2017年02月28日

クルマの選び方(2/2)


《2》一流の自分を創るために乗る車
 昨日、躍動感と言う言葉を使いましたが、人間に躍動感を付けるためにクルマを活用した話を紹介します。
 昔、まだ庶民にはクルマが高峰の花だった時代のこと。ある男性が大学を卒業して小学校の教師に赴任しました。小学校の先生ではとても自家用車など持てない時代です。しかし、彼は借金してでもクルマを買うことを勧められ、素直に実践しました。そして最初はそれこそ軽自動車から始まって、勧められるまま、給料があがるごとに無理してでも上級クラスのクルマに買い替えていったそうです。

 おかげでその男性は、トントン拍子に出世して、若くして校長になり、やがてその県では最年少記録の教育委員になったそうです。
 これはどういうことかと言えば、クルマによって認識の躍動感を養成したから、なのです。脳細胞が生き生きとし、躍動するようになるために、次々に良いクルマに買い替えて乗ったわけです。

 認識に躍動感が出るとは、例えば引っ込み思案ではなくなり、どんどん積極的に仕事をこなし、意見を堂々と言い、人を率いて行くことが好きになり、怠け癖が消え、背筋がシャキッとするようになることです。それを周囲の人は見ていますから、トントン拍子に出世していき、人から頼られていくのは当然のことなのです。

 ですから、鬱だとか、どうも性格が暗くて消極的だという人が、自分を変えたければ、派手なスポーツカーでも乗って、高速道路をぶっ飛ばすといいのではないでしょうか。そうやって日常生活で良いものと自分の認識を相互浸透させるわけです。
 高速をぶっ飛ばしても安全なように、次にはABSだとかの安全性確保が大事になるわけです。

 わが流派では、「車は感動を買うと思えば安いものだ」と言われます。感動!ですからね。これは軽自動車ではどうにもならないのです。みんなが平伏するような車、憧れるような車でないと、感動にはなりません。これは見栄ではありません。

 最先端の技術が積まれているとか、室内インテリアは高級な革シートとか、天童の木目パネルであるとか、オーディオも最高品質だとか。それにホイールはBBSで、ステアリングも…というように、それぞれのパーツでも名の知れた一級品をそろえていけば、それはそれはモノが違いますから、感動もいや増しになるわけです。
 そういう技術者の英知の結晶が車ですから、その技術者の最高の認識=魂をもらえるわけです。

 それに車種の中のグレードも大事です。つまりスタンダード・レベルではどうしても見劣りがします。超デラックスのレベルでないといけません。例えば社長同士がゴルフ場に行くとしまして、ゴルフ場の駐車場に車を止めたときに、自分の車が、A社の社長の車やB社の社長の車と同じベンツでありながら、グレードの低いベンツであれば、当然見下げられた気分になり、ステータスを失います。だから車種の中でも一番高いグレードを選ばなければなりません。
 車はとてつもなくカネがかかるんです(笑)。

 教師にしっかりしろと書いた流れで続けると、思想性の高みがないから生徒にバカにされるのであり、これはどんな職業であろうと。生きざまであろうと共通しています。
 思想性の高みは日常生活のなかで創られます。飯の食い方、歯の磨き方。服の着方、そして会話の仕方にそれが全部現れます。だからクルマなのです。

 例えばアウディが世界一の車だとしたら、その世界一の車を創った技術者(あるいは経営者)の思想性の高みが、アウディという実体を創ったのですから、われわれがアウディに乗るとは、その世界一の車を創った技術者の魂をも受け取るように乗るべきなのです。ただ自慢たらたら乗るものではいけないわけですね。

 これは女性がグッチの鞄のような一流品を身につける場合もそうなのであって、単に欲しいから、自慢したいから、では自分が一流になる目的には関係ありません。グッチの思想性の高みを相互浸透する目的で身につけるべきなのです。

 従いまして、自分がアウディを運転するのではないのです。アウディが自分を運転させるのです。“自分がアウディに乗る”のではないと思います。これが最初に書きましたように、車を選んで乗ることは、自分が文化を背負っているという自負を持つため、育てるためのツールが車であるとともに、自分を一流の何か(医者とか、指導者とか、芸術家とか)に位置づけた車に乗ることの実践的なあらまほしき姿なのです。
 
 クルマに興味がない人は、ほかのもので替えるしかないでしょう。着る服とかに…それが何かはご自分で判断していただきたい。ただ一点豪華主義(スーツはボロでネクタイだけ最高級品など)はいけないようです。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。