2016年10月19日

朝鮮通信使は鶏泥棒(1/3)


《1》
 江戸時代にさかんに行なわれた朝鮮通信使。正式名称は朝鮮聘礼使。
 はじまりは室町時代だったそうだが、それは明日述べるとして、この習慣は秀吉の文禄・慶長の役でいったんは途絶えたものだった。
 それが江戸時代になって再開した。今のサヨク同様バカな男が徳川政権にもいたようで、その主旨は「招待旅行」だったそうだ。

 これは最近読んだ、高山正之氏と宮崎正弘氏の対談本『日本に外交はなかった』(自由社刊)で教えられたものだ。
 徳川方は、秀吉が朝鮮征伐でずいぶん荒らしたから、ご招待するので友好親善と貿易を再開しましょうとアチラ側に働きかけた。
 今の日韓議連みたいなバカな奴がいたもんだが、徳川政権は勝手に朝鮮に負い目を感じて、ご招待に及んだと高山氏は解説する。

 朝鮮人は、たぶん今と同様に、日本が懇願するなら行ってやろう、だったかもしれない。でも今や韓国では漢字を学校で教えなくなったから、古文書が誰も読めなくなった。だからいっそう好き勝手な解釈をやらかす。

 むろん日本側から朝鮮に訪問はしない。行ったとて、得るものは何もない。朝鮮に観光的にだってなにもなく、文化果つる国に好んで行くバカはさすがに…、鳩山由紀夫のような媚朝はいなかった。
 朝鮮通信使は、その馬鹿げた日本の負い目につけ込んで、大観光団を率いてやってきた。

     *     *

高山:毎度、四〇〇人くらいの規模でやってきては文字通りの大名旅行で江戸に参内した。なにせ貧乏な国だから、途中の宿で出された食器から床の間の陶器から掛け軸から緞子の布団まで洗いざらい持って行った。
 京都大学所蔵の朝鮮通信使の道中絵が残っていて、彼らが民家から鶏を盗む、住民が追いかけて朝鮮人たちを懲らしめるさまが描かれている。
 思白いことに日本側の住民は格子柄とか紺や黒の衣装なのに、彼らはみな一様に真っ白の着物姿に描かれている。
 (中略)
 一行は徳川家の新将軍が就任すると、それを口実にやってきてはどんちゃんやって行く。家宣(いえのぶ 6代将軍)の時代、新井白石が何の知的刺激もない、意味なく財政を浪費しているだけと通信使の廃止を献策した。1回に100万両かかった。大変な額だ。それに彼らの道中の盗みもあり、幕府はその弁償もしなくてはならない。

宮崎:だけど福田康夫のように人の嫌がることはしない、外国に良く思われたいと思う浅はかな日本人もいる。このときは老中の土屋正直がいい顔をしようとした。
高山:白石も老中がそう言うのじゃあ仕方ない、ただし接待は質素に、宿屋はいいものは隠せと指示して経費を半分くらいにしたらしい。

     *     *

 京都大学所蔵の絵は「朝鮮聘礼使淀城着来図」で、Wikipedia で見ることができる。
 こんなものも、公開すると「ヘイト」と言われかねないが、事実なんだからね。

 周知のように、朝鮮は貧しいうえに布を染色する技術がなかった。だから韓流ドラマの時代劇で、宮廷の人間が絢爛たる彩色の服を着ているのは大嘘である。さすがに全員が白い洗いざらしの服ではみっともないと思うのだろうが…、嘘はかえって恥ずかしい。
 しかしそんなことより、通信使と称して400人もやってきて、あらゆるものを盗んで帰るとは、低い民度は昔から変わらぬようだ。

 朝鮮通信使は、対馬を経由して瀬戸内海に入って広島県の鞆の浦に上陸し、そこから延々と江戸城まで歩いてきた。
 ご招待に増長しているから、狼藉をやらかしたのだろう。そもそも日本と朝鮮は対等の関係ではなく、日本から見ればあちらなんぞ属国同然で、むしろ朝貢させてやっていたわけだ。それを奴らはへりくだるどころか、只で飲み食いして蝗が通りすぎたように何もかも盗んでいった。

 教科書では、朝鮮通信使が来たときは日本人が大歓迎して、朝鮮人が日本よりも進んだ朝鮮の文化を伝えたとか書いてありそうだが、それはサヨクの研究者のバイアスがかかっているという以上に、捏造である。
 徳川家康は、対馬藩に申し付けて国交断絶状態だった朝鮮と交渉に当たらせた。対馬藩は関ヶ原の戦いでは西軍側についたから本来なら領地没収、改易となるはずのところを救われて、栄えある交渉役を任された。

 はじめは朝鮮に行って交渉しようとしたら使者は惨殺されている。「いかにも朝鮮らしい」と高山氏は言う。にも関わらず、対馬藩の努力によって1607年(慶長12年)、江戸時代はじめての通信使が派遣されてきて、江戸にて将軍職を継いでいた秀忠に国書を奉呈し、帰途に駿府に隠遁していた家康とも会っている。

 程度の低い朝鮮からの使節(別名、たかり屋)ごときが、家康とお目通りできたのも、なにか解せない。もしかして家康は健康長寿を必死で願っていたから、朝鮮通信使が土産に持って来るはずの「朝鮮人参」が欲しかっただけかも知れない。当時の朝鮮人参は、栽培ものではなく天然物だから、かなり薬効が期待できた。今はほとんどが栽培ものだから本当の薬効は期待できない。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(1) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神戸市の山田町郷土史S50年は、著者がNHK関係のサヨクのせいか、朝鮮通信使が、来ると、その歓待のために、イノシシ肉を献上しなければならなかった。
その口実でイノシシを撃って、自分たちも食べたと、いかにも、通信使さまさまみたいに書かれていました。

なんだかね〜
Posted by 神戸だいすき at 2016年10月19日 06:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。