっとと様へ(ブログ筆者です) at 2016年06月30日 08:42
共産党は「平和憲法を守る」「先の大戦に唯一反対した」「暴力革命を目指したことは一度もない」などなど嘘つき集団。それが見やぶれない中田安彦はバカ。
Posted by ガリガリ at 2016年06月30日 22:29
jazz

私はjazz
重たい掲示板を見て気付いたこと。
深い、ため息がひとつ。
小さな、祈りがひとつ。
彼らは、知らない。
動き出した時間、流れ。
こぼれ落ちた一滴は波紋となって水を伝い、外へ外へと向かう。
だから共産党は反逆的組織だということを私は知った。
jazz
Posted by jazz at 2016年07月05日 07:24
お久しぶりですー。近所に共産党がありますが、そこに出入している人には日本語が微妙な女がいます。怖すぎですー。。
Posted by びちょびちょスカート久美 at 2016年07月05日 09:21
ガリガリ様、Jazz様、びちょびちょスカート久美様

コメントありがとうございます。
みなさん、共産党を憎悪していらっしゃる、しごく健全な方でいらっしゃいますね。
Posted by ガリガリ様、Jazz様、びちょびちょスカート久美様へ(ブログ筆者です) at 2016年07月05日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。