2017年04月24日

小説『あのころはそれがプルメリアだった』(第4回)


〈ドイツ人の、畑〉

 夕方。焼きはらわれたサトウキビ畑を前にして農夫の兄弟が二人、肩をおとしてしゃがみこんでいた。B24爆撃機の落とした焼夷弾で、彼らの畑がほぼ全滅になったのである。畑にふみこむと、地下足袋を通して地面の熱が伝わってくるほどだった。
「どうもなあ」弟の農夫がつぶやいた。「早くに連合艦隊に敵さんを追い払ってもらわないことには、手も足もでないのかな」
「本当に何しているんだろう、連合艦隊は。おびきよせて叩くという話だが、わしらの身にもなってほしいよ」兄の農夫はそういってツバをはいた。

「海は四方を敵に囲まれて、輸送船の出入りもおぼつかない。空は敵の飛行機がわがもの顔だ。これじゃサトウキビ畑どころか、食べ物にもこまるぞ」
「くそ、ドイツ野郎のツケをおれたちが払わされるぞ、こりゃ」
「ドイツ野郎がどうした?」
「ああ、プルメリアは日本が来る前はドイツが支配していただろ。そのドイツ人はな、プルメリアでヤシやイモやサトウキビの栽培をしていたんだが……」

「そうだな。ここの畑も道路もドイツ時代のものだな」
「お前も知ってのとおり、プルメリアは南洋の土人ははたらかない。カネなんかなくたって、バナナやパンの木がいくらでもあるのだから、それをもいで生活していればいいんだ。ドイツ人はな、だからプルメリア人がはたらかないのだと思って、バナナの木やパンの木を切り倒したのだ。はたらかないと食べていけないようにしたのだ。おかげでプルメリア人をはたらかせて、ドイツ人がほしい農作物なんかをつくれるようになったんだ。

 …さて、こういう戦時になると、なくてはならないのは食料だ。もともとプルメリアにはバナナもパンの木もたくさんあったのに、今では野生の木なんかありゃしない。もしもアメリカ軍に兵糧攻めにあっても野生の食物を食べてかなりもちこたえられたかもしれないのに、ドイツ人が根こそぎやっちゃったものだから、お手上げなんだよ、おれたちは」
「ドイツは日本の同盟国なのに……」

「何をいまさら。それにドイツは日本と同盟する前は支那をそそのかして戦争にまきこんだ張本人だった」
「あ〜あ、自然のままにしておいてくれたら……か」
「まさかこうなるとはだれも思っていなかったってことさ」
「アメリカを追い払った暁には、山にバナナやパンの木をしこたま植えよう」
「そんなことをやっても、もうからない。サトウキビから工業用アルコールをとるほうが国策でもある。それに、プルメリア人たちがはたらかなくなる」
「まったくだ」
 二人はそういって、ため息をついた。



〈しょうがないわよ、おくさん〉

「回覧板ですよ」
 表で声がしたので、洋品屋さんのおくさんは店先に出ていった。となりの床屋のおかみさんが、ねむそうな顔をして立っていた。夜も空襲の不安があるので、よくねむれなかったのかもしれない。
「あら、すみません」
「いいえ。……でもおくさん。この回覧板では、おたくで飼っているネコちゃん、始末するように言ってきたのよ、警察から」
「えっ、なんですか」

 洋品屋のおくさんはあわてて回覧板に目をとおした。
 もしもアメリカ軍がプルメリアに上陸してきたら、イヌやネコは足手まといになるから、いまのうちに殺すように、という通達であった。日本人がかくれているところへ、家族をさがしてイヌやネコが鳴いてきたりしたら、すぐにアメリカ軍にわかってしまうからだと。
「そんなこと、できないわ」
 洋品屋のおくさんはあおざめて、もう泣きそうだった。

「お気のどくですけど、この非常時ですもの。ご自分でしまつできなければ警察が処分してくれるそうよ」
「そんなひどいこと。ういちのタマは私が沖縄にいるときからかわいがって、家族同様にずっと……」
「しょうがないわよ、おくさん。あきらめるしか。だってそうでしょ、ね」
 床屋のおかみさんは、そう言いながらあとずさりして行ってしまった。
 洋品屋のおくさんは、その晩、タマを抱いて寝てやった。幸い、アメリカ軍の戦闘機は、夜はやってこなかった。 
 つぎの朝、おくさんはタマのすきな煮干しをすこし食べさせてから、泣きはらした顔で警察へタマをだいていった。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。