2016年11月28日

韓国人の低い民度


 ひさしぶりに哄笑することがあった。やや嘲笑に感じは近いけれど。
 あの社民党の福島瑞穂のことである。
 「みずほ」と聞けば、うつくしい響きがあるが、漢字で書けばこれは我が国の美称である。
 「豊葦原千五百秋瑞穂国」(とよあしはらの ちいおあきのみずほのくに)を省略して「瑞穂の国」と言う。

 地名、駅名では珍しくはないが、自分の名前にそのものずばりこの漢字を使う例はあまりない。「水穂」「ミズホ」「夢穂」などに変えるものだ。
 まあ、庶民は自分の子供に「裕仁」とか「徳仁」とかは付けないもの、と、似ているだろう。

 わが国(それも美称)と同じでは畏れ多いと、日本人なら思う。
 福島瑞穂は、昔から在日帰化人と噂される。そうとう確かな情報と言われる。
 不法入国した在日の末裔ならば、通名を勝手に使える。だから帰化する際に、勝手に通名そのままか、ないしは日本人に成りすませそうな「いかにも」という名前にするのだろう。

 つまり、福島の場合は韓国人なのだから、祖国への尊崇の念はない。瑞穂なんていう、日本人ならやや憚られる名称は遠慮するのに、そんな思いはハナからない。
 高山正之氏の新著『朝日は今日も腹黒い』(新潮社刊)のなかのエッセイ「日本人にあって韓国人に絶対ないもの」
にそれがあった。
 
 「日本人は慎み深さを大事にする。日本人名を名乗るときもそれは心がけねばならない。
 例えば瑞穂。日本人は畏れ多いから、名前にするときは水穂とか当て字にする。
 そういう慎ましさに欠けると「やっぱり」とか思われる。」

 さずがコラムの名手である。これは結語のところ、あるいはオチのところなのだが、見事に皮肉を聞かせている。
 読めば誰でも、あの泡沫政党と化した左翼政党の女とわかる。
 で、哄笑する。
 言うまでもないが「やっぱり」のあとには、「在日だったか」が隠されているわけだ。

 ま、日本から奪った竹島を「独島」と言い換えて、強襲揚陸艦に付けるのだから、恥知らずのうえに傲慢で、身の程知らずに挑発的であった。そういう民度なのである。

 ちなみにこの軍艦が就役したのは、2年ほど前だったが、最新鋭のレーダーが役に立たず、機関砲を発射すれば甲板上の自軍ヘリに命中するという設計ミスが判明。さらに平時の海上で浸水や火災を起こして漂流し、長期修理でドッグ入りしてしまう事件があった。その後、このポンコツがどうなったか噂は聞かない。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(5) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご存知の通り斜民党は在日朝鮮人から多額の献金を受けていて、その資金源を辿っていくと北鮮に行き着きますね。斜民党が改憲や安保でああいう立場を取るのはその道のプロだからであって、政治理念や信念というものに基づくものではありません。
国会にこのような輩が実在している事実は我が国にとっては問題ですな。弱体化したとはいえ、排除に至っていませんし、今後も意外に生き残るかもしれませぬ。
Posted by ゴルフ松本 at 2016年11月28日 09:54
舅は、誰よりも、みずほ氏を嫌っていました。
一番好きだったのは、小沢一郎でした。

舅が嫌った理由は、なまいきな口のきき方でしたが、瑞穂という名前に、反応していたのかもしれません。昔の人ですから。

けれど、口のきき方の生意気さに反比例して、その内容の稚拙さには目を覆うものがあり、やはり、弁護士枠に朝鮮人枠があるという気がしますね。
Posted by 神戸だいすき at 2016年11月29日 05:01
神戸だいすき様
舅の話がなぜ出てくるのか、わかりませんが…。
福島瑞穂、辻本清美、蓮舫…、独特のテイストですね。男ならみんなあの連中は嫌いなんです。
Posted by 神戸だいすき様へ(ブログ筆者です) at 2016年11月29日 09:09
ゴルフ松本様
まったく同感です。まず、共産党を非合法とし、斜民党も外患誘致罪でしょっぴけばいいでしょう。
Posted by ゴルフ松本様へ(ブログ筆者です) at 2016年11月29日 09:19
「イギリスではペットの殺処分は限りなく少ない」というデマを広めて日本に誤った法律を作ろうとする人は、生まれがどこであろうと私は信頼しません。
Posted by たていと at 2016年11月29日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。