2016年08月09日

竹パウダーの増毛以外の効能


 4月22日に「竹パウダーで増毛」と題して、竹の粉(パウダー)の効能の一部を紹介した。
http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/436608395.html
 療術師の柳原能婦子さんが発見した竹パウダー治療法である。
 柳原さんが実際に竹パウダーの説明をしているのは以下で見られる。2:01から2:39あたり。
https://www.youtube.com/watch?v=ui2OemU4mSI

 これで実際の柳原さんを見ると、たしかに髪の毛は「ぼうぼう」と表現できるほど多い。
 柳原さんが説く竹パウダーの治療法は上記の動画はほんの一部しかない。そこで、私の実体験も交えてほかの効能も紹介してみたい。

 前回の「竹パウダーで増毛」で述べたように、竹の粉の威力を髪の毛で実感したので、ほかでもいけそうかと試してみた。
 まずは、右奥歯の詰め物が外れて以来、どうも調子が悪く痛んでいた。右肩から右首筋にかけて痛みがあるので、どうなるかと思って歯医者に行く前に、竹パウダーを患部に振りかけてこすってみた。

 芯の痛みは取れないが、痛みはスッと軽くなったので驚いた次第である。
 次は、うっかりして左の手の甲をものにぶつけて、甲が内出血して腫れた。これにもすぐに患部に竹パウダーをたっぷりこすりつけてこすったところ、3時間ほどしたら痛みが軽くなり、内出血も引いていったのだ。

 「なんかいいじゃん!?」であった。
 実際、柳原さんも痛い所にはどこでもこすれば取れると言っていた。
 柳原さんは、3年ものの孟宗竹を粉にしていると語っているが、3年ものでなくても効くと思う。

 以下は柳原さんのDVD『奇跡の療術・施術の世界』から、竹パウダーの効能を語っているところを取り出してみる。

 まず目がおかしかったら、目玉の位置からまっすぐ上の髪の生え際から6センチくらいのところに、竹パウダーを振りかけ、こする。竹には酵素が豊富だし糖分もあるから、これだけで目が良くなる。粉を振ったあとは、手でパラパラと落とせばよく、洗髪する必要はない。これですごく頭がすっきりする。

 竹の粉を全身に振りかけてこすると、全神経が甦る。粉には洗浄能力(殺菌力)もあって、皮膚がきれいになる。障碍者の子供に、全身に粉を振ってこすると「きれいになった、楽になった」と言われる、と。
 粉をパフにつけて顔にこすると、どんなクレンジングクリームよりきれいになる。

 便秘の人は、粉を(手のひらに少量乗せて2杯くらいか)飲み込むと、便秘は直る。
 キルト(和名:綿入れ刺し子)は中に挟むのは綿だが、その代わりに竹の粉を入れてキルティングにしたものは、腰なら腰の痛いところに当てておくと治る。

 粉入りキルトを枕カバーに置くと、不眠症が治って良く眠れる。
粉を小さじ2杯ほどティーパックに入れて風呂に入れるとぽかぽかして冷えない。
 DVDにあった事例では、現在69歳の女性で、19年前に脳内出血で倒れ1年間寝たきり、今は右手右足が麻痺、やや失語症という。
 この場合は、柳原さんはまず竹パウダーを動かない右の腕や足にたっぷり振ってこするようにと指導した。30分間ほど娘さんにやってもらいなさいと。

 ほかにも、髪の毛を引っ張るとか、長いゴムを患部に巻いてはパッとほどく(血流が起きる)とか、腕を痛くても動かすことで、実際、みるみるうちに腕が曲がって固まっていたものが動くようになっていった。
 むろんすぐには治らない。痛くても根気よく何カ月か続ければ治ります、と激励している。
 竹粉は生命力があるのだ、皮膚をこすることで洗うのだ、という表現をしていた。

 ざっと以上がDVDで柳原さんが説いていた効能である。

 竹の粉ではなく粗塩で皮膚をこすると、これは皮膚が若返ってようにすべすべになるが、これは実は内臓を洗っているのだと聴いたことがある。昔は米糠でカラダを洗ったものだったが、自然のものには素晴らしい「薬効」があるのだ。

 皮膚病なんかも、海水浴をしただけで治っちゃったという実例がある。旧日本軍が大東亜戦争中に、ジャングルの逃避行をやっていて、非衛生だから兵隊は皮膚病で苦しんだそうだが、敵に追われて海に逃げ込んで泳いだら、皮膚病が治ったという話を読んだことがあった。

 ほかにも類似の話としては、傷にはヨモギの葉をもんで当てておくと治るとか言われる。ビワの葉もいいらしい。

 市販の竹パウダーは肥料用として売っているので、どこで買ってもいいと思うが、10キロとかの大容量になる。私が探したなかでは「ゆめ竹」というサイトだと、2キロの小ロットで買える。
 民間治療法ゆえ、誰でも効くとは言いきれないが、西洋医療で治らずに困っている方は試してみてはどうだろうか。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☔| Comment(2) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竹パウダーを育毛に使って効果を実感
しています。

髪を乾燥させて刷り込むか、濡れたまま
にするか。
塗れていたほうが頭皮に浸透する
ように思いますが、発酵してしまうと悪影響
でもあるんでしょうか?
Posted by こう at 2016年08月27日 21:13
こう様

すみませんが、濡らしてやったことがありません。
悪影響はなさそうに思いますが、わかりません。
本文で申し上げたように、私は柳原さんがなさっていることを真似ただけです。柳原さんは乾いた状態の肌にすり込んでおられたので。
お試しになって、その効果をお教えください。
Posted by こう様へ(ブログ筆者です) at 2016年08月28日 06:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。