2017年02月24日

島原の子守歌の魂(3/4)


《3》
 初めに紹介したHP「からゆきさんの小部屋」に“からゆきさんとは”として解説がある。「なぜそんな仕事を?」についての説明が以下である。

 「まず第一に貧困です。当時の日本は貧しい人が多く、カネをかせぐために娘たちが当てにされました。また、日本には室町時代から続く公娼制(女性を廓に閉じ込める管理売春)があり、親が娘を売って、受け取ったカネで生計を立てていく風景は珍しくなかったのです。国が、そういう権限を親に認めていました。家や親兄弟のために苦界に身を沈める娘は親孝行、と世間はみるのが普通でした。からゆきさんの場合は、かせぐ場所がたまたま国の外であったということです。」

 これは端的に解説されていて、付け加えることはないが、あえて蛇足を書いてみたい。まず、「家や親兄弟のために苦界に身を沈める娘は親孝行、と世間はみるのが普通でした」とあるが、このサイトの管理者は、心優しい人柄ゆえに、ここまでしか書かなかったものと思われる。『島原の子守歌』の4番は、

あすこん人(し)は二個(ふたち)も
あすこん人(し)は二個(ふたち)も
純金(きん)の指輪(ゆびかね)はめちょらす
金な どこん金 金な どこん金
唐(から)金げなばよ ショウカイナ

 とある。「あすこん人」とは、からゆきから帰国した女性のことで、成金となって「金の指輪」を2つもはめている、と歌っているのだ。金の指輪はどこの金なのか、といえば、唐、つまり外国で稼いだ…と続けている。なにしろ、あばら家で粟飯しか食えない郷土で、金の指輪をはめているのだから、目立っただろう。それを見る郷土の人たちの眼差しの複雑さと、それに耐えて突っ張って指輪を見せびらかす女の心が実によく表現されている。見事な詩である。

 この詩からわかるように、苦海に身を沈めた娘が親孝行とは、必ずしも思われていなかったと思う。嫉妬、軽蔑、賎業で稼いだくせにという蔑視、そんな感情がどろどろと渦巻くのが人間社会である。からゆきに行った女性も、貧困のなかで郷土に残った女性も、互いに憎しみや蔑みの思いを抱いて反目しあったとは、あまりに悲しい。だから「からゆきさんの小部屋」の管理者は書けなかったのだろう。

 ただ、からゆきを親孝行と見るか、だまされて行ったと見るか、誘拐されて連れて行かれたと見るか、それは個々のケースでもちがう。また、郷里で貧困にあえいでいるよりは、からゆきになって稼いだおかげで裕福な暮らしができたケース、あるいは身請けされて外国人と結婚したケース、性病をうつされて悲惨な生活を送ったケースなど、個々に見るとさまざまである。

 とくに世間で誤解している点は、売春とレイプは違うということだ。レイプはれっきとした犯罪だが、売春はしょせん商売だという見方は成り立つ。からゆきは悲惨だと、全般的には言えるだろうが、女は強いものでいったん覚悟ができてしまうと、「儲けたれ!」という心境になって、積極的に客引きをやるようになる場合もあったのだ。(体を)売ればカネになる女がいて、欲望を抱いた男がいて、つまりは需要と供給が合致すると見ることもできないわけではない。

 それに男のほうも、異国の地で売春婦とはいえ、心癒されることもあったのである。ドストエフスキーの『罪と罰』に登場するソーニャは娼婦だが、その心のありように誰でも感動するはずだ。感謝すべきケースもある。
 だからこうした場合には、弁証法性で見る、つまりもっと大きな歴史的視点、ないし過程性を踏まえて理解することが必要だと思う。
 そこで簡単に、からゆきの誕生から生成発展を辿ってみたい。

 島原の歴史はあまりにも悲しい。
 発端は、キリスト教宣教師どもが渡来したところから始まる。ザビエルが、すべての厄を運んできたのだ。当時は戦国の世で、国内は統一されておらず、国と国が互いに食うか食われるかの熾烈な戦いのまっただ中にあった。鉄砲が伝来して…というより、日本の内戦を煽ろうと、ポルトガルやスペイン、支那が鉄砲を売りにきたのだ。それにまんまと乗せられて、戦国大名、小名たちは競って鉄砲を輸入し、あるいは自作した。おかげで民百姓は重い税や賦役を押しつけられて、貧困にさせられたたのだ。

 ところが鉄砲は火薬がなければ役に立たないのであって、これを日本の領主たちが欲しがることを見越して、キリスト教宣教師どもは、耶蘇教の布教とセットにして火薬の取引を始める。九州の大友や有馬らは自らキリシタンになって、宣教師と友誼を結び、輸出するものがないから、領内の女たちをひっ捕らえて奴隷として売った。実に当時ヨーロッパには50万人もの日本人女性が性奴隷として運ばれた。

 白人=キリスト教徒どもは、世界に商売と植民地支配を拡大しつつあったので、兵隊や労役夫を、例えば鉱山とか大農場の百姓とかに必要とした。男を鉱山や農場で働かせれば、それを監督・監視するためにヨーロッパの男どもは現地にとどまる。そこで必要になるのが、女だった。男の労働者たちにも、性処理をさせなければならない、というより、一度与えた賃金をまた巻き上げる装置として娼館が作られたのである。

 アヘンやタバコの吸引をさせたのも、労働者を服従させるためと、アヘンやタバコの売り上げで、再度儲けようという白人どもの悪辣さなのである。そうした売春や麻薬を扱う仕事をさせるために、白人=ユダヤどもは、世界中でマフィア、ギャング、ヤクザといった裏社会を利用、ないし意図的に育てた。世界的な資本主義経済体制の伸張と、戦争ないしヤクザによる売春、麻薬は「直接」の関係にある。

 これをキリスト教徒と称する連中は堂々やったのだから、後に少々廃娼運動をやったからとて、歴史の汚点は消せるものではない。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☁| Comment(1) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男子の非行は叩きのめせば、矯正できるが、女子の非行は,矯正は無理

なぜなら、女子の非行=売春、麻薬、などなどは、結局「快楽」と同価だからといわれます。

だから、この問題は、歴史上葬り去られる、扱いが難しいのです。
Posted by 神戸だいすき at 2017年02月24日 16:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。