2017年06月06日

「地球温暖化」はポリティカル・コレクトネス


 トランプ大統領が、アメリカはパリ協定(気候変動枠組条約)からの離脱を宣言したことで、マスゴミはいっせいにトランプを非難しはじめた。トランプはやっぱり悪い奴だというのだ。
 日本でもそれに同調して、政府もマスゴミもトランプは人類の敵だの、怒りを覚えるなどと最大級の罵詈雑言。

 まったく勉強しないで、良い子になりたがる奴ばっかり。
 実際問題として地球全体としては温暖化していないし、二酸化炭素も多くはなっていない。因果関係もない、と科学の見地からは段下されているのに、温暖化阻止は絶対正義だとか、エコがいいんだとか、マスゴミが煽り、多くの大衆が地球規模で賛同している。
 バカ言ってんじゃないよ〜♪

 昔から、地球温暖化は科学者のあいだでは、こんなものは科学ではなく「政治」だとわかっていた。ところが科学者のなかにその動きに迎合するバカが出てきて、政府の諮問機関の委員になったりして金儲けを企んだ。
 科学者たちが勇気をもって、地球温暖化はウソだと発言すれば、これほどまでに「国際詐欺」が大手をふって跋扈することはなかったろうに。

 マスゴミも地球に優しくなどと言っていれば楽に記事が書け、政府や経済人が渋ると、それっとばかりに攻撃することができる。逆に地球温暖化や「地球に優しい」やエコに逆らえば、テメエたちの新聞が売れなくなる。で、大ウソに迎合してきた。

 トランプはパリ協定から離脱すると言ったが、実際に離脱できるのは3年半後だとかで、「すぐに」の話ではない。離脱が実現するころは、トランプは二期目の大統領選の真っ最中だから、どう転ぶかわかりはしない。
 それに二酸化炭素と地球温暖化の話がウソだと、科学の話はいっさいしないで、アメリカの利益に反するから止める、というのみである。「あんなものはウソだ」と、世界の指導者たちはわかっているだろうに、それを公言しないのは、日本苛めが背景にあるのだ。

 京都議定書のときは、日本だけがバカを見る体制にして、欧州諸国はずるをやった。今度もそんなものだろう。

 パリ協定もポリティカル・コレクトネス(political correctness)の一種である。
 ポリティカル・コレクトネスとは、「日本語で政治的に正しい言葉遣いとも呼ばれる、政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別・偏見が含まれていない言葉や用語のことで、職業・性別・文化・人種・民族・宗教・障害者・年齢・婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現を指す」とwikipedia では解説するが、最近では逆差別として批判される。

 人種、民主主義、人権、平等、などのように、誰もが反対できなさそうな概念で、人の意見や行動にレッテルを貼って非難する。地球温暖化だとかエコなどもそうであって、反対する意見は頭から排斥される。
 本ブログでも例えば、同性愛や性同一性症候群なんかは精神病だと断言したことがあるが、山のように「差別だ」非難のコメントが殺到したものだった。

 こういうのをポリティカル・コレクトネスというのである。マスゴミも教育界も政治の場でもこれが跋扈している。科学的検証が許されない。日本では憲法9条がそれになっている。サヨクどもがポリティカル・コレクトネスにしている。

 だからトランプはパリ協定はポリティカル・コレクトネスだから、正気に戻ろうと言えばいいのに、それは言わない。しょせん、彼はビジネスマンでしかなく、科学は考えられず、人類の歴史に残る政治家になる気はないのである。



posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(2) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうかな・・・トランプは、自分の支持層に理解できる言葉を使っているのではないでしょうか。

また、身を守るためにも
Posted by 神戸だいすき at 2017年06月06日 18:28
神戸だいすき様

そうかもしれませんね。
Posted by 神戸だいすき 様へ(ブログ筆者です) at 2017年06月06日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。