2011年08月27日

円高は誰のために起こされているか(2/3)


《2》
 そもそも、日本経済は輸出産業に牽引されているし、それが国家の利益になるとインテリも大衆も思い込んでいるが、そんな考え方はもう古いし、第一弁証法的ではない。
 経済を動かざるものと勘違いしている。

 現在は、輸出産業と輸入産業の売上高はほとんど同額になっている。
 2009年の財務省の統計では、輸出総額は54兆1706億円、輸入総額は51兆4994億円である。
 輸入ばかりでは赤字になってしまうという心配があるのだろうが、世界の経済構造、産業構造はいつまでもそうではあるまい。

 世界中が持ちつ持たれつになって互いに発展すればいいではないか? 日本だけが貿易黒字になっていれば安心で、日本の相手国は必然的に赤字になればいいのか?
 
 日本のような経済大国が、資源はあるが貧乏な後進国から先ず輸入することで、相手国も豊かになって日本のものを買ってくれるようになるではないか。
 相手国は、日本が輸入してくれなくなったら自分の国のものが売れなくなって困る。だから日本から優れた製品を買えば、その原料になるものを自分の国から買ってくれる。
 必然的に貿易の総量が多くなる。これでいいではないか。

 そういう互恵関係になっている。
 こう捉えるのが、素朴ながら弁証法的な捉え方であるし、まともな商人(あきんど)のやり方である。

 貿易の総量が増大することが経済の発展の礎であるという考え方を、中国は(共産主義を捨てて?)とったから、大躍進を果たした。ただやつらはカネも技術を借りて、踏み倒す手口でここまでのし上がったが、それはユダヤ金融資本が認めたからでもあった。
 アメリカをそうしたように、中国を肥えたブタにしていずれ、がっぽり資産を奪い取る計画だからであろう。 
 
 話を戻せば、なぜ円高は大変だとか、日本は輸出で成り立っている国だとかいう説を、政治家も官僚も経済学者も、またメディアも金科玉条のごとく唱えるかと言えば、ここでも主として旧通産省(現在の経済産業省)の権益に関わるからだと、日下公人氏が説いている。

     *      *     *

 貿易黒字を増やせば良いというのは、通産省(現・経済産業省)の思い込みである。通産省は戦争直後は貿易庁と言ったくらいで、貿易を自分が管理していると思っているが、なぜ「貿易はバランスで良い」と言わないのか。

 それは、貿易で輸出を増やすほうに、通産省の権益があるからである。通産省は輸出振興にたくさんの税金を使っているので、大学生の頃、私はこんな輸出振興は国民にとっては損だと主張していた。
 だから、今、円高になって輸出が少なくなって黒字がなくなることを喜んでいる。

 円高対策として、企業はどんどん海外進出をしているが、発送を変えて、生産品目を変える道もある。同じモノをいままでどおりつくろうというのは、会社の中に年寄りが多いからである。

 たとえば、トヨタが、同じ自動車をつくるのでも、これからは軽自動車をつくればいい。(中略)今はようやく、2011年秋からダイハツから供給を受けて、トヨタは軽自動車を売ることになった。
 つまり、企業にフレキビリティがない。それはフレキシビリティのない社員が多いからである。

 これが年功序列の悪いところで、アメリカであれば「もう君の仕事はないよ」とクビにしてしまう。仕事がないというのはクビ切りの一番の理由で、「この部門は閉鎖です」となる。しかし日本では、クビにしてはかわいそうだから、「何か新製品を考えろ」と別の部署に移動される。

 昔の人はそこで一所懸命に考えて新しい仕事を作った。しかし、このごろの人は「無理です。私にできる仕事を言いつけてください」と言う。「それではおまえ何ができるんだ?」と聞くと、「教えてください」になる。 手取り足取り教えてくださいと言う。
  (中略)

 イギリス人のように、日本人も「構造転換はなるべくしたくない」国民になってしまったのだろうか。イギリス経済は沈没しているが、日本経済もそれを見習うのか。
 そうならないためには、発想を変え自分を変えればいいのである。
 (『2011年〜 日本と世界はこうなる』WAC刊)

     *      *     *

 日下氏は、日本経済が沈没しないためには「発想を変え自分を変えればいい」と説くが、私はこれはもうほとんど不可能であろうと思う。
 イギリス人がそうであったように、変われないのである。一度隆盛を誇った国家は、必ず衰退してゆくからである。それが歴史の必然である。
 
 誰もが、日本はこれではダメだと思いつつ変わろうとはしない。
 問題はユダヤ金融資本の言いなりに「羊毛刈り」にあっていることとか、官僚支配国家だからだとか、在日に支配されているとかが日本のクビを締めているということなのに、新聞の言いなりになり記事を鵜呑みにして、本当のことをわかろうとしない。

 円高は困ると騒ぐのは、官僚が経済評論家やメディアを使って大衆を洗脳しているのであり、それは国家の大計のためではなく、アメリカの利益のためであるし、また自分たちの権益を守るためであると言ったとて、「まさか」の一言で見向きもしないのだ。
 やっぱり世界経済の先行き不透明だからでしょ? となんとなく納得してハイおしまい。







posted by 心に青雲 at 06:34| Comment(2) | 評論 | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

円高は誰のために起こされているか(1/3)


《1》
 またしても円高が進んでいると騒いでいる。
 半年前は1ドル80円台で推移していたかと思うが、今や70円台になっている。この先はといえば、50円か40円になるのはもう見えている。

 メディアは円高になる原因は、株安と同じく世界的に景気の先行きが不透明になる懸念を投資家らが抱いているからだと説明する、というか、記事には必ず「米国など世界経済の不透明感が要因で円高になっている」と書いているが、これはもうほとんど「枕詞」に等しい。

 枕詞だというわけは円高の本当の説明になんかなっていないからだ。
 本当は八百長だと言う度胸のあるメディアやアナリスト、為替ディーラーなどはいない。
 以前紹介した鬼塚英昭著『ロスチャイルドと共産中国が2012年、世界マネー覇権を共有する』(成甲書房)とか、宗鴻兵著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス講談社)を読めば、こういう金融恐慌とか、世界株安とか、為替変動とかはみんなユダヤ金融資本家が操っているのである。

 疑う方はぜひこの2著を読まれたい。これまでのユダヤによる騙しの歴史がしっかり書かれている。今度の円高も結局はユダヤ金融資本が仕掛けているのである。
 多くの大衆は、経済のことなど分からないし、円高がなんであるかもわかっていない、だから専門的知識のある経済評論家や新聞の言うことをただ鵜呑みにするばかりである。
 「世界経済の不透明感が要因」だと言われれば、なんとなくそういうことなんだと思うのみ。

 そしてこれは以前にもブログで説いたことだが、円高だと日本は損をする、大変なことになる、貿易で儲けられなくなって今より不況になると脅される。ユダヤ金融資本家の陰謀であることを置いておくとしても、これが何ともおかしいことなのだ。

 円高というとかならずトヨタが引き合いに出され、円が対ドルで1円高くなるだけで1日に何百億円だかも損をするんだという。そして経団連の会長だかがしゃしゃり出てきて、政府による為替介入を要請し、円高をストップしてくれろと懇願するのだ。

 これぞ、端的に言えば弁証法のない経済そのものではないか。

 簡単にいえば、世界的な視野に立てばいいだけのことなのに、誰もが日本だけ見て「うろたえなければいけない」みたいな説教調になる。
 しかし日本を世界のなかに置いてみれば、今後も円高基調になるのはわかりきった話で、少々ユダヤ金融資本が邪魔しても、基調はそう動かせるものでもなかろう。ユダヤはその基調を裏で作りつつ、かつ、利用して大儲けしているのだろう。

 なぜ円高になるかといえば、日本は他のアメリカやヨーロッパに比べると産業も経済も強い。上質なものをつくる技術力もあるし、治安も良い国だからである。約束もちゃんと守る。対外債務がない。これだけ政治がぐちゃぐちゃになっていてもなお、円高基調に揺るぎない。他の国はもっと悪いのだ。

 例えばアメリカは売るものがほとんどない。兵器産業くらいだろう。だからやたらに戦争を起こす。あとはトウモロコシ、小麦などの農産物に、映画など娯楽産業、航空機、特許、金融商品程度だ。だからドル安にしかなりようがない。

 新聞がいつもトヨタを引き合いに出して、円高は日本が大損をこくんだと叫ぶが、それはトヨタとかの輸出産業を主としている企業にだけ目を向ければの話である。輸入している企業が万歳万歳であろう。儲かっている企業が、周囲からやっかみを受けるから、ウハウハだとは喋らない。円高で困る企業だけが声を上げるし、なんでも悪い悪いと暗くなることを言うだけが商売のメディアが、しつこく記事にするから、大変だ!となる。
   
 そしてもっと政府や日銀が為替介入すべきだと煽る。記者はいつも警鐘乱打の記事を書きたい動物なのである。大衆を不安に駆らせるのが使命だと思い込んでいるかのようだ。

 しかし円を売ってドルを買うということで、一時的に円高を止めることができても、円は強いしドルは衰退の一途なのだから、無駄である。
 鬼塚氏は、ドルを買うというのは結局は米国国債を買わされているんだと説明している。

 すなわち、アメリカが米国債を日本や中国に買わせるために円高ドル安にしているのだ。アメリカはもう自力ではドル安を阻止できない。貿易で大儲けできる素材がないからだ。金持ち国家日本をテメエの財布代わりにして絞りとるしか手はない。
 これからまた八百長の大統領選挙が始まるので、オバマを筆頭に候補たちは経済を上向きにして雇用を創出する政策をやってみせないと、当選が果たせないと考えれば、いっそう米国債を日本に買わせようとして、円高を仕掛けてくるのだ。

 決して、資本の自然の流れとか、投資家の先行き不安とかで為替が変動するのではないからだ。
 円高は、単純に言っても、輸出産業には損だが、輸入産業は得をする。経済は均衡するものである。こんな簡単なことすら新聞記者もアナリストもわかっていない。

 同じ会社でも、片方では輸入して、製品を作って価値を高めて輸出しているとすれば、損でも得でもない。ただ一時的にはどちらかに傾くことはある、というだけである。損したときを捉えて「大変だ、大変だ」と騒ぐのでは中学生にも嘲笑われるだろうに。

 一時的な為替の変動や貿易不均衡でいちいち騒いでいるのは、メディアの常で、これを目先の議論という。メディアは「今日、たった今興味をひく記事」を大衆に提示するのが商売で、10年後、20年後の国家の大計に基づいて書こうとする記者はいないようだ。トヨタは1日で何百億円損すると騒いだほうが記事になる。長い目でみれば円高は日本に有利だと説くものがない。

 そもそも日本だけが貿易で儲ければいいのか? 円高でということなら、例えば日本から優れた工業製品を輸入している国は大喜びであろう。それで儲けさせてあげれば、その国は経済が発展して、今後もっと日本から優秀な製品を買うようになってくれるかもしれないではないか。

 日本は円高で原料や部品を輸入するにあたっては安くなって嬉しいけれど、日本に原料を提供している国は損が発生している。それはザマミロということなのか? ずいぶん身勝手な考えかたではないか。

 生き馬の目を抜くのが国際社会の商売だというかもしれないが、それはユダヤや中国のやり方である。われらの先達、二宮尊徳は決してそういう商売をしろとは言わなかったはずだ。





posted by 心に青雲 at 07:07| Comment(1) | 評論 | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

開高健、心の闇の正体(4/4)


《4》
 開高健は自分の鬱病を医者にもいっさいかからず、薬にも頼らずに治した…のではなく、開高流の言い方をすれば「うっちゃった」のであった。薬には頼らなかったとはいえ、アルコールには頼りっぱなしだったが。

 まして開高は無類のタバコ好きであった。若年のころからヘビースモーカーだったようだ。私はタバコはいっさい吸ったことがないのでよくはわからないが、紫煙をくゆらせている「至福の時間」というものは、内面との対話には格好のおもちゃなのではないか。激しい運動をし、外界を反映しながらではタバコは吸っていられない。勢いタバコは静止してじっくり内界の反映(心のなかでの自問自答)を促しているかのようになる。
 だから鬱というものを、ある種仮病でやっている人にとってタバコはそれにどっぷり浸らせてくれる薬にもなってしまうのではないか。

 『開高健の憂鬱』の著者・仲間秀典氏は、開高の精神病についてこう説く。
 「開高のこのような性格特性を考慮すると、彼の五十八年十一ヶ月の生涯のなかで、躁鬱の双方の病相の時期が存立したと推察すること、言い換えると躁病を一つの病相として含む双極性躁鬱病と診断することは、臨床的に十分可能である。
 
 前者はこのような躁と鬱の並存を基盤とした仮説であり、『輝ける闇』を執筆する数年前に軽躁状態に陥り、行動意欲が高揚して頻繁に海外旅行を試みたとする推論である。開高が一生のなかで鬱状態と軽躁状態を数回繰り返したとみなす山田和夫は、彼を典型的な「内因性躁鬱病」と診断している。」

 開高は躁期と鬱期で作品を書き分けていたらしいのだ。その時期がどうなっていたかは、仲間氏の著作に詳しい。

 さて、私は作家・開高健は本当はどうやって鬱状態から(薬を使わずに)脱出すべきだったかを最後に書いて本稿を終わらせたいと思う。
 開高を評した作家や評論家は共通して指摘することだが、小説を書こうとして部屋に閉じこもって原稿用紙に向かっているときは、気分が鬱になるのである。そこで彼は戦争ルポを書くためや、釣り竿片手に世界中の海や河を渡り歩いたのだが、その間は見事に鬱から抜け出ているのである。

 取材とルポを書き終えて、また本業のノンフィクションを書こうと机に向かうと、鬱に襲われる。その繰り返しだったようである。

 開高は書いている。

  *     *     *

 ……石川淳氏と会って酒を飲んだとき、バクチでもいいから手を使えと孔子が言っているぞ、と聞かされたことがあります。……これがその夜の私にはたいそうひびき、いまだに忘れられないでいます。ヒトの心のたよりなさ、あぶなっかしさ、鬼火のようなとらえようのなさをよく見抜いた名言と感じられたのです。

 孔子が太古の異国の哲学者というよりは現代の最尖鋭の精神病理学者のように感じられたほどです。現代人は頭ばかりで生きることを強いられ、……これでは発狂するしかありません。発狂か、自殺か、または、そうでなくても、それに近い状態で暮らすか……孔子のいうようにバクチでもいい。台所仕事でもいい。……手と足を思い出すことです。それを使うことです。私自身をふりかえってみて若くて感じやすくておびえてばかりだった頃、心の危機におそわれたとき、心でそれを切り抜けたか、手と足で切り抜けたか、ちょっとかぞえようがありません。

 落ち込んで落ち込んで自身が分解して何かの破片と化すか、泥になったか、そんなふうに感じられたときには、部屋の中で寝てばかりいないで、立ちなさい。立つことです。部屋から出ることです。
 (『知的経験のすすめ』)


    *      *      *

 鬱から抜け出すのに、手と足を使えとは、まあいい線はいっている。実際、開高はそれで自分をある程度治したのだろうし、部屋から出てもまた部屋に戻ってくるから、同じことの繰り返しだったとしても、当たらずとも遠からずの正解には近かった。

 孔子が鬱の治し方を言ったかどうかは定かではないし、石川淳氏も半端なことを呟いたものであった。
 開高が自宅の部屋にたれ込めて小説を書こうとすると鬱に襲われるというのは、一つには結婚した相手が悪すぎたせいもあろうし、だから開高が何人も愛人をこしらえて逃げたせいもあるが、それはこの際、どうでもいい。

 精神病の原因を考える際に、大事なことはあくまで認識とはいかなるものか、という学問としても捉え方である。
 認識は対象の反映であるというのが、認識形成の原理である。だから開高が鬱になるのは、まずは外界の反映に依るのだ。
 開高が海外へ出かければ反映が強烈に変わるから、認識が大きく変化するのである。だから毎日嫌な奥方と顔を突き合わせていなければならない自宅にいれば、反映したくない事物事象を24時間反映してしまうから、(簡単に言えば)憂鬱になってくる。海外へ出れば、もしかして愛人ともおおっぴらに逢えるし、同伴もできようし、異国の風物に接してウキウキした感情のままに反映するので、憂鬱は解消されるのだ。

 それと孔子が言ったとかいう「手や足を使え」というのも、これは末端の感覚器官を磨くからである。自宅にいて、ゴロゴロ寝転んで、酒とタバコの日々を送っていれば、手も足も使わなくなって、感覚器官は極端に鈍くなり、だから外界の反映も悪くなり(反映しなくなり)、自分の内界の声にばかり耳を傾けるようになる。

 ただし「バクチでもいいから」はお粗末な譬えである。何もしないよりいいかもしれないが、本当は意図的意識的にこれまでやったことがないような手と足の動きをすることなのである。
 開高が趣味とした釣りは、やらないよりいいレベルである。河の中を移動するのは多少運動にはなるが、河の中でじっとしていなければならないから、あまり運動にはならない。

 海での釣りは船に乗るだけで動かないからダメだ。とはいえ、作家として机の前に座り続けてまったく運動しない生活をしている職業の御仁にはそこそこの運動にはなったのだ。
 だから開高は海外に出ると鬱が軽快した。

 ここでも開高は、惜しむらくは、いささかも論理的にはならなかった。ただ己の経験と感覚に頼っただけである。
 開高は「台所仕事でもいい。……手と足を思い出すことです。それを使うことです。」と言いながら、実際は台所仕事はやらなかったようだ。嘘はつくなよ、である。

 自分で料理でも作れば、もうちょっと鬱で苦しまなくて済んだのに。あろうことか稀代のグルメになって、他人が凝りに凝った料理にいい気なって舌鼓を打ったために、鬱も治せなかったし、短命で終わってしまったのだ。

 それから開高は晩年、背中の痛み「バック・ペイン」に悩まされて、水泳を始めたようだが、水泳で体調は整えられても、体の歪みは治せまい。部屋にたれこめてじっと座っているよりは遥かに良いけれど。
 内臓の疾患が彼の言う「バック・ペイン」になっていた可能性もあったのだろう。
 晩年は鍼灸にも通って治そうとしたとエッセイに書いていたが、鍼灸師に治せる技量がなかったか、いくら治そうにも彼自身が宿痾たる「憂鬱」を抱えていたのでは、どうにもならなかったのか…。
 
 最新刊の「綜合看護」に南郷先生が「“夢”講義(51)」で説いておられるが、ラジオ体操のほうが「整体」には良かったのではないかと思う。

 みなさんもラジオ体操は毎日1回はやって「整体」したほうがよいのです。岡目八目さんにうかがいましたが、夜ラジオ体操をやってから寝ると良いそうです。





posted by 心に青雲 at 06:54| Comment(1) | 評論 | 更新情報をチェックする