2016年10月05日

台風の謎と地球温暖化(1/4)


《1》
 これは毎日新聞9月6日付夕刊のトップ記事である。
     *     *

《台風 風速15%増 東アジア上陸37年分調査 海面水温が上昇》
 2013年までの過去37年間で、日本を含む東アジアの国々に上陸する台風のピーク時の風速が15%増したことが分かったと、米カリフォルニア大サンディエゴ校などのチームが5日付の英科学誌ネイチャージオサイエンス電子版に発表した。

 沿岸で海面水温の上昇が観測されており、台風に供給されるエネルギー源が増え、発達しやすくなったとみられる。
 今後も地球温暖化に伴って海面水温は高くなると予測されており、チームは「日本や中国、台湾、韓国を直撃する台風はさらに激しさを増すかもしれない」と警告している。

 チームは、米軍合同台風警報センターと日本の気象庁のデータを使い、1977年以降に発生した台風の進路や強さを分析した。
 この結果、フィリピン東方で発生した後、北方向に移動した台風のうち、75%が中国や日本などに上陸したことが分かった。台風ごとのピーク時の風速は77年から13年の間に年平均で15%増加した。米国の基準で最も強い「カテゴリー5」や2番目の「カテゴリー4」に分類される非常に強い台風の数も4倍近くに増えた。
 一方、東アジア沿岸の海面水温は10年当たり0・3度前後のペースで上昇した。
  (引用おわり)

     *     *

 わかったようでわからない記事だ。
 毎日新聞の科学部の記者は、アメリカ人の言うことだから確かだろうと、ただ鵜呑みにしている。アメリカの科学者ほど信用ならない連中はない。だいいち月面着陸なんか出来ないのに、いまだにやったことにしている。
 それに、アホだから地球は温暖化していると牢固に思いこんでいるから、「もしかしたら政治的発表か?」と疑いもしない。この問題は本稿の3回目4回目に論述する。

 今回と明日は科学の視点から考えたい。
 台風のピーク時の風速が、37年間に15%上昇したとは、いかなることか。そもそも日本だけではなく、支那その他の国がとったデータが正しいのか? データを信じるとすればだが…。もし支那人なんかに計測させたら真面目にデータをとって研究しようなどとは思うまい。人様の研究を盗むことしか考えないのだから。

 気象観測機器があっても、仕事はいい加減だろうし、その機器が金目のものなら勝手に持ち帰ってしまうのが日本以外の東アジアの国々、支那人や朝鮮人なのだから、データが当てになるのか、と問うべきである。まあ今回は信用できそうな、米軍と日本のデータをもとにしたと言っているようだが、米兵なんかあてになるの?

 ピーク時の風速はいったいどうやって測ったのか。
 ピーク時と言っても、風は早くなったり強くなったり、刻一刻変化のただ中にある。ややこしい言い方になるが、風速20メートルが10分続いた場合と、風速18メートルが30分続いた場合とでは、どっちがどうなの? それでも瞬間最大風速(?)だけを基準にして、「以てこれこそが科学でござい」と言えるのか?

 アメリカの研究者のおバカなところは、弁証法的な考えがまったくできていないことだ。ピーク時だけ比べました、とは呆れてものも言えない。みなさんはこの「ピーク時」が理解できましたか? ピーク時という「言葉」はあるが、その実態はなんなの? 像が描けます?
 まだある。わずか37年間の統計なのである。気候は周期的に変動することがある。何がいいたいかと言えば、この37年間は海水温度が上昇しているかもしれなくとも、また下降する可能性はあるということである。

 同じような例としていえば、遠くの星を見て、その距離が地球から離れていくように観測でき、正確に測れたとして、せいぜいこの50年くらいしかデータはないはずだ。宇宙の動きが、たった50年や100年で何か結論づけられるのか? 星が遠ざかっているとしても、どの星も楕円運動をしているのだから、何百年か何千年かしたらまた近づいてくると考えるべきなのだ。

 ところが地球から遠ざかっている星を発見すると、「すわ、これぞ宇宙が膨張している証拠」と騒ぎたてるのだから、間抜けである。

 一番、気象研究者がわかっていないのは、台風は地球上で発生する出来事であることだ。そんなの分かっているに決まっている、と言わないでほしい。地球上の現象であるとは、地球が生物に覆われ、生物といわば一体化した論理構造を持っている実在だ、ということである。

 平たく言えば、台風だって生命現象の一環なのだとわかっていなければならないのだ。地球では物理現象と生命現象の二重構造になっている。火星や金星なら生命体がないから、物理現象だけの一重構造だ。
 したがって、台風の予想進路をとってみても、地球の物理現象だけで見てはいけない。これまでは、それでも通用して、だいたい予想はできているのだけれども…。生命体との関係を踏まえて、二重構造で進路は予想しなければ不十分なのである。実例は明日述べる。

 そも、なぜ熱帯の海上に台風は発生し、大きく渦を巻きながら移動するものなのか、である。気象研究者たちは、海水温が高くて、海流が流れていて、コリオリの力が働いて、偏西風に乗り、高気圧は避けて…と、いうなれば純気象現象というか、地球物理学の観点からしか見ていない。

 しかも地球物理の観点でしか見ないのに、磁場の問題は無視だ。磁場は渦巻き状に発生する。宇宙全体が磁場であるから、天体は渦巻き運動をしている。それをなんらかの理由で乱すときに、一番強いところに磁場が「現れる」のだ。それご覧ナ、台風も渦を巻くではないか。こうした観点からも台風は究明されるべきであろう。
 だから「弁証法がない」、と言わざるを得ない。
 磁場に関しては、10月15日ごろにもう少し踏み込んで書きたい。

 台風が起きる、大海がある、大気がある、雨が降る、風が吹く、海流が生じる、これらは地球の勝手な、生物を置き去りにした運動なのではなくて、生命体と相互規定的かつ相互浸透的なつながりを続けている関係性で存在する。地震もしかりである。

 実際、台風は陸地では植物や動物にぶつかって弱まるではないか。それを物理的にしか見なくて、台風の本質が解明できようか。
 それをまったく忘れているのに、やれ地球温暖化などと騒ぐときだけ、人間が地球を汚しているなどと騒ぐのだ。

 アメリカ研究者のおかしなところはまだある。
 風速はどこで、どんな条件でそれぞれ測ったのか、が考慮の外になっている。まあ海上で測ったのではなかろうから、陸上で測ったのなら、陸上には山頂もあり、街中もあり、谷間もあり、平地もあり、である。観測器の設置場所がどんな場所かによって、風速も風力も変化するのである。

 風は陸上の物にぶつかりながら、すり抜けながら吹いている。それによって、減速したり加速したりするのだ。海の側で測った場合と、ずっと内陸で測った場合は、きっと違うのである。 
 だから風速は、風洞実験みたいな訳にはいかない。それなのに、アメリカのアホどもは、東アジアではみんな同じ条件のはずだと決めつけている。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(11) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は、昭和43年(1968年)から平成元年までの19年間、日本には台風は上陸しなかったそうです。全部それて大陸と半島に向かいました。
台風被害のなかった日本は、バブル景気に向かいました。

ふつう、陸地に近づけば障害物が多く、風力は落ちるはずですよね。

ブログ主様の話の行く先はまだ、見えませんが・・・私は、そのころから台風は気象兵器のひとつとして確立したと思っています。
Posted by 神戸だいすき at 2016年10月05日 04:22
出典が子供向けの学習漫画なのですが、ある研究者が台風の目に原爆を投下して消し去ってしまえばいいと言った、という話がありました。
漫画の中では「そんなことをしたら放射能が大変だ」という程度に閉めていました。その学習漫画は気象を解説する内容だったのですが、今にして思えばこの程度のこともわかっていない人が書いていたのか、と思うばかりです。

>神戸だいすき様
昭和43〜平成元年といいますと私自身の育った年代に重なりますが、毎年のように台風の上陸と被害をテレビなり新聞なりで見た記憶があります。公(気象庁)の記録もそうなっているはずですが、そんな大規模な捏造があっということでしょうか?台風のような大規模な災害を捏造すれば(しかも数十年も)どうやっても隠せることとは思えないのですが・・
Posted by 馬の耳 at 2016年10月05日 11:05
馬の耳さま
大変失礼しました。
確かに、日本に上陸した台風はゼロではありませんでした。(調べてみました)無責任な情報を流して申し訳ないです。

なぜ、19年間も、台風の襲来が無かったという情報が、印象に残っているのかというと、平成2年9月に大阪を直撃した台風があったのですが、そのときに「19年ぶりで、19号が19時に大阪に来た」といわれた記憶があったからなんです。19がそろったと。

つまり、これは、近畿直撃が19年間なかったという話だったのではないかと思います。

調べましたが、九州、北海道、中部を横断した台風はありました。
Posted by 神戸だいすき at 2016年10月05日 14:34
馬の耳様
あなたのお住まいがどの地方かわかりませんが、関西では、本当に台風が襲来しない期間が長かったのです。
それで、19年間も来なかったのだと思いました。
私が、小中学生のころには、毎年、大きな台風が来ていましたが、この間、本当に着ませんでした。

ちなみに、台風の目に核兵器をほりこむという手法は、まさに、三菱未来館の映像で、やっていましたね。
飛行機が上から近づき、台風の目に爆弾を落とすと「台風は、消滅しました・・・」という声が聞こえるのです。

けれど、台風の発生と進路は、海面や上空を熱することで自在に動かせるようです。爆弾ではかないません。

HAARPをご存知ですか?
Posted by 神戸だいすき at 2016年10月05日 14:41
神戸だいすき様
ご返事ありがとうございます、よくわかりました。
そうしますと
>「台風被害のなかった日本は、バブル景気に向かいました。」
という言葉もいかにも神戸だいすき様らしいですね。

ところで三菱未来館とは大阪万博のことでしょうか?
そうすると冷戦時代の核競争正当化の方便のひとつだったかもしれませんね。
当然ながら台風を消滅させるほどの威力なら地球も破壊されてしまうはずですが・・

HAARPは電離層などを研究するアメリカのプロジェクトで、電波照射などで人工地震を引き起こしている等の陰謀論があるや程度に知っています。
人間による自然現象への干渉操作は様々行われており、なんら秘密の話では無いですが、要は実行可能の規模なのかと採算が合うのかという話だと思います。地震や台風を0から作ることは無理だと思いますし、時期や規模、場所等の操作もそれらの自然現象に匹敵するエネルギーが必要になると思われます。つまりそこまで労力を掛けなおかつ秘匿を守るなら他にいくらでも安上がりかつ有効な方法があるだろうと思うのです。
Posted by 馬の耳 at 2016年10月05日 17:52
三菱未来館は、大阪万博のです。
入館すると70mmの大スクリーンの前を通るのですが、台風の被害映像で、電柱が波に押し倒されるのが印象的でした。

そして、最後のシーンに大きな大風の目が映し出され、飛行機が飛んできて、白い筒状のものをその目に向かって落とすと、「台風は、消滅しました。」と、穏やかなバックグラウンドミュージックとともに、ナレーションが入ります。

私が、最初に怪しいと感じたのは、平成20年7月28日、神戸市の六甲山のふもとに、わずか1時間で100〜300mmの集中豪雨があり、短い川が、いきなり深さ3mになり、3人が亡くなった時でした。

あんな狭い場所に、そんな雨の塊が落ちるなど前代未聞でした。

ヒロシマの豪雨も怪しいと思います。

アラスカのHAARPは、稼働していないそうですが、バンドレーダーと言う装置があり、電磁波を発生する?かして、天空の一部を温めると、低気圧が起こるでしょう?

実際、北京オリンピックでは、気象を人工的に操舵したといっていましたよ。

してはならないことですが、出来ると私は思います。

あなたのものの考え方は、いかにも常識的で科学的ですね。

でも、一歩外して、仮説を立ててみてほしい。
そうしたら、見えてくることもあると思います。
Posted by 神戸だいすき at 2016年10月05日 21:01
神戸だいすき様
陰謀論はあなたに任せますよ。

それから、もし仮に台風の中心に原爆を落として台風が消えたとしても、地球はこれは大変となって、またいくつも巨大台風を作って、海をクリーンにします。
台風は生物には必要なんです。台風が発生しなければ、海は死にます。
Posted by 神戸だいすき 様へ(ブログ筆者です) at 2016年10月05日 21:06
>ブログ主様
台風を消し去れたとしても、発生する原因といいますか必然は残されたままですものね。
激しい自然現象、例えば今回取り上げられた台風以外にも、竜巻ですとか落雷、あるいは火山の噴火なども、どうしても強烈に形を持って眼前に現れるものに注視してしまいます。その背景、大気全体の流れ、温度・湿度・気圧等々と分けて観測はされますが、実際は一体としての地球上の物質の運動が様々な形で現れる訳です。この全体の流れを捉えられなくても、それなりに生活に役立つレベルの天気予報などはなんとかなるでしょう。ですが何故そうなるのかを必然性のレベルで解明するには弁証法の実力が必要なのだと思います。
こういう大きな流れを、現在一点の物質的広がりだけでなく、過去から未来への動く像として捉えるのも弁証法的な実力なのかなと思いはしますが、三法則を意味的にも理解出来ているのか怪しい自分の現在ですので・・
Posted by 馬の耳 at 2016年10月06日 20:23
>神戸だいすき様
私の考え方が常識的・科学的というのは過分なお言葉というものです。
それはそれとしまして大衆の知りえない陰謀はあると思いますが、それをどこの誰のどういう過程で導き出したかわからない記事であれこれ考えようと思わないだけです。
大衆にはしかと意識出来ない指導層であれ、目に見える国家であれ、噓をつき捏造をするでしょうが、陰謀の存在を指摘する人間も嘘もつけば捏造も出来るのですよ。私としては、それを信用するに足る判断力をこそ養いたいと思うだけです。

ところでどうしてもお聞きしたいのですが、最初のコメントで、日本に台風が上陸しなかった時期があったと書かれた後で「台風被害のなかった日本は、バブル景気に向かいました。」とありますね。これはどうなりましたか?
神戸だいすき様の中では、「台風被害が無かった19年間」と「バブル景気に向かった」はお互いが必然なのですよね?台風被害が無かったからバブル景気に向かえた、逆に言えばバブル景気にするために台風被害を無くした、つまり人為的に台風進路をそらせたのだ、ということですよね?
台風上陸については訂正されましたが、「台風被害のなかった日本は、バブル景気に向かいました。」はそのままでよろしいのでしょうか?
Posted by 馬の耳 at 2016年10月06日 20:57
けっこうな期間、あんまりひどい台風が襲来しなかったと考えた私は、
それが、気象兵器のテスト期間だと考え、そして、日本を台風から守ることで、日本の景気をよくして、結果、収益の増えた日本から、収奪したと考えました。

それは、私の感想で、そうなんだと言い切る根拠はありませんので、あしからず。

大阪万博で日本に入ってきたものは、ケンタッキーフライドチキンにいたるまで、その後、国内でどんどん増殖しました、
いまや、日常のハンバーガーも、万博で日本に入ったんですよ。

そして、アメリカ館、ソビエト館についで、人気だった、3時間もお客さんが並んだ三菱未来館の、「気象兵器」だけが、実現しない、なんてことがありますか?

台風を消滅させることがいいとは思わなかったけど、必ず、実現すると思って、待てど暮らせど、その情報は出ませんでした。

けれど、台風が、直角ターンしたり、逆行したり、妙に大型になったり、今まで見たことの無い、異常さを見せだしたとき、私は
「なんで、今まで、気づかなかったんだ!」
台風を消滅させる兵器は「台風を発生させる」こともできる。!!!!

そうだったのか!

気象は、農作物の出来を左右し、それが、国力を左右します。
ソビエト連邦が終わるころ、ひどい日照りや、大地震がソビエトで発生しています。

アメリカは、ソビエトが小麦を生産できない年には「小麦」を、駆け引きの武器にしました。

天気を自由にできたら、敵国を痛めつけることができる。
ならば、真剣に研究するでしょう。

Posted by 神戸だいすき at 2016年10月07日 19:25
>神戸だいすき様
そうでしたか。感想であればそれで結構です。
ただそれならば読み手にそうだとわかる様に、区別をつけられる事をお勧めします。あれではまるでご自身の中で、あたかもしっかりと筋道のついた確信を語っているように読めますので。
もちろん遊びで陰謀論を語るなら、これは楽しく語れればよいので問題は無いと思いますが、遊びは押し付けるものではありませんね。
Posted by 馬の耳 at 2016年10月07日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。