2017年02月15日

林秀彦『日本人はこうして奴隷になった』を評す(2/2)


《2》
 林秀彦著『日本人はこうして奴隷になった』のなかから、ひとつ選んで論じたい。先ずは、少し長くなるが引用から。

     *     *

 概して、日本人は支離滅裂な人間だと、かねてから思っていた。それは無論、今まで述べたように、論理性が頭の中にないからである。
 おしゃべりの、長話が好きな人の話を聞いていれば、すぐわかる。途中で話題が元からはなれ、とんでもないところに飛んでしまったり、こんがらがったりする。不思議なことに、白ンボにはこれがない。

 まったくちがう話に移ったな、と思って聞いていても、いつの間にはちゃんと元の話に戻り、それが起承転結の役を果たしている。論理性が魔法のように一貫している。これは無意識にも、論理の一貫性が頭に流れる本能的才能が彼らにはあり、こちらにないからだろう。それが彼らのレトリックとなり、弁論術ともなっている。

 この支離滅裂が顕著に現れるのが、演劇における役者の台詞術に見られる。
 台詞はちゃんと前もって作家が作り、作劇としてのレトリックも持たせてある。だから、それをそのまま言えば、役の人物は支離滅裂にならずにすむはずである。ところが、そうならない。こんな不思議なこともない。

 白ンボが、話を飛躍させ、再びいつの間にか戻し、関連付けている手法がマジックに思えるのと同様、この、最初から論理的に組み立てられている台詞の構成どおり演じ、それを話しているにもかかわらず、言っている内容(役者の台詞)が、意味不明、説得力消滅になってしまうのも、マジックみたいである。

 どうしてこのような不思議なことが起こるのか。
 先日、演劇をテーマにしたアメリア映画を見た。(グレース・ケリーがアカデミー主演女優賞を穢多『喝采』。ひとつの芝居を作り上げていく過程が、ドラマになったストーリーである。その中で演出家が、下手な役者の下手な台詞回しに怒り、怒鳴りつける。「Mean it!」と怒鳴るのだ。直訳すれば「意味しろ!」である。

 これでマジックのネタが知れた。
 日本人が日本語を話すとき、その言語自体が持つ意味が希薄(言葉の内容の密度が小さく薄い)なのと同時に、その使用者の使用法が、それにも増して希薄なのだ。

 この「ミーン.イット!」を、私も稽古をつける最中、喉が腫れ上がるほど役者たちに繰り返し言った。これを日本語で言うと「もっと心をこめろ!」という怒鳴りになる。台詞に心がこもっていないのだ。だから下手で、おざなりに聞こえる。
 ところが、この「意味しろ! Mean it!」を聞き、根本問題としての日本人演劇不適格性の謎が氷解した。

 意味−−−。これほど日本人に縁遠いものもないのである。
 意味の追及、これは結局言葉の追求と同じことになる。さらに言えば、論理の追求でもある。なぜなら、どんな事柄にも、概念にも、感情にも、それを表す論理としての言葉があるからだ。論理性を持たない言葉の意味など、存在しない。言葉を持たない意味もない。

 ところが、それは白ンボの世界の真理で、白ンボの意味には言葉がないものが多い。言葉に意味がないものも多い。つまり昇華して言えば禅の世界だ。不立文字というやつ。
 役者は台詞に意味を探していない。台詞のやりとりは、禅問答に近くなっている。お互いにミーンを無視して話しあっている。だからこちらも禅風な言い方で「こころをこめろ」というしかないのだが、「心」という日本語の単語も、実は非常に“意味”が曖昧で、希薄なのだ。

 何とでも解釈ができ、明快な定義ができない。巾は広いが、その分、純度が低い。これは同じように、「心」に当たる英語のスピリットやマインドやハートと比較してもわかる。
 日本語の「心」は、多義にわたりすぎ、定義は散漫になる。そして、少なくとも「心」には、英語で言うところの「論理的意味」は入っていない。

 しかし、台詞は、どれも論理に裏打ちされている「意味」なのだ。その意味には、その台詞を口にする人物のあらゆる意味、レゾン・デートル(存在理由・存在価値)が含まれている。なぜその人物が登場していて、なぜその他の登場人物と関係を持ち、なぜその台詞を言うのか、という一切の意味が登場人物の、レゾン・デートルなのだ。

 レゾンはフランス語だが、英語のリーズンも同じで、「背後の理由、わけ」のほかに「理性、思考力、推理、分別、道理、理屈、考える、判断する」と、「意味」を意味する「意味」がある。
 だから、私が見た映画の中の演出家のこの英語による叱咤は、「人物の背後を考えろ、論理的に表現しろ、もっと深く台詞の意味を考えろ、自分が何を言っているのかの意味を知れ」と言っていると同じになる。

 ドラマとは、必然の集約である。
 現実の人間の生活は、無意味な「余分要素」に彩られている。一組の男女の恋愛は、実生活に無論あることだが、その実生活の中には、お互いの朝の洗面、排便、食事、通勤電車の中の不快感、上司との諍い、などなど秒刻みの「添加物」がある。その添加物をできる限り取り去り、恋愛という一点、即ちテーマに集約する、それがドラマである。

 当然、集約(つまりコンデンス・濃縮、凝縮)は、言葉の濃縮となり、意味の濃縮となる。
 言葉にもなっていない溜息とか、それに近い最も短い「ああ」といった呟きも、意味の濃縮である。意味のない台詞はひとつもなく、意味のない動作もひとつのないのが演劇であり、そこで「人生の濃縮」、つまり意味の完結が可能になる。

 「意味しろ!」
 と、怒鳴れない日本の演出は、結局日本語の限界を意味し、日本人の人間関係の限界を意味し、日本人の人間性の限界を「意味」している。

     *     *

 まだまだ引用しておきたいが、このあたりで打ち切る。
 私のブログの文章も、論理的・論理性でありたいと願いつつ、いつまで経っても自信が持てないままだ。それは私自身の問題でありつつ、日本社会のせいでもあろうかと思う。

 それでも私がブログで懸命に論理的であろうとして書いたものほど、反響が薄いといつも思わされるのは、どういうわけかと長年不思議だった。
 例えば音楽批評は、「誰それの演奏は素晴らしい」と言うのではなく、なぜ素晴らしいといえるのかを論理的に述べるべきだと書くと、まったく無反応なのである。

 それには触れずに、およそ無関係な自分が言いたいことだけをコメントしてくるのが精一杯である。引用した林さんの文の冒頭にあった文句を使わせていただけば、「支離滅裂」、これである。
 あるいは宇宙人なんかいないということを論理的に解いても、無反応であることが多い、反論は「だって、ボクは見たんだもの」になってしまっていささかも論理で反論は来ない。

 それはここで林さんが解いておられる日本人の性向と同じなのではないかと思わざるを得ない。日本人は思索することができないのではあるまいか。それが言いたくて、長々と引用させてもらった。





posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(1) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

林秀彦『日本人はこうして奴隷になった』を評す(1/2)


《1》
林秀彦の『日本人はこうして奴隷になった』(成甲書房)が発刊されたことを当時まだご存命だった太田龍氏の「時事寸評」で、知り、さっそく読んだのは2008年のことだった。
 太田氏は「日本民族有志にとっての必読の著作」と持ち上げつつも、「時事寸評」の中では、イルミナティの日本包囲網の中の、もっとも弱い環は、医療、医学の領域である、という問題が林秀彦氏は全く視野に入って居ない、と断じている。

 これはそのとおりであって、林さんはその2年後2010年に亡くなっている。
 もしも林氏が医療・医学の領域に関してイルミナティの策謀が視野に入っておられたら、健康分野でも十全に戦い、僭越ながら氏の抱える病はなかったやもしれないと、当時慨嘆せずにいられなかった。

 私は林秀彦氏のファンで、その著作はほとんど読んできている。だからあのとき『日本人はこうして奴隷になった』が読めることは感謝した。しかしその前の作『この国の終わり』で、「この命、最後の本」とまで言って、二度と本は書かないのかと思わせておいて、また書くと言うのはいかがなものかと思ったものだった。

 『日本人はこうして奴隷になった』は前半がやや具体が不足し、感情的に怒っているばかりのように思えたが、後半の氏の専門であるシナリオ論と日本人論を合わせて論じている部分は、この著作の白眉というべき内容だと思われ、そのあたりから具体もよく説かれ、日本を憂える情熱と真情に圧倒されたものだった。
 太田氏が「日本民族有志にとっての必読の著作」と言うのもむべなるかなだった。

 あくまで林秀彦氏は作家である。作家として日本人のダメになっていくさまを、認識を主たる対象として鋭く見つめる視線に嘘はない。しかし、しきりに岩波の「広辞苑」を引用して言葉の説明をされると、そのたびにしらける。自虐史観を批判している林氏なのだから、「広辞苑」は自虐史観の優等生であって、あれほどデタラメな辞書はないと、もう「定評」になっているのだ。渡部昇一氏と谷沢栄一氏の共著『広辞苑の嘘』くらいは読んでおくべきではなかろうか。もう「広辞苑」は使えない辞書である。

 以前から気になっていたことは、「右脳左脳」の創案者・角田忠信氏を絶賛するのも、どうかと思う。脳機能局在論は間違いであるからだ。やがて「右脳左脳」は嘘だったことがはっきりするだろう。そんな愚論に依拠しなくても、日本人の認識と白人の認識がまったく質が異なることは明らかである。そしてその理由は、認識は対象の頭脳における反映であるという(唯物論の)原理原則から解かれるべきである。林氏に弁証法がないのが惜しまれる。

 計量遺伝学などというニセものにも興味を示されている。知力、知能の80%は親から子への遺伝によって決定されるという説であるが、これも林氏が作家だから(学者でないから)やむを得まいが、誤りである。これでは観念論だ。すべて後天的に、教育されて創られるのだ。厳しい言い方をすれば林氏がオーストラリアに逃亡されている間に、日本では世界最高レベルの学問が形成されたという事情に疎いからである。林氏がオーストラリアに逃亡したくなった心情はよくわかるが、その代償も払わねばなるまい。

 林秀彦氏は日本人が単一民族であると思っておられるようだが、それはいかがなものか。たとえば顔の、鼻なんか実に千差万別で、鍵鼻あり、団子鼻あり、尖っているのありではないか。単一ではないから、としか考えられまい。
 また、八切止夫の〈庶民史〉をご存知ないとみえる。なんどか本ブログで説いてきたが、日本人の80%くらいは奴隷であったし、さまざまな民族がごちゃ混ぜになっているのだ。そうでなければ、何の産業もない江戸に百万もの人口が集中した理由が解けないし、明治以降に大量の移民が海外に〈棄民〉された理由も解けまい。

 最近知ったことだが、伊藤正敏氏の『寺社勢力の中世』(ちくま新書)によると、中世の日本は、天皇・貴族、武士、そして寺社勢力の三つに権力が分かれ、三つどもえの戦いをしていたというのである。そのなかの寺社勢力はほとんどの官許歴史では無視されているけれど、土地、経済(商業、運輸)を握っていたのは、比叡山、興福寺、本願寺などの寺社勢力であった。

 寺社には古代律令制の荘園で奴隷のように扱われていた民百姓が、過酷な生活から脱して多数逃げ込んだところであった。彼ら難民は律令制や武家の統括下と云う“有縁”の世界から“無縁”のアウトローとして(自由人として)寺社境内に巨大な都市を形成するまでになっていたのである。

 日本人の、勤勉さや同胞意識、和などはこうした中世の寺社に暮らした人たちの努力が背景にあって、育った認識ではないかと思われる。

 また林さんの哲学の捉え方も間違いだ。林氏の言う哲学は、せいぜい認識論である。これも南ク継正先生の著作をお読みになられれば良かったのに、残念なことだ。南ク先生の著作を読まれれば、「日本人には人生の意味を問うことがあっても、人間の意味を問わないまま生き続ける」と言わずにすんだであろうに。そこには氏が求めてやまない、本当の生きざまと学問があることが理解できたはずである。

 林秀彦氏の新著の欠点ばかりを書いてしまったが、氏が日本人に絶望するものはまったく同感である。日本人への愛情のゆえに激怒されていることは、痛いほどわかる。作家だけあって、人の認識を捉える鋭さはさすがであり、どんな作家より私は高く評価している。

 とくに前作『この国の終わり』から、果敢にイルミナティの陰謀に言及されるようになったことは、他の作家どもが全員ダメなのと対照的に、私は感動した。イルミナティを告発する立場を取れば、多くの出版社は引いてしまい、氏にとって生活の糧を奪われる事態が出来したかもしれないのに、よくぞ勇気を持って執筆された。

 林さんがまだ御存命のうちから、周辺の弟子筋の方から、だいぶ体調が悪いとお聞きしていた。日本に帰国後も一時入院されたよし。新著に書かれたそのときのご体験も共感できるものであった。日本の病院こそ日本の縮図だという見解に同感である。病院の医者や職員が取る態度が非人道的行為に満ちていると指摘しておられる。そのとおりだ。日本の病院ほど人の尊厳をずたずたにして平気なところもない。

 林さんの小説『老人と棕櫚の木』には最後のほうに感動的な場面がある。それは(林氏自身とおぼしき)主人公が自殺を図ろうとするところに一本の電話がかかってくるところだ。その電話はTS(おそらく言語社会学の鈴木孝夫慶應大学名誉教授)からであった。同氏は林氏の最も尊敬する学者だという。その場面を紹介したい。

     ※     ※     ※
 「夜分大変失礼だと思ったのですが、少しお話ししてよろしいでしょうか」
 「はい」
 「実は先刻あなたがお書きになった、日本の軍歌についての新刊書(『海ゆかば山ゆかば』)を読み終わったのです。すると涙が止まらなくなりましてね、それでお手紙を書こうと、いや、書きはじめたのですが、まどろっこしくなって、どうしてもお電話で直接あなたとお話ししたくなったんです」
 (中略)
 TSは小1時間、神馬(主人公の名)のいままで書いた本のすべてを読んでいること、そのことごとくに感銘を受けたこと、神馬には今後も書き続ける使命があること、それによって祖国日本の役に立てることなどを話した。(中略)涙が止まらず、頬を伝って流れ落ちた。声も出ず、ただ「はい、はい」と電話に向かって頷くよりほかになかった。 TSの真心と誠意に満ちた温かい言葉が続いた。それらはすべて神馬に生き続けるべき勇気を鼓舞するものだった。どのように電話が終わり、切れたかも思い出せぬほどに茫然と神馬は正座を続けていた。

     ※     ※     ※

 こうして主人公は自殺を思いとどまる。
 私も、鈴木孝夫慶應大学名誉教授と同じである。すべての本に感銘を受けた。とりわけ『海ゆかば山ゆかば』(現在は『日本の軍歌は藝術作品である』に変更)にはTS氏と同様に涙が止まらなかった。





posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

野球WBCは愚かしいこと


 まもなく野球のWBC大会が始まる。大谷翔平選手の不参加で、日本チームは戦力ダウンでピンチである。参加する以上は勝ってほしいのはやまやまだが、これで予選敗退になれば選手の健康状態の面ではホッとする。

 私はかねてより3月の時期にああいうスポーツの世界大会をやることに私は疑問を呈してきた。スキーやスケートならまだしも(覚悟のうえだろうが)、野球やサッカーのようなスポーツをやるには、寒い時期は非常にまずいのだ。それを興行上の理由でこの時期に強行するのだから、ひどい話だと思う。

 3月に試合ができないことはなかろうが、そのための準備を選手たちは例年より早くやらなければならないのが、実は深刻な問題になる。
 選手たちは、冬の間カラダを休めつつ次のシーズンへの準備をしなければならない。問題はこの準備運動の捉え方なのである。

 わが流派ではよく言われることだが、準備運動には2つあって、一つは「今日の練習」のための準備運動、もう一つは「1年の練習」のための準備運動である。

 プロ野球では昔は(と記憶しているのだが)オフシーズンはみんなランニングだけやって、2月からのキャンプではじめてバットでボールを打ったり、投手が投げたりし始めるありようだった。ところがたぶん興行的に春は早くから試合をやって儲け、秋は遅くまで試合をやって儲けようとの魂胆から、選手のコンディションを尊重しなくなった。

 だから2月のキャンプイン直後から打撃練習をやり、投手は全力で投げ込みをさせ、なかには最初から紅白戦をやる球団も出てくる。
 だから選手たちも必死に生き残らなければならないので、1月中からグアムやハワイに出かけて温かいところで身体を創り、早々に野球を始めてしまう。

 そのままずっとグアムやハワイにいて、キャンプをやり、公式戦をやって5月ごろ日本に帰って試合を続けるならともかく、1月に温かいグアム、ハワイで練習しても、日本の沖縄や宮崎などのまだ寒いところで全力で野球漬けになるキャンプをやるのだ。

 わが流派では、準備運動とは「準備運動」と称するものをやることではなくて、たとえば息も絶え絶えになってから空手なら空手の練習に入るのが準備運動なのだ。全身が温まった状態を準備運動ができた状態という。
 ところが冬とか春まだ浅い季節では身体は冷えている。沖縄や宮崎でも2月3月ではまだ相当に汗だくにしないと準備運動ができたとは言いがたい。

 選手は監督にアピールしなければと、準備運動もそこそこに、1月のうちから全力投球や全力でバッティングしてみせる。1年間のための準備運動は蔑ろにされて、いかに早い仕上がりかをやって見せることになる。

 冷えた状態で空手(あるいは野球など)の練習をやると、冷えた身体で技を覚えてしまう。冷えた身体で技を覚えると、夏になって身体が温まってきたときに、その技がダルになるというか、崩れてしまうのだと説かれる。
 だから技は身体が温かい状態で覚えなければならない。
 したがってわが流派では、冬の稽古は指導者は神経を使う。あまり技を覚えさせる練習は組まない。

 だから前回のWBCでは、イチロー選手の調子が上がらず、ファンはやきもきしたが、それは当然であった。他の選手も無理してWBCにあわせて、例年より早く(寒いうちから)野球の試合ができる身体にしたことは、今は目に見えなくとも、後々故障したり、選手寿命を縮めたりすることにもなりかねない。

 前回WBSでは中日ドラゴンズの選手がWBCに参加することを拒否したが、もし当時の落合監督が、寒いうちから野球をやる危険性まで見抜いての措置ならたいしたものであったが…。
 実際、前回出場した当時横浜の村田修一選手が故障したのは、寒いなか無理したからであろう。彼のようなホームランバッターは、イチローのような軽打で済む選手と違って、全力で打たねばならないから、寒いうちに身体が温まらないのに力一杯のプレーをするから故障しやすい。

 選手は若いしゲーム中は汗をかいていたではないかと言われるかもしれないが、足腰は冷えていたのではないか。アメリカの球場のベンチは半地下みたいになっていて、あれじゃ地面の冷気がもろに足にあたってたまらんだろうと思われた。

 WBCがあってもなくても、プロ野球が寒いうちから選手に万全の仕上がりを要求し、競争心を煽るようなことをすることは避けるべきことである。2月3月はまだ準備運動の段階であるべきだ。マスゴミもそういう選手の身体のことを毫も配慮することなく、キャンプの練習で今日もホームランを何本打ったの打たなかったのと、大ごとのように騒ぎたてるのは、アホである。

 WBCが3月のまだ寒い時期に興行するのは、非常にまずいことである。日本と韓国だけが国威発揚みたいに頑張って意地になっているようだが、ほかのアメリカや南米の国はまだ野球をやる季節ではないと、力を入れないのではないか。そのほうが正解であろう。
 本気で勝負をしたいのなら、夏にやるべきである。

 メジャーリーグに所属する日本人ピッチャーは全員、ダルビッシュ、田中将大、前田、岩隈らは、WBC参加を取りやめている。賢い選択である。




posted by 心に青雲 at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする