2017年02月11日

ビタミンCとビタミンEの正しい摂り方


 ある方から無農薬・無肥料の国産レモンをたくさんいただき、このところ毎日賞味させていただいている。ビタミンCが摂れますから、と。無農薬・無肥料だとレモンの形はやや不揃いだけれど、そんなこと別にどうでもいい。味は抜群である。

 海外での産地がイタリア、スペイン、カリフォルニアなどで、温暖な気候を好む樹木だが、原産地はヒマラヤなのが不思議である。
 昔はなかなか国産レモンは栽培されなかったが、たぶん品種改良がなされて、栽培法も研究されてよく栽培されるようになっている。

 さて、レモンといえばビタミンC、ビタミンCといえばレモンというほどの代表格で、酸っぱさでも女王格というべきか。
 ビタミンCは重要なビタミン類で、動物はビタミン類を自分でつくることができるが、人間だけはビタミンCを自分で生成できない。だから必ず経口摂取しなければならないと教えられる。

 以前ブログに書いたことがあるが、薬局で売っているビタミンCの純粋粉末アスコルビン酸を毎日飲むようわが流派では推奨される。
 レモンはビタミンCの女王であっても、レモン1個程度では1日ぃの必要量は足りない。それで純粋粉末を飲むと良いというわけである。

 風邪は体内のビタミンCの不足でも起きるから、ビタミンCを常にとっていると風邪をひかなくなる。動物は自分でビタミンCをつくれるから風邪を引かないのだ。飼っているペットは人間化するので、もしかして風邪を引く。
 そこで1日に1000ミリグラムを取り、あとは必要に応じて(ちょっと咳がでるなとか、鼻水がでるな、熱っぽいなと感じたとき)1000ミリグラムを2〜3時間おきに飲む。

 ビタミンCは多過ぎると尿として排泄され、またタバコを吸ったりコーヒーを飲んだりすると著しく消費されるので不足する、それで2〜3時間置きに摂ると良いのである。一度に大量に飲んでも排泄されてしまう。
 私はそれを実践して、かれこれ30年以上寝込むような風邪は引いたことがない。

 生田哲著『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』(講談社+α文庫)にはこうある。生田氏のお嬢さんがアメリカ留学中に学友から教わったビタミンCの摂取法である。
 「ビタミンCの錠剤を1回1グラムずつ、30分おきに飲んでみたら、7〜8回の摂取でカゼの症状がすっかり消えてしまったのです」

 それ以来、少しでもカゼの症状があらわれたら、ただちにこの『ビタミンC療法』を実行しているのだそうです。通常でも1グラムのビタミンCの錠剤を朝晩1回ずつ服用して、健康維持に努めているのでした」

 生田氏は、ビタミンCはビタミンの一種だから、みんな微量摂取でいいと思っているら、それは間違いで、むしろビタミンというより一つの食品と思ってたくさん摂取したほうがいい、と。
 それに、ビタミンは水溶性だから過剰に摂取した分は尿と一緒に排泄されるから有害ではない、とも生田氏は説く。

 風邪といえば、分子栄養学の創設者・三石巌氏は95歳で天寿をまっとうされたが、『脳細胞は甦る』(祥伝社)のなかで、ご自分は風邪を引いたことがないと言っていて、それは偏りのない十分な栄養を摂っているおかげと、ものを考えるからだと説いている。
 ものを考えるとは、論理的に思考することで、「思う」レベルではなく「考える」レベルで脳細胞を働かせることだという。

 だから井戸端会議みたいなおしゃべりは、脳に緊張感が生じないから、アタマは良くならないし、風邪を引くのを阻止できない。その難しい分子生物学的機序は、『脳細胞は甦る』を読んでいただくとして、もう少し紹介する。
 三石氏は、脳細胞の活性化や病気にかからないためにはビタミン類をたっぷり摂ることだと説く。メガビタミン主義を貫いたとおっしゃる。

 大量のビタミンを摂るのが健康法なのだが、とりわけビタミンCは重要で、ボケや老化、癌などの原因を創る活性酸素を抑える働きを間接的に果たしている。脳の健康の第一はビタミンCを摂取することだと述べている。

 ただし、いくらビタミンCが良いからとて、それだけを大量に摂るのはかえって害がある。ビタミンCを摂ったら必ずビタミンEを十分摂らなければいけないというのだ。
 ビタミンEは小麦胚芽やアーモンド、大豆、シジミ、落花生などに多い。こういうものを意識して食べればいうことはないが、不足分はサプリメントで摂る。ここがちょっとやっかいである。

 ビタミンEがビタミンCの害を消してくれるには、合成品ではダメなのだ。天然ものでなければいけない。ビタミンEのサプリではカプセル入りと錠剤があるが、錠剤ならまず合成だろうと三石氏は言う。
 また天然とうたってあっても、ほとんどが合成でも天然をちょっと含ませるだけで温泉と謳えるので、安物はダメである。なかには「天然型」と銘打ってあって、まぎらわしいが天然物の型をとって作ったという意味になり、これも失格。

 温泉も、ほとんどが水道水の沸かし湯でも、スポイト1滴天然温泉の湯が入れば「温泉」と称して構わないというから、同じようなことである。それでは詐欺じゃないかと思うが、許可を与える木っ端役人は平然としている。
 ちなみに、三石氏はビタミンCに関しては、合成であってもレモンのような天然ものであっても分子構造は一緒だというが、ビタミンEでは合成と天然では構造がちがうのだそうだ。

     *     *

 天然物のビタミンEの場合、普通の大きさのカプセルには50単位しか入らない。ポーリング(ノーベル賞を2度とった化学者で、三石氏と親交があった)はビタミンEを1日800単位摂ったというから、おそらくこれは合成品だ。普通の合成品は、D型ではなくDL型である。二種の立体型の混合物なのだ。

 天然のビタミンEとして尊重されているものは、Dアルファトコフェロールである。このほかにビタミンEにはDベータ、Dガンマ、Dデルタの4種のトコフェロールがあるけれど、Dアルファ以外のものはいったん肝臓に納まっても、胆汁に混ざって捨てられるという事実が、一九九〇年代になってあきらかになった。

 ポーリングが摂った800単位のビタミンEも、おそらくそのまま排出されたのだろう。私のこの仮説が正しいとすれば、ポーリング夫妻はとんだ落とし穴にはまったことになる。
 ちなみに私は、吸収率を三倍から一〇倍に上げるように加工したDアルファトコフェロールを常用している。
(『脳細胞は甦る』より)
     *     *

 ポーリングは夫妻とも癌で亡くなっているが、友人の三石氏は癌の原因のもとはビタミンCの過剰摂取だろうと推測している。
 ポーリングは、メガビタミン主義で、ビタミンCを大量に摂ると同時に、ビタミンEの日々800単位(合成品1ミリグラムが1国際単位。天然物は0.67ミリグラムが1国際単位)も摂っていたというから、毎日800グラムも合成ビタミンEを(信じて)摂っていたことになる。

 だから、健康のため、美容のためと言ってビタミンCをたくさんとるのはいいけれど、そのビタミンC突出摂取の危険を回避するにはビタミンEをたくさん摂取しなければならず、さらにその質が問題になり、これを間違えると、ビタミンCの摂取がかえってカラダに害になってしまうというお話である。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。