2017年01月14日

迷い道 槿恵 クネ


 「高山正之の放言バー・リークス#13」(12月24日付)
https://www.youtube.com/watch?v=PsBVJw_-QzI
 高山正之、杉田水脈、西村眞悟が酒を飲みながらの鼎談をしている。ちょっと飲み過ぎだろうと思うけれど。
 その番組の最後のほうで、杉田水脈が渡辺真知子の歌謡曲「迷い道」の替え歌を披露していた。(56:16〜57:33) 
 傑作なので、こちらで紹介しておきたい。

  現在 過去 未来 
  あの国についてなら
  私は千年恨んでると
  誰か伝えて
  まるで時代じゃないの
  支那にはいい娘になって
  一つ反日で政策間違えて
  大統領 槿恵(クネ) 槿恵(クネ)

  セウォルは沈んでるの
  その頃どこにいたの?
  男と逢っていたと噂で聞いたけれど
  一人産経の支局長捕まえて
  大統領 槿恵 槿恵

 韓国人の奴らが聞いたら、またカッカと火病を起こすだろう。
 哀れな民族だ。
 つくづくああいう国に生まれなかった幸運を噛みしめる。霊能者と自称する人によると、前世で功徳を積んだ人間しか日本人には生まれてこられぬとかや…。妙に納得できそうな気がする。

 朴槿恵が大統領になったころは、日本のサヨクマスゴミは大はしゃぎで、今度の大統領は親日的で、なにしろ知日派だった朴正煕大統領の娘だから、いい人なんだと、ウソを垂れ流していた。それがあのザマではいったいどう弁明するんだろうマスゴミは?

 媚中・副島隆彦は、安倍晋三は無能低脳で世界で相手にされていないが、朴槿恵は東アジアで有数の政治家だ、世界で認められていると豪語していた。今はだんまりだ。
 また媚中・副島隆彦は、尖閣諸島海域では日本の海上保安庁の船が不当に支那漁船を挟み撃ちして痛め付けており、戦争を引き起こそうとしている、と「暴露」していた。それが平成22年9月、違法操業していた支那漁船が、海保の巡視船に体当たりする狼藉を働いたことが露見した。

 副島はそれを否定していたが、一色正春氏がインターネットの動画サイトに投稿し、動かぬ証拠が国民の知れるところとなったら、副島はだんまりを決め込んだのである。そういう卑劣な男である。いまだに彼の信奉者がいるのが信じられない。

 それにつけても、インターネット動画とはいえ、杉田水脈の替え歌が堂々披露されるとは隔世の感がある。10年前は考えられなかった。いずれあと10年もしたら、新聞もテレビもこうなっていくだろう。そうでなければ奴らも生き残っていけまい。
 今はまだ旧来秩序、すなわちマッカーサーの押し付けた歴史観による言論空間が支配的だが、徐々に崩れていく。

 今年はその始まりになっていくのではないか。あくまで希望的観測が大半だが…、アメリカでトランプが大統領になって、グローバリズムやらリベラル色やらが覆されていくとすれば、日本のサヨクメディアは成り立たなくなっていく。
 今年はEUが崩壊し、支那も崩壊して、世界は新秩序に向かうほかなくなると予測できよう。

 今年の大注目は、まずはヨーロッパの移民・難民問題である。中東や東ヨーロッパの難民が英独仏伊などに流れ込んで災厄をもたらし、ナショナリズムが先行して難民排斥となるなら結構な話である。それを見て、日本でも安易に難民を受け入れたら大変だと言う世論がなんとしても形成されてほしい。

 そうでないと、今、朝鮮半島の混乱が今年はいっそう激しくなるからだ。南朝鮮が新大統領になって落ち着けばいいが、経済的に崩壊してしまった以上は、韓国民が逃げ出すし、暴動が起きて収拾がつかなくなる。そこで北朝鮮が南に侵攻してきたら、韓国が持ちこたえられない。トランプは韓国を助けないだろう。またトランプは韓国難民はアメリカには受け入れまい。
 そうなれば韓国から大量の難民が日本に押し寄せる。

 これが阻止できるかどうかが、これからの日本が明るい未来か暗黒の未来になるかの分かれ道である。
 日本のマスゴミは、ザイニチに支配されているから、マスゴミは挙げて朝鮮半島からの不法難民を受け入れるべく騒ぐ。民進党、共産党、公明党がこれに同調する。

 そんな大激動の世界になろうとしているときに、日本はオリンピックの準備やら大阪万博誘致で忙しく、国会は天皇譲位問題一色になりそうだ。能天気丸出し。

 にしても、韓国では2018年2月に平昌冬期オリンピックが予定されている。会場準備の遅れも懸念材料だし、政情不安、経済失速で本当に開催されるかどうか怪しい。そんなくだらないことで混乱して、いっそう韓国が弱体化するのも迷惑な話である。


posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☁| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。