2017年02月09日

メディアの傲岸な指導者意識


 トランプ大統領が、就任直後から矢継ぎ早に「大統領令」を出して公約の政策実行を行なっている。これに対してアメリカのメディア、日本のメディアが反発し、トランプと全面対決の様相を呈してきている。
 イスラム圏からの難民や旅行者の入国禁止措置に対しては、それに反対する米民主党系の連中のトランプ抗議デモを大々的に取り上げている。
 毎日新聞はくる日もくる日も、反トランプ一色。

 すさまじい反トランプキャンペーンである。
 世界中、トランプに反対する人ばかりといった報道の仕方。
 日米貿易摩擦が再燃して、経済的にも日本は追い詰められるぞと不安をかき立てている。
 トランプを支持する声とか、公平に見た貿易の見通しは取り上げられない。すさまじい偏向報道だ。

 しかも、マスメディアは、米大統領選挙でヒラリー・クリントンが敗れ、トランプ氏が勝ったのは、フェイク(嘘)のニュースが広がったためだといまだに言い続けている。正しい情報を流している旧来のメディアに大衆が従っていれば、悪いことは起きなかったのにという、傲慢きわまる「指導者意識」のなせる業だ。
 デマ、嘘の情報がSNSで拡散しているからヒトラー再来のようなトランプが世界を破滅に導こうとしていると言い、「ネットを信用するな」と叫んでいる。

 どうやら欧米や日本の旧来のメデイアは、インターネットのすさまじい情報量とその拡散スピードが脅威で、自分たちの立場、利権、“正義”が奪われてしまうと思うようになっている。だからネット社会に対して強い敵愾心を持っている。

 けれど、メデイア自身が言うほど、ネット社会にはフェイクでいっぱいになっているわけではなく、有益な情報がいっぱいある。だから実際に爆発的に広がったのである。みんなが既存の、利権やカネに転ぶメディアの信用ならなさに愛想を尽かしているのである。
 そのことについての旧来のメディアに反省の色はかいもくである。相も変わらず、ろくに勉強もしないで、テメエたちのイデオロギーに適う主張だけが正しいと思い込んでいる。

 ニュース解説にひっぱりだされる大学教授や評論家、ジャーナリスト、タレントどもも、原稿料をくれて意見公表の場を提供してくれるメディアにシッポをふるばかり。サヨク思想でバイアスがかかっているうえに、利権にあぐらをかいて勉強しないものだから、ネット社会ではバカにされ、やつら自身が立ち遅れたのだ。

 そもそも、トランプが大統領になれたのはネットでのフェイク情報のせいだと、既存メディアが声をあげること自体、図々しいにもほどがある。
 就任式が終わってもなお、既存メディアはトランプに対するアンチ・キャンペーンを続け、まさに反トランプなら何をしてもいいような風潮までつくりだし、紙面をかざっている。
 デモが先鋭化し破壊行為をくり返す暴徒を批判することもなく、暴動が起きるのは当たり前のことのように報道する。

 あるいはヒラリー支持だった民主党支持者の主張を全面的に正しいとして紹介する。ヒラリーの闇にはいっさい触れない。対する共和党でも、反トランプ派の見解や動向ばかり取り上げる。
 ヨーロッパ各国の首脳の見解も、反トランプばかりを紹介する。
 見苦しく一方的である。

 メディアは、常に自分だけが正しいとする。長年、正しい報道のみをしてきたんだから、ネット社会は常に扇動的で、ポピュリズムで、デマが横行しているという抜きがたい不信感でいっぱいのようだ。
 宗教はなにしても許され、弱者は常に助けねばならず、権力は常に悪であるというサヨク思想に毒されたまま。

 既存メディアのやっていることは、反トランプと、トランプ大統領おろしなら何しても良い、偏向していたって構わないという姿勢である。
 これは反日なら何をしても犯罪にならない、という中共や韓国の風潮とそっくりだ。
 韓国メディアばかりか、日本のメディアも、欧米のメディアも、自分の決めた正義に逆らうものはきっとレッテルを貼って叩く。

 自分の正義と異なる意見に対して、今回は「フェイク」と呼んで傲慢、執拗な攻撃をくり返すメディアの方がネット社会よりも危険である。
 既存メディアのほうが、利権にしっかり食い込んでいるし、権力に密着しているから汚れはひどい。ネットにはデマも多いし、くだらないものも多かろうが、既存メディアより自由である。

 デマを流し、また扇動的なのは、ネットより既存メディアのほうなのだ。たとえば、地球温暖化などというデマを流し続けたのは既存のメディアどもである。ネットのほうが、いろいろな意見が見られる。

 そも、マスゴミをつくり出したのはユダヤ勢力であり、今もその支配下にあるのだから、ユダヤの利権と安全のためならなんでも許される報道の仕方を確立した、その歴史を知れば、今の反トランプ現象やネットを嫌う性向も首肯できるというものだ。
 ユダヤのやり口は、それぞれに潜り込んだ社会において、自分たちの存在を脅かされないために、その国の社会においてあらゆる分野で傲岸不遜な姿勢で“指導者意識”を前面に押し出してくるものだったと思う。

 ロシア革命は、本当のところユダヤ革命だったとは、欧米では知られたことである。フランス革命もそうだったのだ。ロシア革命=ユダヤ革命のあと、世界中に広められた共産主義思想も、リベラル思想も根っこは同じで、みんな“指導者意識”が強い。

 ここにも「二分法」が貫徹されていて、“正”か“邪”か、“真”か“偽”かと問われ、正しいことは虐げられてきた弱者のユダヤにあり、そうでないものは悪として断罪されて良いとする論法である。
 そこからいつでも、オレが導いてやる、正義を教えてやる、反対意見を封殺するなら何をしてもいい、こういう傾向は、みんなユダヤ革命の流れに合致しているように、私には思える。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(3) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く同感です、マスコミの驕り昂りは酷すぎます、早く電波オークションと、新聞など資源の無駄と考えるべきかと、いい加減な記事で高い給料、一度新聞廃止しても困らないでしょう、NHKも税金紛いに金取る盗賊です、公共放送なら寄付金とボランティアで放送すべきと思います。
Posted by 政界ウォッチャー三十年 at 2017年02月09日 05:07
政界ウォッチャー三十年様
コメント感謝いたします。
おっしゃるとおりですね。民法TVもNHKもブッつぶしてやりたい。
Posted by 政界ウォッチャー三十年 様へ(ブログ筆者です) at 2017年02月09日 11:40
まったく同感です。
こういう意見が大きくなってほしいですね。
Posted by 神戸だいすき at 2017年02月10日 06:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。