2017年07月11日

前川喜平は役人のクズのクズ


 「加計学園」の件で10日、衆参両院で閉会中審査が行われ、野党側の参考人として前川喜平元文科事務次官が呼び出された。改めて発言を聞いても、国会で大騒ぎするほどの問題とは思えない。
 支那が安倍首相追放を企んで、野党と左翼メディアにカネをバラまいて、騒動を長引かせているのであろう。

 国会審査が行なわれる10日の朝、毎日新聞は一面トップで自社のアンケート結果を記事にした。
 獣医学部のある既存の16大学に毎日新聞が独自にアンケートを実施し、すべての大学から「獣医学部新設賛同なし」の回答を得、とりわけ5校は絶対反対を表明したというのである。
 つまり加計学園のような獣医学部新設による“過剰供給に懸念”は表明されたと。

 よりによって衆参両院で閉会中審査が行われる日に、野党や前川に有利になるような記事をぶつけてきた。
 はっきり言ってこんなアンケートは無効である。
 毎日新聞は「大学から回答があった」と、図々しく言うけれど、いったい大学の誰が回答したんだ? 新聞は私企業である、そこからアンケートが送られてきたとか電話がかかってきて尋ねられたといっても、いわゆる正規に答えなければならないものではない。

 学長が書名して答えたのならいくらかは信用があるかもしれないが、「大学から」では事務員が答えたんだか、守衛が勝手に答えたんだか不明である。
 バカな読者はこれで騙されるだろうが、そうは問屋が卸さない。
 責任がどれほど取れる役職の者なり、公式見解として出されたものとは言えないのは、すぐ気が付く。読者をバカにするな。

 「この他、獣医学部新設を巡る一連の問題には『教育行政を内閣が主導で行うことの危険さを感じた』『獣医師の状況に理解がない』などと批判が目立った。」
 と、こう書くが、なぜ危険なのか、どこに問題があるのか、どういう理解がないのかには全く触れないのは、卑怯な記事である。

 10日の審査会で、前川喜平は、自らの関与が認定されて事務次官を引責辞任するきっかけとなった天下り問題に及ぶと、気色ばむ一幕もあった。自民党の青山繁晴氏が、文科省が天下り先確保のために獣医学部の規制緩和を認めていないのではないかと指摘すると、「天下り問題と獣医学部設置の問題を結びつけるのはありえない」とムッとした態度をとった。

 天下りと規制緩和(許認可)が明らかに結び付いているのに、前川はどのように「関係ない」と言いきれるかを述べはしない。スッとぼけたのだ。
 全国の大学には、文部科学省の役人が天下るか、もしくは仕事のろくにないのに出向してのさばっている。

 例えば、海外からの留学生受け入れを増やしてきたのは、文科省の木っ端役人を出向させたり天下りさせたりするためである。主に支那からの学生を駅弁大学なんかに大量に留学させ、支援金をバラまくのは、文科省の木っ端役人を送り込むためである。
 やらないでいいことを、役人が出向や天下りのポジションを得るためにゴリ押ししたのである。

 文科省に限らないだろうが、官僚機構はピラミッド型の組織で、ヒラから係長、課長へと出世していくにあたって、役職の椅子は全て用意されているわけではないから、はみ出る者が出る。はみ出たものは文科省内にとどめておけないから、ひとつには全国の大学に出向させるしかない。

 だから文科省が大学の許認可権を握って離さない。すべて自由競争にすればいいものを、それだと不要になったり出世に負けた役人の持っていきどころがなくなる。
 獣医学部に関しては、そうした利権が牢固として存在したにちがいない。

 よって、私企業たる毎日新聞が、獣医学部の新設はどう思いますか? とアンケートを大学にだせば、文科省の出向した役人や天下ったOBなどが、文科省の意に沿う回答をせっせと書くに決まっている。だからこんなアンケートはイカサマである。
 新聞社にも各大学に定年後の記者を受け入れる枠があるから、立場は文科省と同じである。奴らがつるんで「獣医学部新設に賛同なし」の回答をデッチあげる。

 日本の文化もジャーナリズムも底の底を打ち、そしてさらにこうして底なしの堕落の様相を呈する。
 大学が文科省の木っ端役人どもの植民地と化せば、真面目な大学教員が困るし、子供たちが犠牲になる。教育のなんたるかもわからない文科の木っ端役人が事務員になって口を出し、授業もできないくせに教授になる。

 虎ノ門ニュースで武田邦彦氏が、文科省の許認可権と天下りには、どこの大学も困り果てていると嘆いていた。不正の温床だと。
 憲法改正で教育の無償化が俎上にあがるようだが、そんなことをすればまた文科の役人が大量に出向や天下りでウハウハになるだろう。それより学力の低下を国会で議論するほうが先決だろうに。
 教育を無償化するのなら、まずは文科省を解体してすべて自由競争にしてからだ。

 前川は不法な天下りを政府から咎められ、辞職させられた。それを逆恨みして、自分が行政を歪めたくせに内閣府によって行政が歪められたと詭弁を弄している。支那の言いなりになって安倍下しをしゃにむにやりたいメディアがそれに乗って、前川は優秀な役人だ、英雄だと褒めそやしている。
 一刻も早く前川は逮捕投獄すべきであろう。




posted by 心に青雲 at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。