2017年02月07日

朝、目覚めたら中共が占領していた


八っつあん:どうもご隠居、正月以来ご無沙汰いたしまして。
ご隠居:おう八か、まあ上がってお茶でも飲んで行け。
八:どうも。ご隠居、先日いやな夢を見やしてね。その話をちょっと聞いていただこうかと、ね。
隠居:どんな夢だい? 宝くじが当たったかと思ったら、夢だった、とか?

八:そんなんじゃねえんで。カフカの『変身』って小説じゃあ、主人公のザムザが、朝起きたら巨大な甲虫になっていたって話ですけど、あっしはね、ある朝目が覚めたら世の中が中共軍に占領されていたって夢なんで…。
隠居:ほう。で、どうなっていたんだ?

八:へえ、朝出勤しようと電車に乗ろうとしたら、駅の表記が全部支那の簡体字になっているんでさあ。それとハングルも残っていたっけ。構内アナウンスも、支那語と朝鮮語だけで日本語はないんでさあ。乗り換えようとしていた婆さんがどうしていいかわからずにオロオロしてたりね。大きな乗り換え駅では、中共軍兵士が銃を持って立っているし、変な制服を着たザイニチが交通整理しながら日本人に怒鳴ったりしている。

隠居:なるほど。ザイニチはすぐに支那にシッポを振ったわけか。
八:どうも日本が中共に降伏して1カ月くらい経ったころらしいんで。電車に乗って、ほかの人の読んでいる新聞を覗くと、日本語の新聞なんですけど、「朝日新聞」の題字は簡体字になっているんです。
 さっそく、昔のGHQに迎合したように、中共迎合満載の新聞になって、「歓迎」「日本は良くなる」とかいう紙面でした。

隠居:そらそうだ。もともとマスメディアは反体制を装っても実際は、既存の体制側に付いて、利得をむさぼるもんだからな。メディアは時の体制を激しく批判しても、一方で体制の枠組みで守られているので、安心して体制を批判することができた。でも中共の支配下になったら、「反体制」はあり得なくなる。

八:その朝日新聞には全国の図書館や書店で、ほとんどの本が発禁にされ、大量に棄てられている写真が載っているんです。図書館前の広場で人民解放軍兵士がわけもわからず焚書の大きな焚き火をたいていて、それを日本人が遠巻きにかこって拍手しているっていう写真でしたよ。
隠居:ま、そうなるだろうな。

八:夢ですからね、脈絡はないんですけど。街中、中共軍兵士と武装警察、それにザイニチが道にゴミや痰を吐くのでムチャクチャ汚くなって臭いんです。公衆トイレなんか目も当てられないくらい汚れ放題で、しょうがなくてみんな公園の中は道ばたでやっちゃう。
 新幹線の料金は一気に倍になってまして。儲けはみんな中共占領軍のお偉方が取るんだって。
 その新幹線や車両やレールまで剥がして、支那本土に持って行くって言ってました。これからは在来線だけになるとか。
 日本の農地の土は良いからって、畑の土を剥がして大量に支那に運んでいるって。

 それから、悩みのタネだった駅前の放置自転車は、きれいに片付けられていましてね。全部ザイニチが持ち主に断りなくさらっていって、本国にもっていってしまった。
 テレビ、ラジオではこれまでどおりのバカ番組、お笑い番組は続いていますが、ニュースは全部支那語。ドラマは、これまで支那で流していた反日の、日本軍が残酷だったというドラアを一日中やってました。

隠居:おやおや、そうかい。クルマはどうなっていた?
八:個人で持っている自家用車は没収で、トラックやバスなんかはこれまでどおりに走ってます。中共進駐軍の偉いさんに鼻薬を効かせた人だけが、クルマの所有を許されるのですと。
 居酒屋とかレストランは営業してますけど、本国から来た支那人やザイニチが食器を持っていったり、ただ食いして踏み倒すから、もう営業できないって嘆いている店主がいっぱいいましてね。

 どこのデパートでも、家電量販店でも。人民解放軍の兵士やザイニチが押し掛けて、略奪しまくり、女性店員は隠れていても見つかっては強姦。
 兵隊が盗んだ商品は、駅前広場でおおっぴらに闇市が開かれて、安値で売られているんです。「闇市の再来だ」と老人が嘆いてました。

隠居:じゃあスマホもケイタイも使えなくなっていた?
八:いえ、それがソフトバンクだけは使っていいことになって、NTTやauの人たちは買い替えるんでショップの前は長蛇の列。
隠居:それでお前さんの夢では、天皇とか国会議員とか、自衛隊はどうなった?

八:夢ではそこまでは見られませんでしたが…、想像するに、天皇一家は監獄入りでしょうかね。国会議員はたぶん、一度は収監されても中共に忠誠を誓えば復帰してやつらの言いなりの議員になるでしょう。でも選挙はすべて否定でしょうから暫定的ですかね。自衛隊は一部技術者を残して皆殺しですかね。

隠居:なかなかリアルな夢だったね。漫画家のやくみつるが、中共が来たらすぐ降伏すればいい、戦争だけはダメだ、戦争で死ぬより、支那の奴隷になるほうがいい、それにうまい支那料理が食えるからいいじゃないかと発言したそうだが、奴には想像力のかけらもないんだな。実際、八っつあんの見た夢よりもっとひどい地獄を見ることになるんだろうね。
 それで八、どうして日本はそんな羽目になったんだい?

八:あっしの夢は占領1カ月後だったんで、くわしいことはわからませんが、なんでも夢のなかでは市民が「なんせ1発も撃たずに降伏して、平和憲法を守ったから良かった。人類史に残る偉業だ。これからは中共の指導の下で世界と協調してやっていける」と政治家もメディアも喜んだって、噂してましたよ。

   ■    ■
 …は〜あ、とっぴんぱらりのぷぅ。どんぴこからりん、すっからりん。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(2) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どのように侵略されるかと言うと、中国からミサイルが打ち込まれるたびに日米安保により金を出した分だけ米軍が助けるとトランプに言われ、金が無くなるまで自衛隊は米軍の救助活動を行うのみ。国連の敵国条項があるから日本は一発の銃も撃たせてもらえない。
金が無くなった時点で国連を脱退し、最終兵器で応戦をするが残念ながら中国の核の物量に耐えられず撃沈。
米軍に払った金は米軍からどこに消えたのか?想定外の中国の核はどこから購入したどこの国の核なのか?謎は深まるばかり。
私だとこんな感じの夢でしょうか。
Posted by たていと at 2017年02月08日 19:23
たていと様
コメントありがとうございます。
私は日本は1発も攻撃できず、また支那からもミサイルを浴びず、ただ謀略のみで降伏するのではないかと、危惧しています。
Posted by たていと様へ(ブログ筆者です) at 2017年02月09日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。